ご相談

河村正剛(タイガーマスク運動)

河村正剛(タイガーマスク運動)河村正剛(タイガーマスク運動)かわむらまさたけ

社会活動家

河村正剛(タイガーマスク運動)

お問い合わせ 候補に入れる

漫画『タイガーマスク』の主人公「伊達直人」を名乗ってランドセルのプレゼントを行い、社会現象となった『タイガーマスク運動』の発端となった人物。自身が孤児として育ち、養親からの虐待・育児放棄の末に16歳から一人暮らしで高校生活を送るという経歴を持つ。上京後、24歳から児童養護施設への寄付・ボランティアを開始。群馬県前橋市に移住後、2010年のクリスマスに「伊達直人」名義で市内の児童相談所にランドセルをプレゼントした事がメディアに取り上げられ『タイガーマスク運動』という社会現象に発展。社会的養護支援に行政を巻き込みたいという思いから、2016年12月に後楽園ホールのリング上にて素性を公表。2017年3月、前橋市と共にふるさと納税を活用した社会的養護の支援制度『タイガーマスク運動支援プロジェクト』を発足。同年11月、本制度が【ふるさとチョイスアワード2017】にて全国大賞を獲得。現在は行政支援を拡充・拡大させる為、寄付やボランティアと並行しながら社会活動中。

出身・ゆかり

専門分野

人生経験/社会的養護/虐待/育児放棄/児童相談所/児童養護施設/里親制度/社会貢献/福祉/ボランティア

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1973年
福岡県北九州市出身 
1992年
地元の高校を卒業後、就職先の神奈川県相模原市に移住 
1996年
再就職先の東京都足立区に移住 
1998年
足立区内にある児童養護施設へのボランティア活動の開始 
2006年
転勤先の群馬県前橋市に移住 
2010年
12月、群馬県中央児童相談所へ「伊達直人」の名前を添えランドセル10個をプレゼント(タイガーマスク運動の始まり) 
2011年
群馬県内にある児童養護施設へのボランティア活動の開始 
2016年
12月、後楽園ホールのリング上にて自身(タイガーマスク運動「伊達直人」)の素性公表 
2017年
3月、前橋市と共同で社会的養護のもと生活している子ども達への自立支援制度「タイガーマスク運動支援プロジェクト」を発足(ふるさと納税を活用) 
2017年
11月、(株)トラストバンク主催【ふるさとチョイスアワード2017】にて前橋市の「タイガーマスク運動支援プロジェクト」が全国大賞を獲得 
2019年
2月、前橋市と岩手県北上市、(株)トラストバンクが連携し「タイガーマスク運動支援プロジェクト」を拡大させた事業「きふと、」を発足 

もっとみる

主な講演テーマ

タイガーマスク運動の始まりとこれから

タイガーマスク運動の始まりとこれから

ジャンル
人生経験
聴講対象者
全世代対象

2010年のクリスマス、「伊達直人」の名前を添えた10個のランドセル寄贈に始まり社会現象にまで拡大したタイガーマスク運動。
自分自身の生い立ちからボランティアの開始、児童養護施設で生活する子ども達との出会い、伊達直人を名乗った時の心境やランドセル寄贈の真意、社会現象へ発展し素性公表を経て行政支援制度の発足に至るまでと今後の展望をお話しさせていただきます。

STOP!!虐待&育児放棄

STOP!!虐待&育児放棄

ジャンル
社会問題(虐待&育児放棄)
聴講対象者
子育て世代/保護者/教育関係者

近年、虐待や育児放棄は社会問題となっています。虐待や育児放棄を受ける子ども達がどういう心理状況で生活をしているか、また子ども達が児童相談所に一時保護された後の児童養護施設ではどういう生活になるのか等、自身や子ども達の体験談を交えてお話させていただきます。

社会的養護の子ども達へ必要な行政支援

社会的養護の子ども達へ必要な行政支援

ジャンル
教育/支援
聴講対象者
自治体職員/教育関係者/政治家

近年、社会的養護の子ども達への支援が貸与型から給付型へと移行しつつあり、高校卒業後の進学率も増加傾向にあります。しかし自治体によって支援の内容に幅や差があり、子ども達は入所する施設によって進路が左右されてしまっているという現実もあります。どういった支援が必要なのか?どういう支援は他の自治体と横並びにして欲しいのか?等、現場の声を含めてお話させていただきます。

「生きる」とは?

「生きる」とは?

ジャンル
人生経験
聴講対象者
全世代対象

孤児として育ち、養親からは虐待や育児放棄を受け、幼少期は自分がなぜ生まれてきたのかわかりませんでした。11歳の時に養親から「お前が生まれてこなければ良かったのに…」「生まれてきた事を謝れ!」と言われ「生まれてきてごめんなさい」と土下座して謝罪をしました。この時に自身の心の中で何か突き抜けるものを感じ、「将来、僕の様な思いをする子ども達を救おう」という決心に変わりました。成人して子ども達への支援を始め、タイガーマスク運動が社会現象となり行政支援も始まった…今改めて考えても、11歳の時の自身の決心が大きく影響していると思います。もしかしたらタイガーマスク運動も「偶然」ではなく「必然」だったのかもしれません。逆境の時こそ生まれる心理、「生きる」とは何なのか?をお話しさせていただきます。

主な実績

講演実績

神奈川県加賀町警察署/神奈川県厚木警察署/海老名商工会議所/日本経済新聞社前橋支局/日本善行会前橋支部/前橋東ロータリークラブ/伊勢崎ロータリークラブ/鉾田市まちづくり推進協議会

イベント出演

TOKYO SOCIAL FES 2017 ふるさとチョイスアワード 2017 MEDぐんま 2019

テレビ

NHK NHKスペシャル 私たちのこれから「#子どもたちの未来」 週刊ニュース深読み ハートネットTV おはよう日本 ほっとぐんま640
日本テレビ スッキリ
テレビ朝日 報道ステーション スーパーJチャンネル あの人が今 言いたい事
TBS ビビット
フジテレビ とくダネ!
MBS ちちんぷいぷい
群馬テレビ ニュースジャスト6 ニュースeye8
大分放送 イブニングニュース

新聞

読売新聞 朝日新聞 毎日新聞 産経新聞 日本経済新聞 東京新聞 上毛新聞 ぐんま経済新聞 神奈川新聞 大分合同新聞 福祉新聞 日刊スポーツ新聞 スポーツニッポン新聞

雑誌

女性自身

WEB

東洋経済オンライン 共同通信 時事通信

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

総会・例会、取引先向け・販売代理店向け講演会のお問い合わせが増えております。10月~12月に講演会をご企画されているお客様は、お早めにご相談ください。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
8565
2019.11.18
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8565人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる