岡部哲也岡部哲也おかべてつや

元アルペンスキーヤー

岡部哲也

お問い合わせ 候補に入れる

世界のトップスラローマーとして、オリンピック3回、世界選手権5回出場、ワールドカップでは日本最高の2位など入賞24回という実績を残した。1995年引退後、TV、ラジオ等のスポーツコメンテーター、解説、スキー専門誌、雑誌等で執筆活動、講演、スポーツイベント、企画等幅広い分野で活躍。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1965年
5月15日 北海道小樽市生まれ。北山中学3年生のとき、全国中学生スキー大会で2冠王(スラロームとジャイアント・スラローム)となり、同年3月には早くもワールドカップ(W杯)の代表選手に選ばれた。高校は、スキーの名門として名高い小樽北照高校に進学。しかし、この頃すでに彼の活躍する舞台は日本国内ではなく、アルペンスキーの本場であるヨーロッパへと移っていた。全日本ナショナルチームのメンバーとして遠征に加わり、シーズンのほとんどをヨーロッパで転戦。 
1983年
世界ジュニア世界選手権で6位入賞。世界への足掛かりをつかむ。高校卒業後、株式会社デサントに入社。その年から2年間、オフシーズンにはオーストリアに留学。この頃、世界的な名コーチ、ペーター・プロディンガーと出会い、技術的、精神的に大きな影響を受けることになった。  
1985年
フランスのラ・モンジーで行われたW杯で、初入賞を記録(15位)。  
1987年
W杯最終戦では、日本人としてはそれまで最高の4位に入賞。翌シーズン、ノルウェーのオップダールで行われたスラロームでも、2本目の最高タイムをマーク。合計タイムでは、当時絶好調だったアルベルト・トンバに僅差の2位入賞の快挙を果たした。 
 
1989年 1990年のシーズンには、全9レース中6レースで6位以内に入賞し、スラロームの種目別総合でも7位にランクイン。各国のコーチたちも口を揃えて「岡部は、もういつ優勝しても不思議はない」というほどの充実ぶりを見せた。 
1991年
秋、原因不明の蕁麻疹のため、約4ヶ月間の入院生活を強いられるという突然のアクシデント。1995年3月の富良野大会を最後に引退を決意し、現在に至る。現在、軽井沢にてスキースクールを経営し後身の指導にも力を注いでいる。  

主な講演テーマ

私とスキー

主な実績

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

芸能人、アスリート、著名ビジネスマンなど有名人へのご依頼にも強い講演依頼.comは、「講演会から得られる成果」を最も大切にしております。そのため、私たちは講師の講演内容を把握・蓄積し、お客様が思い描く講演会にぴったりの講師をご提案しております。

現在の
登録講師数
8286
2019.07.17
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8286人
該当致しました

TOPに 戻る