ページトップ
講演会・講師の講演依頼.com 特集一覧 ワーク・ライフバランス特集

特集 ワーク・ライフバランス

もはや福利厚生ではなく、経営戦略の一つとして考えられているワーク・ライフバランス。
「社会」、「企業」、「個人」の間に好循環を生み出すヒントを講演会で学びませんか。
企業側、社員側、コンサルタントなど、さまざまな立場から
ワークライフバランスについて講話をする講師をご紹介いたします!

■ワーク・ライフバランス特集の講師紹介■

※各講師への講演会のお問い合わせは、講師詳細プロフィールにある「お問い合わせ候補に入れる」ボタンをクリック後、入力フォームに連絡先等をご記入ください。追って担当者がご連絡いたします。また、お電話でのご連絡もお待ちしております。

この人に注目!小室淑恵氏(株式会社ワークライフバランス 代表取締役社長)
ワークライフバランス 講師 小室淑恵
これまで600社のコンサルティング経験を持ち、日本企業の風土にあった、 ワーク・ライフバランス施策導入のコンサルティング提案が好評を得ている。 2004年日経ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞。内閣府男女共同参画会議の委員も務める。わかりやすく論理的に伝えるプレゼンには定評があり、伊藤忠商事、JTB、コクヨなど、 リーダーシップや人材育成に関する社内研修や講演での実績多数。


ワーク・ライフバランス講演会講師紹介

導入から実践・活用まで

ワークライフバランス 講師 パク・ジョアンスックチャ

コンサル実績多数

パク・スックチャ

アパショナータ、Inc.代表
ダイバーシティ&ワークライフ コンサルタント

●講演テーマ

ワーク/ライフ・バランス
~働き方の変革に向けて~」

米国と日本で米国系企業に5年間勤務。その後、韓国延世大学へ語学留学。日本に戻り米国系運輸企業に入社。同社にて日本、香港、シンガポール、中国等,太平洋地区での人事スペシャリストおよび管理職研修企画・実施を手がける。2000年に日本初のワーク/ライフ・コンサルタントとして独立。近年はダイバーシティ(多様性)にも力を入れている。

ワークライフバランス 講師 高橋俊介

キャリアを考える

高橋俊介

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授

●講演テーマ

「ワークライフ統合」

東京大学工学部航空学科卒業後、日本国有鉄道に入社。米国プリンストン大学工学部修士課程を修了し、マッキンゼーアンドカンパニーへ入社。その後、米国のワイアットカンパニーの日本法人ワイアット株式会社(現ワトソンワイアット株式会社)代表取締役社長を経て個人事務所設立。コンサルティング活動や講演活動を行う。2000年より慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授として教壇に立つ。

ワークライフバランス 講師 駒崎 弘樹

働き方の変革

駒崎弘樹

NPO法人
フローレンス代表理事

●講演テーマ

「経営戦略としてのワーク・ライフバランス」

慶應大学在学時に、学生ITベンチャーを立ち上げ、経営者として活躍。一方で、<病時保育>の現実を知り、2004年にNPO法人フローレンスを立ち上げる。 講演では、「育児と社会を両立する社会」を実現していくために不可欠な、 ワークライフバランスを企業や行政がどのように取り組んでいけばよいのか、 具体的な実践例を交えながら提案する。「社会起業家」としてメディアでも注目のひとり。


ワーク・ライフバランス講演会講師紹介

ロールモデルに学ぶ

ワーク・ライフバランス 講師 佐々木常夫

どちらも諦めない

佐々木常夫

株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表

●講演テーマ

「ワークライフバランス」

自閉症の長男に続き、次男、長女が誕生。妻が肝臓病とうつ病を患い、20年間に43回の入退院を繰り返す中、2001年、東レ同期トップで取締役に就任。その半生を包み隠さず綴った著書が反響を呼び、仕事も家庭も常に全力で生き抜く佐々木氏と、お互いに支え合う家族の姿が、奇跡の家族再生劇として多くの感動を喚起させるほか、ワークライフバランス」のモデルとしても高い関心を呼んでいる。

