尾車浩一尾車浩一おぐるまこういち

尾車部屋親方/ 元大関琴風/ 財団法人 日本相撲協会巡業部委員

尾車浩一

お問い合わせ 候補に入れる

71年、14才で中学生力士として初土俵をふみ、角界でのスタートをきる。78年1月場所に、20歳8ヶ月(大相撲史上4番目の年少記録)で関脇昇進する。しかし、同年11月場所で左膝じん帯断裂の重傷を負い休場、長期入院を余儀なくされ、幕下30枚目まで番付を下げる。その後、不屈の闘志と精神力で怪我を克服し、80年1月場所では再入幕、5月場所には再関脇と奇跡のカムバックを果たすが、大関目前の7月場所には、再度の大怪我で休場。左膝のじん帯断裂、半月板損傷という事態に陥り、当時は再起不能とささやかれた。厳しいリハビリを繰り返し、1年がかりで土俵へ復帰。ついに、81年9月場所で初優勝、場所後大関昇進を果たす。85年に引退後、年寄尾車を襲名し、尾車部屋を創設。また、「まわり道」「東京めぐり愛」などの歌をヒットさせ、著書の出版、NHK「大相撲中継」「サンデースポーツ」解説、講演活動と幅広く活動中。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1957年
4月26日、三重県津市生まれ 
1971年
7月場所、14歳で中学生力士として初土俵 
1975年
11月場所、18歳で新十両 
1977年
1月場所、19歳で新入幕 
1978年
1月場所、20歳8ヶ月(大相撲史上4番目の年少記録)で関脇昇進11月場所、左膝じん帯断裂の重傷を負い休場、長期入院 
1979年
7月場所、幕下30枚目まで番付を下げる 
1980年
1月場所、再入幕5月場所、関脇へ返り咲く7月場所、再度のケガにより休場、厳しいリハビリ生活を送る 
1981年
9月場所で初優勝、場所後大関に昇進 
1983年
1月場所で2度目の優勝 
1985年
11月場所、3日目対寺尾戦を最後に引退、年寄尾車を襲名 
 
引退後、尾車部屋を創設し、多くの力士の育成にあたるとともに、「まわり道」「東京めぐり愛」などの歌をヒットさせ、講演活動、著書の出版、メディア出演などを行っている。 

主な講演テーマ

七転八起の相撲人生 志を忘れず努力すれば必ず報われる

私の相撲人生

主な実績

その他

【現役時代の戦績】
幕内在位48場所、大関在位22場所
優勝2回
三賞受賞6回
幕内連続勝ち越し25場所(引退時史上6位)

【レコード】
「まわり道」、「東京めぐり愛」

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

総会・例会、取引先向け・販売代理店向け講演会のお問い合わせが増えております。10月~12月に講演会をご企画されているお客様は、お早めにご相談ください。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
8405
2019.09.20
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8405人
該当致しました

TOPに 戻る