ご相談は無料です。

TEL
MAIL

03-5422-9188 電話受付時間 月〜金 9:30〜18:00

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

 
 

 
   
  「管理者」から「経営者」の視点へ ~意識と行動を変える~

日々の多忙な業務から、管理職と呼ばれるリーダーたちは、
管轄部署の業績や、課せられたノルマにしか
目を向けることが出来ない状況になっていませんか?
次世代を担う彼らに、企業の“理念”や“スキル”を
部下に伝えていくという視点を持ってもらいたい―。
そのような悩みを抱えていらっしゃる人事部の方々も多いのではないでしょうか。
そのためには少し視野を広げて、<経営者の視点>を持つことが重要ではないかと考えます。

そこで、実際に企業を経営者する講師から、この経営者の視点を持つことの重要性について、
また、その強みについてメッセージを頂きました。
組織を強くし、企業を強くする人材育成のヒントとなれば幸いです。
また、メッセージと合わせて、講師のプロフィールや講演テーマもご覧ください。


 
「今こそリーダーシップ」トップへ>>
     
   “達人”に聞きました。
   
  「事業承継、自社の発展にあたって、新時代に即した人材の育成と組織の再構築を図るため、
次世代を担うリーダーに<経営者の視点>を持つことの強みとは一体、何でしょうか?」
 
     
 
 
 
経営者の情熱が現場に宿れば、
厳しい業界を生き抜く原動力とチームワークが生まれる。
  講師:高橋 滋
高橋 滋
(レストラン
「カシータ」オーナー)

究極のリゾート「アマン」に魅せられ、経営の知識ゼロにも関わらず、レストラン業界へ。「カシータ」を東京でも話題のレストランといわれるまでに育て上げ注目を集めている。

「今から7年前に、素人の私がレストランを始める時、
ある業界のご意見番の方にこんなことを言われました。
“高橋さん、レストランやるんだったら、
あなたと一緒に死ぬまで頑張ってくれる現場の店長がいないと駄目ですよ!”

競争が激しく、新しい店が乱立して来るこの業界では、
死に物狂いで働いてくれる現場の人間がいなければ勝ち抜くことは出来ません。
以来7年間、幸いなことに私にはそんなスタッフがいつもいてくれました。
私には『右腕』どころか、『左腕』も『両足』もいてくれました。
これは私が言う所の、『レストランはチームワーク』。
それぞれが自分の得意なモノを、そして自分に無いモノを
相手が補いながら成長して来ました。
そしてそんな彼らにいつも情熱を持って接して行くことが私のスタイルです。

私の普通ではない真剣さは、必ず彼らにも伝わり、
彼らもまた普通ではない真剣さで仕事に臨んでくれます。
経営者と同じ情熱を持った人が何人もいてくれたら、これは凄いことです。
多くのスタッフが経営者と同じ感性でいてくれたら、
彼らはきっとモノを大切にしてくれるだろうし、
時にプライベートよりも仕事を優先してくれるだろうし、
いつも会社のことを真剣に考えてくれるでしょう」。

   
 

>>高橋滋の詳細プロフィール・研修テーマなどはこちらから

 
 
   
 
 
 

もっとも重要な<理念の共有>。
リーダーが情熱をもって伝えてこそ組織はまとまる。

  講師:大野尚
大野 尚
(ビッグ・フィールド・
マネージメント株式会社
代表取締役)

HISでは創業に参画。年間3000万円に満たなかった九州中国内の売上を百数十億円まで伸ばす。その後、スカイマークエアラインズ(現:スカイマーク)の躍進も支え、2004年より現職。企業のコンサルティングを中心に活動。
「組織にとって、最も重要なのは<理念の共有>です。
会社として売上・利益を上げ、コストを下げ、マーケティングし、
顧客ニーズをつかむ…それを全部、社長一人が担うのは難しいですよね。
だからこその組織です。
組織の中でそれぞれがバラバラにならずにひとつに向って動けるような旗印。
それが理念です。
5人以内くらいの組織であれば、社長自身の手によって直接、
各社員に理念の共有を図ることができるかも知れませんが、
組織が大きくなるとそうもいきません。

そこで必要になってくるのが、経営者に代わって、
みんなの気持ちをひとつにしていく人、
全社員を少数のユニットに分けた頂点に立つ人=リーダーです。

とはいえ、ただの伝道者や媒介者というのでは少しエネルギーが弱いです。
それでは社内で伝言ゲームをやっているようなものですよね。
そうではなく、リーダーはそのユニットの経営者という立場で、
トップと同じ気持ち、もしくはそれ以上の気持ちと姿勢が必要になってきます。
それがリーダーに望まれる<経営者視点>というものだと思います。

社長は、リーダーを自分の分身以上の存在にしていくために、
リーダーに対しての深いコミュニケーションが必要になりますね」。
   
 

>>大野尚の詳細プロフィール・研修テーマなどはこちらから

 
 
   
 
 
 
企業経営は体調管理と同じ。
体全体を鳥瞰する習慣をつけて、“やらされ感”から脱却。
  講師:松尾一也
松尾 一也
(株式会社
ルネッサンス・アイズ
代表取締役社長)

26歳で起業し、20年間一貫して「人間学の探求」をライフワークにした、 「学びをプログラムさせる」専門家。 講演会を企画開催し、現在では300名に及ぶ講師陣ネットワークを築く。
「まずは、リーダーが<経営者の視点>を持つと、
その仕事が俄然、楽しくなるということです。
やはり、そのパートだけの意識に終始していると“やらされ感”が募ってきますが、
自分の任務が実は会社全体の経営に連動しているという意識を持つと、
より“やりがい”を感じるものです。

また、会社経営というのは肉体と同じで全体の体調を表す経営数字
(損益計算書・キャッシュフロー会計など)を大方、つかんでいると、
健康に留意するポイントが明確になってくるから不思議です。
「経営」とは営々と真理を追究することを意味しますが、これからのリーダーは
人生観、人間観、歴史観などを持っていないと、人を感化できません。
この点はリーダーも経営者も共通した重要なポイントです。

バードビュー(鳥瞰)で物事を捉える習慣が、
その人の人間的器を大きくさせることでしょう」。


>>松尾一也の詳細プロフィール・研修テーマなどはこちらから
>>[おすすめ研修プログラム]「人間力を高める~善循環マネジメント~」

   
 

 
   
     
 
上記のほかにもたくさんの講師をご紹介!続きはこちらから…[リーダーシップ特集]
 
     
 
リーダーシップ研修 人気講師のオリジナル研修プログラム!
リーダー向けにおすすめのプログラムを
多数ご紹介しております。
>>>詳細はこちらから
 
 

 
■ 研修のご相談・お問合せはこちら ■
 
TEL. 
 03-5422-9188
FAX. 
 03-5422-9139
 
 (株)ペルソン 研修事業部

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。