2017年12月26日

Vol.1

原晋著『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』(アスコム)

講演依頼.comスタッフの土橋です。
記念すべき、第一回目は、一般的なスポーツの常識では考えられない方針で次々と奇跡を起こす、青学陸上競技部・原監督の注目書籍『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』について紹介します。

2016年は「ハッピー大作戦」で2連覇。
2017年は「サンキュー大作戦」で3連覇。
2018年は「ハーモニー大作戦」で箱根駅伝に挑む。

原晋著『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』

2015年11月に出版され、今では10万部突破と、出版分野でも奇跡を起こしています。

原監督は箱根駅伝での出場経験は無く、2004年の監督就任当時は箱根駅伝との縁は全く無く、そして就任した青学陸上部も予選敗退チームでした。

なぜ、このような状態からここまでのチームに成りあがっていったのか?
一読し、まず全体的に言えることとして『ビジネスの知識を、陸上に取り入れ、実践した』ことが他と一線を画すことです。

書籍に紹介されている47の言葉のうち、1つを紹介します。

【コーチングの前にティーチングあり】

連覇を成し遂げている一番のポイントとして私がとらえたのは「ステージに応じた指導方法を実践していった」ことです。では、具体的に原監督の場合どのようなステージに変化していったのでしょうか?

ステージは下記の4ステージに変化していきます。

ステージ1:命令型(ティーチング期)
ステージ2:指示型(自覚期)
ステージ3:投げかけ型(コーチング期)
ステージ4:支援期(サポーター型)

ステージ1のティーチング期の場合は、その業界の「核」となる部分を徹底させることに重きを置きます。

長距離走の場合、この「核」が「規則正しい生活」「適切な栄養補給」ということになります。朝練習5時起床、門限22時、朝夕食は栄養を管理した食事を全員で食べる、掃除は全員で行う等、寮生活を通して、奥様と二人三脚で実践していきます。

この時期は定着されるのに3~5年はかかったそうです。一般的には、遊び盛りの大学生にこのような生活を定着されるのですから、相当な労力だったのではないかと思います。

 この時期を待てずに、1、2のステージを飛ばして、3に行こうとすると、適当、チャライチーム、同好会のようなチームとなります。長期スパンにわたっての指導方法を実践していったからこそ、今の青学陸上部があるのです。

講演依頼.comでは様々なスポーツ監督の講演をご紹介しておりますが、ここまでビジネスに置き換えて事例をお話できる研修要素の強い内容は、とても珍しく感じております。

 企業の経営層にもお薦めできるお話です。