ワーク・ライフバランス 講師 末吉竹二郎

ビジネスパーソンとして

末吉竹二郎

国連環境計画
金融イニシアチブ
特別顧問

●講演テーマ

「ワーク・ライフバランス」

三菱銀行ニューヨーク支店長、取締役、東京三菱銀行信託会社(ニューヨーク)頭取を経て、98年6月、日興アセットマネジメント副社長。このときUNEPFIの運営委員会のメンバーに就任したのをきっかけに、支援に乗り出す。02年6月の退社を機に、UNEPFI国際会議の東京招致に専念。03年10月の東京会議を成功裏に終えた。長い海外赴任生活の中から、エピソードや自身の経験談などもまじえて講話。

ワークライフバランス 講師 藪本雅子

自分のスタイルで

藪本雅子

元日本テレビ
アナウンサー・記者

●講演テーマ

「仕事と家庭」
(キャリア・ワークライフバランス)

1991年、日本テレビアナウンス部入社。ニュース番組に携わるようになってから報道を志願し、社会部記者に転向。警視庁、厚生労働省、環境省の他、内省班キャップとして各省庁を兼任。2001年、政治部記者に異動。同年末退社後はハンセン病をテーマにした「女子アナ失格」出版するかたわら、二児の母として育児にも勤しむ。


ワーク・ライフバランス講演会講師紹介

メンタルヘルスとワーク・ライフバランス

ワークライフバランス 講師 渡部卓

労使双方の視点から

渡部卓

株式会社ライフバランス
マネジメント 代表

●講演テーマ

「ワーク・ライフ・バランス」

モービル石油、日本ぺプシコ社、米国ぺプシコーラ社ニューヨーク本社、ネットエイジ代表取締役副社長などを経て、2002年より現職。精神医学や臨床心理学の見地ではなく、社員、組織をポジティブに活性化し、同時にメンタルヘルス対策を兼ねた処方箋を、明解かつユーモアを交えて解説する。また、経営や労使の視点も交え、現場の実情に即した講演内容が好評を博している。

ワークライフバランス 講師 岩井結美子

メンタルとワークライフ

岩井結美子

オフィスグレイス
代表取締役
産業カウンセラー

●講演テーマ

「ワークライフバランスで“ストレスに強い会社”をつくる」」

産業カウンセラー資格を持ち、心療内科に心理カウンセラーとして勤務し、相談業務や同院の人材教育を任される。同時に、フリーランス活動で企業研修講師なども行う。心療内科に通院していた女性患者にメイクをしたのがきっかけとなり、現在力を注いでいる「メイクセラピー」を開発する。2003年、オフィスグレイスを開設し、2007年、代表取締役に就任。

ワークライフバランス 講師 キティこうぞう

会社と社員に幸せを

キティこうぞう

職場のメンタルケアコーチ

●講演テーマ

「ワークライフバランス」

株式会社名鉄百貨店にて子供服売場、法人外商を担当し、顧客心理学を実践する一方で、労働組合の役員を10年以上、また、2000年からの6年間は、名鉄百貨店労働組合執行委員長を務め、社員のカウンセリングにも関わる。その後、同社人事部で採用と人材教育・キャリア開発に関わる。現在は、株式会社アドバンテッジリスクマネジメントのシニアコンサルタントとして、講演活動などで活躍中。



●ビジネス向けの講演・研修をお探しの方におすすめ


ビジネスを強くする研修は講演依頼.com
 
社員教育向け講演講師のポータル



※この他、掲載、非掲載問わず、多数の講師のご紹介が可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。ご相談は無料です。
( >>講師検索で探す >>講師提案サービス、相談サービスを利用する )

TOPに 戻る

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

TEL
MAIL