ご相談

小泉吉永

小泉吉永小泉吉永こいずみよしなが

法政大学文学部講師

小泉吉永

お問い合わせ 候補に入れる

法政大学文学部講師や古文書講座の講師のほか、小学生の寺子屋体感講座など、小学生から高齢者まで幅広い年代を対象にした講師経験がある。一般に知られていない江戸庶民の教育・文化・生活などを分かりやすく、面白く伝えることを心懸けており、江戸時代への興味・関心から「日本人としての誇り」への気づきにつながることを願っている。

出身・ゆかり

専門分野

近世教育史/女性史

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 10:30~17:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1982年
早稲田大学政治経済学部経済学科卒 
1982年
川口市立芝東中学校講師 
1983年
川口市立十二月田小学校助教諭 
1984年
戸田市立戸田第一小学校助教諭 
1985年
蕨市立南小学校助教諭 
1986年
練馬区立開進第一中学校講師 
1987年
全国青色申告会総連合主事 
1991年
株式会社企画センター編集部次長 
1992年
株式会社大空社編集部 
2000年
株式会社現代けんこう出版編集部課長 
2006年
法政大学文学部非常勤講師(出版社勤務と兼任) 

もっとみる

主な講演テーマ

「江戸に学ぶ子育て・人づくり」

「江戸に学ぶ子育て・人づくり」

江戸時代のあやまり役は日本の教育文化の一つであり、このような風土が人を育てた。また、子育ての最終責任は父親にあり、ほとんどの育児書が父親を対象としたものだった。江戸時代には様々な育児書が作られ、様々な年代別教育論が生まれた。その一つ、『養育往来』は子供に子育ての秘訣を説いた読み書き教科書で、その中に江戸時代の育児理念が凝縮されているが、その根本は「中らずともいえども遠からず」という言葉に象徴されるように、正直や誠意であった。

「日本の父道と胎教論」

「日本の父道と胎教論」

現代では父親の育児参加が課題だが、江戸時代は父親が育児の中心であった。胎教ですら、父親が母親に教えるべきとする主張もあり、妊娠中の妻に対する夫の看護は精神的なものから肉体的なもの(妊娠中毒症の際の応急処置等)までが期待された。日本の胎教の歴史からも、日本の教育文化のありようが見えてくる。また、種々の育児支援が幕府・諸藩・民間レベルで行われており、地域における教育ネットワークも存在した。

「江戸の子育て─父母と手習師匠の役割─」

「江戸の子育て─父母と手習師匠の役割─」

近年、父親の育児参加が課題だが、江戸時代に作られた多彩な育児書は基本的に父親対象だった。当時の育児書に「母子」の語が使われるのは稀で、ほとんどが「父子」であり、それが親子関係を示していた。また、「教育」も今日では主に「学校教育」の意味で使われることが多いが、江戸時代は「家庭教育」の意味での用例が古い。また、育児書の中には子ども向けのものまであり、読み書き教科書の『養育往来』には江戸時代の教育理念が凝縮されている。これら育児書から父親・母親・手習師匠の役割や心得から現代人が学ぶべきことは少なくない。

「女筆の時代と女性たち」

「女筆の時代と女性たち」

江戸時代には、女性の書が注目され、女流書家が輩出し、彼女たちの作品が続々刊行された時期があった。女筆手本の出版や女流書家の活躍が一つの社会現象となった背景には「仮名文化崩壊への警鐘」や「京都の伝統文化喪失への危惧」があった。そのような中で特に大きな役割を果たしたのは居初津奈と長谷川妙躰の2人であり、女性らしい表現の追求や、躍動感のある散らし書きなど、男性書家よりも革新的な書を追求し、男性の手紙の作法にとらわれない女性独自の作法を展開した。このような女筆の時代の意義として、(1)女性独自の文化の展開、(2)女性の自己主張、(3)女性の社会進出の可能性などが指摘できる。

「往来物から見える庶民の教養」

「往来物から見える庶民の教養」

往来物は平安時代から近代初頭まで続いた読み書き教材の総称であり、江戸時代には主に寺子屋教育で用いられ、数多くの往来物が作られ、刊本や写本として流布した。これら往来物は今日の学校教科書よりもはるかに多彩であり個性的であった。手紙のやりとり=往来がそのルーツであり消息科往来が基本ジャンルであったが、江戸時代には語彙、教訓、歴史、地理、産業、社会、理数など多分野にわたり、その内容も基礎的教養や生活規範、礼法、職業、家事、育児、諸芸、民間医療、暦占・祭礼、地理・異国、法令、文学、宗教など極めて広範であり、当時の庶民の教養世界のあらましが分かる。

