ご相談

山本嘉彦

山本嘉彦山本嘉彦やまもとよしひこ

千葉科学大学 非常勤講師/ 株式会社RERAプランニング 代表取締役

山本嘉彦

お問い合わせ 候補に入れる

北海道大学卒業後、日本航空へ入社。
日本アジア航空への出向、日本航空空港本部等を経て、
1999年から3年間、初代危機管理部長に就任。
その間、全日空ハイジャック事件(1999年)、米国同時多発テロ(2001年)が惹起、
また、日韓共同開催のワールドカップ(2002年)も行われたため、
様々な安全対策、危機管理対策を構築し、対応した。

大きな危機に繋がる可能性がある現場の小さな問題を
見逃さないための施策を考案した経験から、
危機管理対策について講話する。

出身・ゆかり

専門分野

危機管理/中小企業の経営コンサルタント

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 10:30~17:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1972年
北海道大学経済学部卒業
日本航空入社 
1988年
日本アジア航空出向、台北支社勤務 
1997年
日本航空空港本部、政府専用機ハンドリング実施 
1999年
日本航空危機管理部長に就任 
2002年
関連会社JALエービーシーに出向 
2005年
JALエービーシー社長に就任 
2007年
退職 
2009年
千葉科学大学非常勤講師 

もっとみる

主な講演テーマ

企業の危機管理

企業の危機管理

日本航空の初代危機管理部長(1999年~2002年)などを経験したことから、
企業の危機管理についてお話しします。

<概要>
○全日空ハイジャック事件(1999年)
犯人は機長をナイフで殺害し、自ら操縦席に着き、レインボーブリッジの下をくぐろうとしたが、結局取り押さえられた。予め犯人は実名でハイジャックの方法を航空各社、警察、空港ビルに手紙で予告していた背景や、事件後、航空保安対策、社内の危機管理体制を構築した経緯について。

○世界同時多発テロ(2001年)
米国上空を飛行中のJAL機は全て他国(カナダ、メキシコ)に緊急着陸をさせられた。その対応と飛行再開の安全性についての決断をどのようにしたか。

○日韓サッカーワールドカップ(2002年)
日本・韓国で行われたサッカーのワールドカップ期間中にフーリガンが押し寄せることが考えられる中、航空機運航の安全対策をどのように実行したか。

その他、「航空機に爆弾を仕掛けた」などの脅迫に対しての対応など。

主な実績

講演実績

国土交通省航空局/その他多数

講演料金目安

120,000円(消費税、交通費別)

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9117
2021.12.07
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9117人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる