ご相談

講演依頼.com 新聞

コラム ビジネス

2020年03月02日

落ち着こうよ

新型コロナウィルスについて思うことがたくさんある。
わたしたち講師メンバーは、自分たちのセミナーや講演で
「人のことを考えよう」
「思いやりを持とう」
と、言ってきたはず。なのに、電車の中で咳をした人が
いて警報を鳴らす人がいたり、フェイクニュースを流す人がいたり、
そのフェイクニュースに踊らされてトイレットペーパーを買い占める人がいたり、正直、
「何をしているのだろう」
と、思う。それだけでなく、わたしたちがずっと言い続けていたことは、
「届いてないんだなあ」と、悲しくなる。

「Fact Fulness」というベストセラーの本がある。
悪いニュースのほうがひろがりやすい。きちんとデータを元に世界を見ようとさせる内容の本。
現実を見ることの大切さを感じさせてくれる本。

 今こそ、落ち着いて現実を見て、受け止めて、ひとりひとりが
どう動くのかを考えることが大切。だとすれば、新型コロナウィルスに
かかった人を騒ぎたてるよりも、治った人の情報を開示することのほうが大切なはず。
「どんな治療をしたのか」
「回復にどのくらいの時間を要したのか」
「うつらなかった家族は、どんな生活をしていたのか」
そんな情報を出して安心させて欲しい。

 阪神淡路大震災、リーマンショック、東日本大震災など。忘れた頃に
事件は起こる。そのたびに絶望的な話が出てくる。でも、みんな乗り越えてきた。
そう思うと、やっぱり人は強い。わたしは、この言葉が好き。
「目の前に起こっていることは起こっていること。どう受け止めて、どう行動するかが大切」
 何か事件が起きた時には、この言葉を思い出すようにしている。

 確かに世間は、いろいろと騒がしい。仕事のキャンセルが相次いでいる
人もいれば、品物が入ってこなくて、商品が作れないと嘆いている人もいる。
それでも、見方を変えれば、今だからできることもあるはず。
わたしの場合、なかなか普段会えなかった人にアポを取っている。
読めなかった本をまとめて読んでいる。空いた時間をできるだけ有効に
使うことに力を入れたい。

 もっとも、1日も早く収束して、落ち着くことを祈っている。

大谷由里子

大谷由里子

大谷由里子おおたにゆりこ

(有)志縁塾 代表取締役

故横山やすしさんのマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし、一時は“伝説のマネージャー”として騒がれた大谷由里子氏。その後もベンチャー企業の社長やフリーのプロデューサーとし…

  • facebook

講演・セミナーの
ご相談は無料です。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた
講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。
趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や
講師のイメージなど、
お決まりの範囲で構いませんので、
お気軽にご連絡ください。