ご相談

伊藤文学(文學)

伊藤文学(文學)伊藤文学(文學)いとうぶんがく

『薔薇族』の創刊者・編集長

伊藤文学(文學)

お問い合わせ 候補に入れる

東京都生まれ。世田谷学園中学校・高等学校を経て、駒澤大学文学部国文科を卒業。
学生時代は短歌に熱中し、歌誌「白路」に参加。森本治吉の指導を受けた。大学歌人会を興し、早大の篠弘、東大の中西進、慶大の岡井隆らと交流をもつ。歌集「渦」を発表。大学卒業後は、第二書房に入社し、1962年には「ナイト・ブックス」を企画。「小さい出版社が生き残るにはエロ本しかない」という結論に達した。1971年には日本初の同性愛雑誌『薔薇族』創刊号を発売。ゲイ雑誌・ビデオ販売のパイオニアで伊藤氏が作り出した言葉「薔薇族」、「百合族」は共に辞典などに掲載されている。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 10:30~17:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1932年
東京で生まれる。 
1962年
新書シリーズ「ナイト・ブックス」を企画 
1971年
日本初のゲイ雑誌『薔薇族』を編集長として創刊 
1993年
ロマンの泉美術館を開館、館長となる。 
2005年
ロマンの泉美術館閉館となる。 
2013年
『ぼくどうして涙がでるの 』がスペースシャワーネットワークで刊行 

もっとみる

主な講演テーマ

LGBT〜性の多様性と人権〜

LGBT〜性の多様性と人権〜

ジャンル
LGBT/多様性(ダイバーシティ)/人権/いじめ/モチベーションアップ
聴講対象者
一般

伊藤氏自身は異性愛者でありながら悩める同性愛者のために『薔薇族』を創刊し苦労しながら続けてきた。今も土曜と月曜の2回ブログを通じて同性愛者をはじめとする弱者の側に立った情報発信を続けている。そんな伊藤氏が多様性について講話いたします。

『薔薇族』は『Badi』になぜ負けたのか

『薔薇族』は『Badi』になぜ負けたのか

ジャンル
ビジネス
聴講対象者
一般

ゲイ雑誌・ビデオ販売のパイオニアと呼ばれ、1971年に日本初の同性愛雑誌『薔薇族』創刊号を発売。昨今、話題としてあがるLGBTのコミュニティに多大な功績をもたらしました。『薔薇族』は後発の『Badi』誌にナンバーワンの地位を明け渡した。その理由についてお話いたします。

主な実績

イベント出演

文ちゃんと語る会

テレビ

NHK Eテレ Love 1948-2018

雑誌

週刊文春 HUFFPOST

連載・執筆

サイゾー 「伊藤文学の薔薇族回顧譚」

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9328
2024.07.15
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9328人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる