ご相談

篠田正浩

篠田正浩篠田正浩しのだまさひろ

映画監督/ 早稲田大学特命教授

篠田正浩

お問い合わせ 候補に入れる

『瀬戸内少年野球団』、『写楽』、『梟の城』、と名作で知られる篠田監督は、大島渚・吉田喜重とともに“松竹ヌーヴェル・ヴァーグ”のひとりと評される。今年の6月に公開した「スパイゾルゲ」を最後に監督業を引退するが、それも「中途半端な映画は作りたくない。」という、監督の強い信念からくる決断である。そんな監督は早稲田大学特命教授として、若い人たちとともに映画を作ることにも取り組み始めるなど、新しい展開も期待される。彼の監督としての映画人生をまぜながら、戦争と向き合った彼自身の体験から昭和という時代を振り返る。

出身・ゆかり

専門分野

【主な作品と受賞歴】:『心中天網島』(キネマ旬報ベストワン/ヴェネチア/ロンドン映画祭招待作品):『沈黙』(芸術選奨文部大臣賞/カンヌ映画祭正式出品作品):『無頼漢』(1971年アデレイド国際映画祭銀の南十字星賞):『札幌オリンピック』(1972年オリンピック委員会公式記録映画):『はなれ瞽女おりん』(アジア太平洋映画祭監督賞):『瀬戸内少年野球団』(ブルーリボン賞/毎日映画コンクール日本映画大賞/日本アカデミー賞):『鑓の権三』(1986年度ベルリン映画祭銀熊賞):『舞姫』(日独合作作品):『少年時代』(ブルーリボン賞/毎日映画コンクール日本映画大賞/日本アカデミー賞):『写楽』(1995年度カンヌ映画祭正式出品作品/日刊スポーツ映画大賞/毎日映画コンクール日本映画優秀賞/日本アカデミー優秀作品賞):『瀬戸内ムーンライト・セレナーデ』(日本映画批評家大賞):短編『浮舟』(京都宇治市『源氏物語ミュージアム』にて常設上映):『梟の城』(日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞/2000年プチョン国際ファンタスティック映画祭・最優秀監督賞):最新作『スパイ・ゾルゲ』2003年6月

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界20年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1931年
3月9日 岐阜に生まれる 
1949年
県立加納高等学校を卒業。 
 
早稲田大学第一文学部に入学 
 
中世、近世演劇を専攻 
1953年
早稲田大学文学部を卒業。 
 
松竹撮影所に入社 
1960年
『恋の片道切符』で監督に。大島渚、吉田喜重らと共に土・士を発表し始める。 
1966年
松竹を退社して、フリーとなる。 
1967年
独立プロ『表現社』を妻の岩下志麻と共に設立し、自主制作を始める。 

もっとみる

主な講演テーマ

「映画と私」

「映画と私」

「私の少年時代」

「私の少年時代」

「知られざる我らの時代 昭和」

「知られざる我らの時代 昭和」

「昭和史と私」

「昭和史と私」

等、自身の経験に加え、時流に合ったお話をさせて頂きます。

主な実績

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界20年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9046
2020.09.24
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9046人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる