ご相談

安藤桃子

安藤桃子安藤桃子あんどうももこ

映画監督

安藤桃子

お問い合わせ 候補に入れる

1982年、東京生まれ。 高校時代よりイギリスに留学し、ロンドン大学芸術学部を卒業。その後、ニューヨークで映画作りを学び、助監督を経て2010年『カケラ』で監督・脚本デビュー。2011年、初の長編小説『0.5ミリ』を出版。2014年、同作を監督、脚本し、第39回報知映画賞作品賞、第69回毎日映画コンクール脚本賞、第18回上海国際映画祭最優秀監督賞などその他多数の賞を受賞。
2018年、ウタモノガタリ CIN EMA FIGHTERS project 「アエイオウ」監督・脚本。
高知県の映画館「ウィークエンドキネマM」代表。「表現集団・桃子塾」塾長。現在は高知県に移住。映画文化を通して日本の産業を底上げするプロジェクトにも力を注いでいる。
また、子どもたちの輝く未来を共に描くチーム「わっしょい!」のリーダーも務める。

専門分野

文化/表現/子育て/地域/食育/福祉

関連講師

奥田瑛二
俳優

安藤和津
エッセイスト

 

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1982年
東京生まれ。
高校時代よりイギリスに留学、ロンドン大学芸術学部を次席で卒業。その後ニューヨークで映画作りを学び、監督助手として働く。 
2010年
4月、監督・脚本を務めたデビュー作『カケラ』が、ロンドンのICA(インスティチュート・オブ・コンテンポラリー・アート)と東京で同時公開され、その他多数の海外映画祭に出品、国内外で高い評価を得る。 
2011年
幻冬舎から初の書き下ろし長編小説『0.5ミリ』を出版。2014年に文庫化。2013年自ら監督、脚本を務め同作品を映画化が決まり製作する。 
2013年
映画『0.5ミリ』を高知で撮影をした縁で、高知県観光特使に任命される。 
2014年
3月 高知に移住し同時に「株式会社桃山商店」を設立。
10月 高知市城西公園内『0.5ミリ』特設劇場を作り自ら監督を務めた映画『0.5ミリ』を全国に先駆け上映、ロングランを記録。
11月 映画『0.5ミリ』を有楽町「スバル座」ほか全国順次公開。数々の賞を受賞。 
2016年
7月1日 長編小説『0.5ミリ』台湾版発売(幻冬舎)。 
2017年
10月7日 高知映画館「ウィークエンドキネマM」オープン 代表。
元から期間限定の運営でしたが、2021年に同地にてさらに進化した形でリニューアルオープンが決定している。現在は箱のない形(移動上映)で活動中。(~2019年1月23日閉鎖 2021年再オープン予定) 
2018年
6月~桃子塾 開講。
講演会、トークショー、フォトグラファー、連載に加えてニュース番組のゲストコメンテーターやCM・広告出演など多岐にわたり活動。 
 
現在 『0.5ミリ』のロケを行った高知県に移住。一児の母。 

もっとみる

主な講演テーマ

未来の子どもたちへ

未来の子どもたちへ

自身の幼少期や小・中学生時代の話から、高知に移住し、子育てをする中で感じたこと、子どもたちのためにどうしていくべきか?を問い考える講演。

羽ばたけ乙女!

羽ばたけ乙女!

高知の“はちきん”(高知の女の人の強さを表す方言)についてや、桃山商店の代表として自分も「経営者」ではあるが口座残高が3000円になった話から(笑)、独立プロの精神、ローバジェットでいかにそれを感じさせないものづくりをするかといった仕事への姿勢を、安藤ならではの観点での講演。

福祉の現場から描く夢

福祉の現場から描く夢

福祉施設、事業所の現場で働かれている方の参加ということもあり、事前にアンケートで生の声を拾い、福祉の現場の方々の想いや課題に丁寧に触れながらの講演。

ワクワクすること

ワクワクすること

小学生の子供達に、高知の好きなところ、嫌いなところを聞きなぜそれが好きなのか?好きだとどうしたいのか?などを掘り下げていき自分の中のワクワクする感性を見つけるといった講演。

私たちが描く未来ビジョン

私たちが描く未来ビジョン

代表の4名の生徒に登壇してもらい、それぞれが描くビジョンを事前に書いてもらい、政治(選挙)、環境問題、AI、愛、オーガニックとは、なぜみんな自分ごとにしないのか?など高校生たちの主張や疑問に思うことを、対話式での講演。
高校生たちから想いを引き出すようなトークショーです。

イノチあれば

イノチあれば

高齢者の多い講演会では、高知とのご縁、高知での返杯の洗礼の話や、全国豊かな海づくり大会の開催地域でもあったことにも触れながら、子育てのこと、高知の当たり前がココロの時代令和においてとても貴重だということを話した講演。

イマジンという方法論

イマジンという方法論

映画監督としてのものの見方、高知に移住して感じたことを話した講演。

増やそう!幸せ体験

増やそう!幸せ体験

出産・子育てについて安藤のありのままの体験・想いを話した講演。

主な実績

講演実績

トークショー、講演会、展示会などで多数

テレビ

NHK Eテレ ハートネットTV ブレイクスルー
BSジャパン MADE IN BS JAPAN
テレビ高知 テレっちのたまご
NHK WORLD Kids Meet the World
フジテレビ アウトデラックス
関西テレビ 桃色つるべ
BS朝日 シネアスト
日本テレビ news zero

ラジオ

J-WAVE RADIOFAST WARDS ALIVE
RKCラジオ ウェークエンドキネマM
FM高知 ひらけチャクラ!

新聞

日本経済新聞夕刊連載「プロムナード」

雑誌

装苑 Harper’s BAZAR GINZA SWITCH BRUTUS 家庭画報 anan FRaU SPUR 他多数

CM

  • パナソニック 「Panasonicヘルスケア」
  • ユニクロ 「今を生きる服。ユニクロのフリース2010」
  • ユニクロ 「アウターウェア ウールブレンドジャケット 安藤桃子×安藤サクラ」
  • ジャックダニエル蒸留所 「創業150周年キャンペーン「LOVES JACK」」
  • 三越伊勢丹 「「オンリーMI」「EXCELLENT WOMEN by KISHIN」」
  • ハニカム 「TOD'S Timeless Icons」
  • 江原道 化粧品メーカーKho Gen Do 「イメージキャラクター」
  • 第一三共ヘルスケア 「薬用イオン歯みがき&薬用イオン洗口液「ブレスラボ」」
  • 森永乳業 「マウントレーニア「ほどける瞬間安藤桃子」篇」 (※WebCM)

監督作品(映画)

2009年「カケラ」(主演:満島ひかり・中村映里子) 2013年「0.5ミリ」 (主演:安藤サクラ) 2018年「ウタモノガタリ CIN EMA FIGHTERS project 「アエイオウ」」(主演:白濱亜嵐)

受賞歴

2019年   高知市長表彰を受賞 地域文化活動が評価される

連載・執筆

KISS 「連載エッセイ“モモタビ”」 GINZA 「エッセイ」 真夜中 「短編小説」 T. 「短編小説連載」 GINZA 「鼓膜から爆破」 週刊文春 「安藤桃子の桃源郷でロケハン中」 IMA 「短編小説」 群像 「短編小説」

その他

<ディレクション&フォトグラフ>
・『BARF OUT!』・『RUBYPAPER』
・装苑×ZUCCAコラボレーション写真展『一之時代』(2012年3月)
・リトゥンアフターワーズ 展覧会「絶命展~ファッションの秘境」
『writtenafterwards ⅷ天空の織り姫』原作:山縣良和演出・脚本:安藤桃子主演:安藤サクラ(2013)
・東京女子流「Maltine Girls Wave」Umbrella feat.山邊未夢 監督:安藤桃子 feat.YU-KI TANAKA (CG) MV(2014)
・高知市観光プロモーション「keep and going 高知市」PV(2014)
・「第38回全国豊かな海づくり大会」PV(2018)

  • 0.5ミリ

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9033
2020.07.15
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9033人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる