黒崎由行黒崎由行くろさきよしゆき

環境安全衛生リスクアナリスト/ 国際環境・安全衛生ガバナンス機構 理事長

黒崎由行

お問い合わせ 候補に入れる

日本の環境安全衛生管理は、リストラにより日本の良い文化を捨て、一方で欧米型マネジメントの上辺のみを模倣する危険な状況といえます。環境安全衛生において、企業内担当者、コンサルタント、ISO、OHSAS審査員の立場からかかわってきた20年以上のキャリアに基づき、外資系審査機関の審査員の視点から、また、長年にわたる外資系企業のコンサルティングを通して学んだ欧米流の管理手法との比較から、本物の環境安全衛生マネジメントを伝授致します。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:30

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1960年
栃木県生まれ 
1983年
日立化成工業株式会社入社 
1994年
環境ワークス株式会社設立(旧有限会社環境ワークス) 
2007年
NPO法人 国際環境・安全衛生ガバナンス機構設立 

主な講演テーマ

経営に寄与するISO14001

日本において環境マネジメントの国際規格ISO14001の認証取得件数は1万4千件を超え、取得することがアドバンテージとなる時期は過ぎたともいえる。しかし、その実態は、残念ながら取得した組織にメリットをもたらすものではない。実際の審査の現場も踏まえて、ISO14001をそのテーマであるリスクの低減とビジネスチャンスの創出という点から解説する。

本当の労働安全衛生マネジメントシステム

品質マネジメントシステムISO9001、環境マネジメントシステムISO14001に続くマネジメントシステムとして注目を得ているのが労働安全衛生マネジメントシステムである。大企業を始めとして多くの企業が取り組みつつあるが、欧米型のマネジメントとは大きな相違が生じている。本来あるべき姿を、日米の実態の相違から解説する。

米国に学ぶ労働安全衛生管理

主な実績

講演実績

外資系ISO審査登録機関ISO14001 OHSAS18001主任審査員
外資系企業環境安全衛生顧問コンサルタント

その他

【主要資格】
ISO14001主任審査員
環境カウンセラー
エネルギー管理士(熱)
経済産業省温暖化ガス検証人研修終了
労働安全コンサルタント(化学)
労働衛生コンサルタント(衛生工学)
米国OSHA安全衛生トレーナー研修終了

講演料金目安

200,000円(消費税、交通費別)
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

人気講師へのお問い合わせが増えております。1月~3月に講演会をご企画されているお客様は、お早めにご相談ください。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
7284
2017.12.18
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7284人
該当致しました

TOPに 戻る