原麻里子原麻里子はらまりこ

グローバル時代を生き抜く異文化理解のナビゲーター/ アナウンサー / 社会人類学者

原麻里子

お問い合わせ 候補に入れる

女子学院高校、慶應義塾大学文学部卒業後、テレビ朝日アナウンサー、BBCワールドサービス日本語部アナウンサー兼プロデューサー(在ロンドン)。テレビ朝日を退社後、ケンブリッジ大学大学院社会人類学科に留学し、論文修士号取得。講演では、8年間、英国で学び、仕事をしてきた経験をもとに、グローバル時代の異文化理解の方法、ダイバーシティの取り組み、7つの海を支配した英国のエリートに残るサバイバル術、英国エリートの論理・修辞・雄弁術、BBCで英語を学ぶ方法についてお話をしていきます。<ご本人からのメッセージ> グローバル時代を迎えて、異文化の人たちと、一緒に仕事をして、生活をしていかなければいけない時代になってきました。私はテレビ朝日からロンドンのBBCワールドサービスにアナウンサー・プロデューサーとして派遣されました。当時のBBCワールドサービスでは37言語の人たちが働いていました。それも、いわゆる自由主義の先進国ではなく、閉ざされた国や発展途上国の人たちが多かったのです。まず、彼らとの出会いは強烈な異文化体験でした。その経験から、英国のケンブリッジ大学大学院へ異文化社会を研究する社会人類学を学ぶために留学しました。私の所属していたカレッジは半分以上が英国人以外の人たちで占められていて、ここでも驚くような異文化体験をしました。こうした経験と理論をもとに、7つの海を支配した英国のエリートからグローバル時代を生き抜く方法や異文化理解の方法について語ります。

出身・ゆかり

専門分野

社会人類学(ナショナリズム・エスニシティ・映像・マスメディア)/ 異文化理解/男女共同参画/放送

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

 
女子学院高等学校、慶應義塾大学文学部卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。 テレビ朝日から英国放送協会(BBC)ワールドサービス日本語部アナウンサー・プロデューサー(在ロンドン)に出向。 テレビ朝日を退社後、ケンブリッジ大学大学院考古人類学部社会人類学科へ留学し、論文修士号を取得。 滞英通算約8年間。博物館職員資格取得。志縁塾実践・講師ゼミ3-4期生、局アナnet会員。 帰国後、コメンテーター、司会者、ラジオ番組のDJ、Ustream番組のキャスターを務め、大学で教鞭もとる。編著書『公共放送BBCの研究』(ミネルヴァ書房/原麻里子・柴山哲也共編/2011年3月刊行)は朝日新聞・日本経済新聞・東京新聞・週刊東洋経済などに紹介され、忽ち重版! 

主な講演テーマ

「こんなに面白い異文化」

海外へ行くと、日本では当たり前のことが当たり前ではなく、日本では考えられないことが常識だったりします。そして、私たちはそれらを「変なもの」と感じてしまい、理解するのが困難なことがあります。 例えば、女性や亡くなった男性が父親になれる社会があることをご存知でしょうか。また、「太っていること」が美人である社会もあります。皆さんは、こうしたことに出会うとカルチャーショックを覚えると思います。グローバルな時代、私たちは益々こうした「変なもの」と思うことに出会うようになります。そうした「変なもの」と思える異文化社会の理解の方法について伝授致します。

「グローバル時代のダイバーシティ」

現在、日本でダイバーシティというと、女性活用の推進を指すことが多いですが、企業は英語公用語化、外国人の積極的採用を進めています。異なる文化を持つ人たちの力を巻き込んで企業や組織、そして、社会の生産する価値を上げていこうという動きが強まっています。異文化に育った外国人と上手く意見をまとめ、一緒に仕事をしていく方法について考えていきましょう。

「英国のエリートたちから学んだこと」

英国は本当のエリート文化・リーダーの文化を持つ国で、リーダーが目的や現実に即して戦略的に決定しています。エリート教育を行う英国の大学では学生たちは知識を受動的に学ぶのではなく、教師や仲間と議論しながら、論理・修辞・雄弁という技術を獲得し、自分の見解をつくり論争し参加していきます。また、英国のエリート教育は勉強のみならず、学生同士及び学生と教師との人間関係からも人間を形成していくことを目指しています。学校を卒業してしまった皆さんでもお役に立つ英国エリートのスキルをお話し致します。

「BBCで学ぶ英語」

帰国子女でも、留学経験もない、英文英語科出身でもない私が勤務していたテレビ局からロンドンのBBCへプロデューサー兼アナウンサーとして派遣されることになりました。 そんな私が、その後、英国の大学院で学び、大学で文化人類学の他に、英語も教えるようになりました。その経験と理論からBBCを使って無料で英語を学ぶ方法について伝授します。

主な実績

講演実績

【講演、セミナー実績】
WinWin 日英協会 志縁塾卒業イベント、知的生産の技術研究会、
JICA本部にて「Seminar for Promotion of Gender Equality III」
-Gender and Media
-Women’s Empowerment and Mass Media
-Afghan Woman’s Hour?
(BBC World Service Trust)
恵泉銀座センター講師、千葉大、女子学院、川崎市市民ミュージアム、全日空ロンドン支店、国立女性教育会館 等

【メディア実績】
●テレビ朝日時代
「イブニング朝日」、「おはようテレビ朝日」「ザ・テレビ演芸」など、
各種報道・情報・海外取材・バラエティー・広報番組等の司会・アシスタント・リポーター
時代劇「遠山の金さん」(高橋英樹氏主演)に女優役として出演
●BBCワールドサービス日本語部(在ロンドン)時代 
国際ニュース・時事問題・論説番組と英国に関する番組の制作・アナウンス。
●その他、NHK衛星第一放送 国際テレビ放送に関する3時間特別番組でBBCロンドンのテレビセンターから衛星生中継、
朝日ニュースター「愛川欣也のパックインジャーナル」にコメンテーターとして出演、
かつしかFM 「こちら葛飾集会所」(パーソナリティとして出演) 等
●現在
インターネットテレビ番組麹町ワールドスタジオ「原麻里子のグローバルビレッジ」キャスター

【主要論文等】
・「“The war on the screen: Japanese nationalism and wartime newsreels”(学位取得論文 1998年)
・「韓国の価値観と文化を世界へー『アリランテレビ』と『KBS WORLD TV』」 (「月刊民放」 2007年8月号)
・「韓国総選挙にみるジェンダー・クオータ制」 (東京新聞 2008年9月9日夕刊)
他、韓国の男女平等政策に関する論文多数。
・「BBCワールド・サービスーこちらはロンドン―」(「ソフィア」214号第54巻第2号2005年夏季号)
・「BBCワールドサービスの新しい展開―アラビア語テレビ放送と国際的な慈善活動」
(「月刊民放」第38巻第5号2008年5月号)
・「『公共放送』概念の転換?―デジタル・ブリテンが示す放送の未来像」 (「月刊民放」第39巻第9号2009年9月号)
・「規制国家とBBC~公共的価値概念の採択」(「ソフィア」237号第60巻第1号2011年春季号)
他 BBC関連論文多数。

【掲載】
・「知の中心へ 変わるケンブリッジ大」(東京新聞 2009年8月22日朝刊)
・『公共放送BBCの研究』 (ミネルヴァ書房/原麻里子・柴山哲也共編/2011年3月刊行)が、
朝日新聞(2011.5.22)、日本経済新聞(2011.5.22)、聖教新聞(2011.4.27 )、週刊東洋経済(2011.5.14)、
機関紙民間放送(2011.5.3&5.13)、世界日報(2011.9.4)、総合ジャーナリズム研究(2011年 秋号)、
サンケイビジネスアイ(2012.2.14)の書評に掲載された他、
東京新聞(2012.5.15)、 週刊読書人(2011.12.23)でも紹介され、忽ち、重版!

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

昨年は7,600件を超える講演のご相談を頂戴いたしました。講演依頼.comをお選びいただいたお客様に心より感謝申し上げます。今後も講演の専門会社としてサービス向上に努めてまいりますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

現在の
登録講師数
7838
2019.01.18
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7838人
該当致しました

TOPに 戻る