畑村洋太郎畑村洋太郎はたむらようたろう

工学院大学 教授/ 工学博士

畑村洋太郎

お問い合わせ 候補に入れる

1941年東京生まれ。東京大学工学部機械工学科修士課程修了。東京大学大学院工学系研究教授を経て2001年退官。現職は東京大学名誉教授、工学院大学特任教授。さまざまな失敗の原因を徹底的に究明し、失敗の分析・分類を行って、失敗知識を有効に活用するための活動を幅広く展開。失敗学に関する著書多数。専門分野はナノ・マイクロ加工学,生産加工学,失敗学・危険学,創造学,実際の設計研究会を主宰し「実際の設計選書」(全27巻)の出版を行っている。

出身・ゆかり

専門分野

ナノ・マイクロ加工・力センサ・加工の知能化・医学支援工学・造的設計論・技術の伝承と教育の方法論を研究するほか、さまざまな失敗の原因を徹底的に究明し、失敗の分析・分類を行って、失敗知識を有効に活用するための活動を幅広く展開している/また、実際の設計研究会を主催し創造設計原理の研究を行っている

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1966年
東京大学大学院修士課程修了
株式会社日立製作所入社
 
1968年
東京大学工学部助手 
1973年
同助教授 
1983年
同教授 
2001年
工学院大学教授、東京大学名誉教授,畑村創造工学研究所開設
科学技術振興機構失敗知識データベース整備事業統括(~2011年) 
2002年
NPO法人失敗学設立,理事長(~現在) 
2004年
ドアプロジェクト実施(~2005年5月) 
2005年
株式会社日本航空 安全アドバイザリーグループ委員(~現在) 
2007年
危険学プロジェクト実施(~2017年3月)
西日本旅客鉄道株式会社 安全推進有識者会議委員(~2010年3月) 
2009年
国土交通省運輸安全委員会 福知山線脱線事故調査報告書にかかわる検証メンバー(~2011年4月) 
2010年
消費者庁「こどもを事故から守る!プロジェクト」アドバイザー(~現在) 
2011年
(政府)東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会委員長(~2012年9月) 
2013年
関西大学客員教授(~2015年3月) 
2015年
科学技術振興機構 プログラムマネージャーの養成・活躍推進プログラム研修講師(~現在) 
2017年
消費者庁参与(~現在) 

主な講演テーマ

失敗学のすすめ

失敗学から危険学へ

危険と想定

これから日本が生きる道

技術の創造と設計

日本の回復力 ~危機の経営~

主な実績

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

弊社(株)ぺルソンは通常、カレンダー通り営業しておりますが、
本年は8月15日(水)のみ夏季休暇をとらせていただきます。予めご了承願います。
講演会をご企画されている皆様、ぜひお早めにお問い合わせください。ご相談は無料です。

現在の
登録講師数
7594
2018.08.15
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7594人
該当致しました

TOPに 戻る