2013年05月01日

講師向け「アプリ」の開発

「どうしたら講師になれるのか」
「世の中には、どんな講師がいるのか」
「講師業界ってどうなっているのか」
意外と講師をしていても知らない人が多いのか、
わたしもそんなことをよく訊かれる。

そんなメンバーに対して、
「自分は、どんな講師になれるのか」
「どうすれば講師としての幅を広げられるのか」
楽しくチェックできるものがあればいいなあ...。
そう思って、「講師道場」というアプリケーションを開発した。

☆講師道場
https://itunes.apple.com/jp/app/id621321002

自分で言うのも何だけれど、講師になるための冊子なども
ダウンロードできるし、結構おトクで楽しい。

何よりもお金かかっています。ざっと300万円くらい。
ありがたかったのは、この開発に乗ってきてくれた会社があったこと。
ODKソリューションズさんという上場会社だけれど、
「若手の社員メンバーに、メンテナンスや作業だけでなく、
ゼロから開発する楽しさを味わってもらいたい」と、
立候補制でチームを作ってくださった。

20代のメンバーとの会議にこちらがドキドキ。
わたしたちにない発想が出てくる。
ちなみに、「講師道場」という名前も彼らがつけてくれた。

「こうしたほうがいいかも」
「ああしたほうがいいかも」
「社内の他のメンバーにも訊いてみます」
そんなやりとりを何回も繰り返して、半年かけて開発しました。

たぶん、これからは、いろんな講師が
いろんなアプリケーションを開発する時代がやってくる。

そんな中で、ちょっとだけ先がけになって、
「こんなこともできるかも」
「あんなこともできるかも」
と思ってもらえる機会になったら嬉しい。

もっともわたしの周囲は、
「どこで買えるの?」
「iTunesで」
「それ、何??」
と、まず、iTunesからチャレンジする人が多いです(笑)

興味がある方はぜひ、ダウンロード頂けると嬉しいです。