主な実績

講演実績

【講演実績】
「往来物について」 1996.7.10、東京学芸大学附属図書館
「女往来物と女筆手本」 2002.4.28、尾島町満徳寺資料館
「女筆の時代と女性たち」 2002.12.7、桂の会主催・近世女性史講座
「江戸の学びと子育て」 2004.1.24、朝霞市博物館・くらしと文化の講座
「庶民生活と百人一首」 2005.1.7、(社)全日本かるた協会・百人一首文化講演会
「魅惑の往来物」 2005.7.23、江戸東京博物館・ボランティアガイド研修
「江戸期女性の読み・書き・そろばん」 2006.3.3、江戸東京博物館
「『親子茶呑咄』に学ぶ経営者の心」 2007.2.27、浦和北東ロータリークラブ例会
「寺子屋の世界」 2007.5.13、太田市満徳寺資料館
「江戸の子育て─現代へのメッセージ─」 2007.5.19、川崎市小児科医会創立40周年記念式典
「江戸の子育て」 2007.6.10、立正佼成会川口教会
「九十九里の手習師匠が書いた子育て書」 2007.6.23、千葉市多田屋・教養講座
「江戸の子育て─その知恵を現代に活かす─」 2007.10.4、郡上市小中学校長会主催・郡上市教育講演会
「印刷物から探る江戸文化の魅力」 2007.12.8、青木美智男・小沢詠美子・小泉吉永によるトークショー、
 書協・雑協創立50周年記念、江戸文化歴史検定合同企画
「江戸時代に学ぶ教育と子育て」 2008.2.18、嬬恋村・健康であたたかい地域づくりを考える会
「江戸の子育て─その思想に学ぶ」 2008.5.11、太田市満徳寺資料館
「子どもは親の通信簿─江戸時代の子育てから学ぶこと─」 2008.8.3、大崎市教育委員会
「江戸の子育て──光と闇」 2008.11.29、群馬県立文書館・古文書解読公開講座
「江戸の徳育に学ぶ」 2009.9.5、江戸川区立松江第五中学校・道徳地区公開講座
「江戸に学ぶ人育て人づくり──日本の教育文化を見直そう!」 2009.9.12、町田市・地域社会福祉講演会
「江戸の子育て─日本の父道と胎教論」 2010.5.9、太田市満徳寺資料館
「江戸に学ぶ子育て・人づくり」 2010.6.19、蕨市スポーツ少年団・研修会
「江戸に学ぶ子育て・人づくり」 2010.6.20、川口明るい社会づくりの会・講演会
「江戸時代の子育てに学ぶ」 2011.11.13、ひょうご家庭応援県民大会・基調講演
「往来物から見える庶民の教養」 2012.1.18、昭和女子大学・特殊研究講座
「江戸の子育て─父母と手習師匠の役割─」 2012.2.18、海部歴史研究会講演会(愛西市)

【メディア出演】
「江戸の教育に学ぶ」(NHK教育テレビ)4回シリーズ全出演、2006.10
「江戸の色恋ものがたり」(NHK教育テレビ)、2008.6
クイズ番組「双方向クイズにっぽん力」(NHK-BS)、2009.4
「大江戸子育て事情」(NHK教育テレビ)で精神科医の香山リカ氏と対談、2010.1
「三従から三くだり半へ」(NHK教育テレビ)、2010.8
「江戸の子育て」(時代劇専用チャンネル「時代劇おもしろ雑学『虎の巻』」)、2012.4

【ラジオ】
「家訓を作ろう!」(NHK-FMラジオ)「日曜喫茶室」で作家の藤本義一氏と対談、2010.3

【関連書籍・執筆など】
ムック「NHK知るを楽しむ・歴史に好奇心」(日本放送協会)江戸の教育に学ぶ
書籍『秘伝江戸の占いとおまじない』(主婦と生活社)監修

【その他実績(学会発表等)】
「近世における女筆手本について」 1998.6.27、日本教育史学会・第409回例会
「女筆手本類の筆者としての津奈と妙躰」 1998.10.3、教育史学会・第42回大会
「往来物における絵図資料の活用について」 2002.10.6、教育史学会・第46回大会コロキウム
「女子用往来と百人一首」 2003.2.11、国際日本文化研究センター・シンポジウム
「百人一首と女子教育」 2005.6.25、武庫川女子大学関西文化研究センターフォーラム「雅俗交流と創造世界─百人一首の成立と享受─」
「女筆の時代と女性たち」 2006.7.1、江戸の女性史フォーラム(平成17-19年度科研費基盤研究「近世日本における
 女性のライフサイクルと地域社会」主催)
「往来物と文字教育」 2007.4.28、フランス国立極東学院主催ワークショップ「文字を見る、絵を読む─日本文学とその媒体」
「女筆の時代と女性たち」 2009.12.13、民衆史研究会大会シンポジウム

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9333
2024.07.23
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9333人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる