乙武洋匡乙武洋匡おとたけひろただ

作家

乙武洋匡

お問い合わせ 候補に入れる

1976年、東京都生まれ。大学在学中に出版した『五体不満足』がベストセラーに。
卒業後はスポーツライターとして活躍。その後、教育に強い関心を抱き、新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を経て、2013年2月には東京都教育委員に就任。教員時代の経験をもとに書いた初の小説『だいじょうぶ3組』は映画化され、自身も出演。続編小説『ありがとう3組』も刊行された。おもな著書に『だから、僕は学校へ行く!』、『オトことば。』、『オトタケ先生の3つの授業』など。
2014年4月には、地域密着を目指すゴミ拾いNPO「グリーンバード新宿」を立ち上げ、代表に就任する。2015年4月より政策研究大学院大学の修士課程にて公共政策を学ぶ。三児の父。

乙武洋匡からの動画メッセージ

講演依頼.com×?~コラム、インタビュー、お役立ち~

関連特集

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:30

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1976年
4月6日生まれ。東京都出身。 
 
大学在学中、自身の経験をユーモラスに綴った『五体不満足』(講談社)が多くの人々の共感を呼び、500万部を超す大ベストセラーに。 
1999年
3月からの1年間、TBS系「ニュースの森」でサブキャスターを務め、いじめ問題やバリアフリーについて取材、レポート。 
2000年
スポーツ誌「Number」での連載を皮切りに、スポーツライターとしての活動を開始。 
2005年
4月より、東京都新宿区教育委員会の非常勤職員「子どもの生き方パートナー」として教育活動をスタートさせる。その傍ら、教員免許をとるために明星大学の通信課程に学ぶ。 
2007年
小学校教諭二種免許状を取得。4月から2010年3月まで杉並区立杉並第四小学校教諭として勤務し、3・4年生を担任。 
2011年
4月より、ナチュラルスマイルジャパン株式会社・取締役に就任。現在は、メディアを通して教育現場で得た経験を発信していく活動を柱としながら、「まちの保育園 小竹向原」の運営に携わっている。 
2013年
2月、東京都教育委員に就任。 

主な講演テーマ

子どもたちのためにできること

ジャンル
学校教育/子育て関連

2007年から3年間、公立小学校教諭として子どもたちと向き合った経験から、教育現場が抱える課題や学校と家庭の関係、いま子どもたちに伝えたいことなど、教育や子育てに関するメッセージが盛りだくさん。また、二児の父として自身の子育てについても語ります。教育関係者や子育て中のパパ・ママは必聴。

チャレンジ精神を忘れずに

ジャンル
生き方

大学時代に出版された『五体不満足』がベストセラーに。その後、スポーツライター、小学校教師、保育園経営、映画俳優と、活動のフィールドは広がる一方。障害を言い訳にすることなく、前向きに挑戦を続けるその原動力とは何か――。一歩を踏み出せずにいる人にチャレンジする勇気を与えてくれる講演です。

自分を愛する力

ジャンル
自己肯定感

発売と同時に話題となった『自分を愛する力』(講談社現代新書)の内容をもとに、現代を生きるキーワードでもある 「自己肯定感」について語ります。『五体不満足』でも明かされた両親の子育てに関するエピソードも盛りだくさん。重度の障害とともに生まれながら、なぜ強く、明るく生きられるのか。多くのヒントが詰まった講演です。

みんなちがって、みんないい

ジャンル
人権/福祉

乙武洋匡の講演テーマ画像4 『五体不満足』出版以来、メディアでの発言やその生きる姿によって、それまでの一般的な“障害者像”をことごとく覆してきた。ベストセラーになった著書『五体不満足』の中でも語るとおり、彼を育てた両親、学校の恩師、周りの友人ら、彼が育ってきた環境の中に「ほんとうのバリアフリー」のヒントはあるはず。話を聴くだけでなく、一人ひとりがそれぞれの頭で「考える」講演です。

主な実績

テレビ

NHK おはよう日本 首都圏 週刊こどもニュース 2006首都圏ハイライト
日本テレビ リアルタイム特報 太田光の私が総理大臣だったら…秘書田中 いつみても波瀾万丈 世界で一番受けたい授業 ザ・ワイド、スーパーモーニング サルヂエ 脳年齢スペシャル
TBS みのもんたの朝ズバッ!
フジテレビ ジャンクSPORTS クイズ$ミリオネア
テレビ朝日 ナンだ!? 徹子の部屋

ラジオ

ニッポン放送 スポーツドリーム

新聞

朝日新聞 朝日小学生新聞 読売新聞

雑誌

Number オレンジページ papyrus 週刊朝日 月刊現代 婦人公論 日経ビジネスアソシエ AERA with Kids high fashion 清流

書籍

講演拝聴レポート

乙武洋匡さんの講演を拝聴して

  • 講演日時:2010-11-01
  • 主催:市役所様 一般市民向け人権講演会
  • 講演テーマ:おとなに知ってもらいたい子どもの権利

今回は、“乙武洋匡さんに是非ともご講演頂きたい”という強いご要望を頂き、一般の方々に向けて「おとなに知ってもらいたい子どもの権利」というテーマでご講演頂きました。

自身の経験をユーモラスに綴った著書『五体不満足』が500万部を超す大ベストセラーとなった乙武さん。開場2時間前から乙武さんの講演を心待ちにしている方の列ができ、講演は多くの立ち見客がいらっしゃる中で始まりました。

スポーツジャーナリストから教師を目指すという一風変わった経歴をお持ちの乙武さんが教師を目指したのは、犯罪の低年齢化がメディアで取り上げられる中、まわりの大人たちは子どもたちのSOSに気付かなかったのか?と疑問に感じ、今の子どもたちと直に接したいと思ったことがきっけだったそうです。

講演では、教師になったばかりの頃の子どもたちとの関係、そこから心を開いてくれるまでのお話や自身の子供時代と現代の子供が置かれている状況の違い、教育現場でのユーモア溢れるエピソードがテンポよく語られ、皆さん、どんどん話に引き込まれていきます。

「ものさしはひとつじゃない」
子どもたちはそれぞれ良さが別のところにある。
大人の役割は子どもたちのいいところをみつけ、徹底的にほめて自信をつけさせること。大人が勝手に作ったストライクゾーンに当てはめようとせず、どんなボールも受け止めることで、子どもたちはのびのびと成長することができると聴講者の方々の心に訴えかけます。

現代の子どもたちはチャレンジする前からムリ、ヤダと言う子が多いそうです。合理的なものを求める大人たちが、子どもたちを枠にはめようとするばかりに子どもたちからやる気を失わせているのだとしたらとても悲しいことです。聴講者の方々もそれぞれ今までの自分を振り返りながらお話を聞いているようでした。

聴講者の心に余韻を残し、考えるきっかけを与えて下さる乙武洋匡さんの講演会は、人権をテーマにした講演はもちろん、教育・子育て講演にもお薦めです。

(講演依頼.com

ご相談は
無料です。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

お客様の声

チャレンジ精神を忘れずに

100

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

顧客満足度「5年連続90%以上」獲得!お客様より高評価を頂きました。2017年は学校様、企業様、自治体様など様々な団体様より7,000件を超える講演のご相談を頂戴しております。講演依頼.comをお選びいただいたお客様に心より感謝申し上げます。

現在の
登録講師数
7249
2017.11.21
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7249人
該当致しました

TOPに 戻る