講演会・講師の講演依頼.com
特集一覧 成人式講演会

成人式におすすめの講師をご紹介
 
 

成人式は、新成人に向けて祝福・激励をするまちの大きなイベントです。
近年、成人式における新成人の横柄な態度などもニュースとして取りだたされており、
主催者の皆様からは、新成人がしっかりと“成人の自覚”や“前向きな志”について考え、
それを抱くきっかけの場となるような講演会を実施したいとのお問い合わせを多く頂いています。
「講演依頼.com」では、新成人に向けて熱いエールやメッセージをおくるスポーツ選手や著名人など、
様々な分野で活躍する講師をご紹介致します。
人生に一度きりの成人式。新成人にとって今後の人生の励みとなり心に残る成人式づくりのお手伝いをいたします。

 
 

>>特集一覧ページを見る

■成人式に関するおすすめ講師紹介■

     ※各講師における講演お問合せは、それぞれの講師詳細プロフィールの中にある、
     「候補に入れる
」ボタンをクリック後掲載される入力フォームに連絡先等をご記入後、ご送信頂けますようお願い致します。
     追って担当者が連絡致します。

新成人へエール~夢の実現
桑田真澄
自らを磨き上げる
桑田真澄
元プロ野球選手
野球解説者
●おすすめ講演テーマ
「試練は人を磨く」
野球の名門校・PL学園で、同期の清原和博とともに「KKコンビ」と呼ばれ、1年生の頃から、甲子園のマウンドでエースピッチャーとして活躍する。卒業後、読売ジャイアンツへ入団。絶頂期であった95年に、右ひじ靭帯断裂の損傷など故障に悩まされる。また38歳でのメジャー挑戦など、果敢に夢の実現に挑戦してきた。08年、現役引退後の現在は、スポーツ報知・野球評論家として活躍する他、野球解説者として、様々なメディアで活動中。野球人生で、数々の試練を乗り越え、自らを磨いてきた経験を語る。
宇津木妙子
努力は裏切らない
宇津木妙子
元 全日本女子ソフトボールチーム監督
●主な講演テーマ
「夢の実現~努力は裏切らない~」
高校卒業後は、リーグ1部のユニチカ垂井に所属。世界選手権へも出場し、日本を代表する選手として活躍。1985年に現役を引退し、指導者へ転身。アトランタ五輪でコーチを務めた後、女子ソフトボール日本代表監督に就任。シドニー五輪では銀メダル、アテネ五輪では銅メダルへ日本代表チームを導いた。その功績を讃えられ、日本人で初めて、国際ソフトボール連盟殿堂入りを果たす。現在は、2016年オリンピックへのソフトボール競技の復活活動や講演を通して、ソフトボールの普及に務めている。
古田敦也
選手、監督の経験から
古田敦也
元 東京ヤクルトスワローズ選手兼任監督
●主な講演テーマ
「目標に向け行動しよう! 古田流 かっこいい大人の行動哲学」
立命館大学卒業後、 トヨタ自動車を経て、90年、ヤクルトスワローズへドラフト2位で入団。攻守ともにチームを牽引。 5度のリーグ優勝と4度の日本一へと導く。又98年には、日本プロ野球選手会会長へ就任し、球界の向上に貢献。特に、04年の球界再編問題に対するストライキの決行は、球界史上初めての出来事として、多くの人々の記憶に残っている。06年には、選手兼任監督へ就任。07年、現役引退と同時に、監督も退任。
田中義剛
本当の喜びに 
田中義剛
タレント/酪農家/株式会社 花畑牧場 代表取締役
●主な講演テーマ
「夢を実現することとは~厳しさと喜び~」
“牧場を作るには、多額の資金が必要”である事実を知り、牧場開業のために芸能界入り。36歳、念願だった「花畑牧場」を開く。牧場を開いてから10年間は赤字経営だったが、 商品アイデアを生みだし、製品開発を行なう試行錯誤の日々を重ねた。 現在、「花畑牧場」の製品“生キャラメル”などは 北海道を代表するスイーツとなり、 日々生産が追いつかないほどの人気となっている。
高田延彦
「男」の中の「男」
高田延彦
元格闘家

●主な講演テーマ
「人生の壁の乗り越え方」
新日本プロレス、UWFインターナショナルを経て、PRIDEへ参戦。 プロレス人気、PRIDE人気を牽引し、格闘技人気の裾野を広げた。現役引退後も、道場の主宰、子供向け格闘技イベントを開催するなど、子供たちの精神と肉体の育成にも力を注いでいる。 講演会では、さまざまな分野に挑戦し続ける自らの体験をもとに講話し、 その力強い語り口は、聴講者から「勇気をもらった」「元気が出た」 と、毎回好評を博している。

益子直美
可能性への挑戦
益子直美
タレント/スポーツキャスター/元バレーボール女子日本代表選手
●おすすめ講演テーマ
「チャレンジ精神が私を変えた」
「下町のマコちゃん」と呼ばれ、高校バレー界にブームを巻き起こし、高校卒業後は、イトーヨーカ堂へ入社し、社会人チームで活躍。1990年には、イトーヨーカドー日本リーグ初優勝へエースとして貢献した。また、高校3年の秋からは、日本代表選手を務め、 世界選手権やワールドカップへ出場した。91年に現役引退後は、イトーヨーカドーアシスタントコーチを務めた後、退社。タレント、スポーツキャスターへ転身し、現在に至る。
     
柳本晶一
熱いメッセージを
柳本晶一
前 バレーボール全日本女子チーム監督

●おすすめ講演テーマ
「人生、負け勝ち」
現役時代は、全日本男子代表として、セッターとして活躍。選手兼監督も務め、1991年に現役引退。2003年、全日本女子チームの監督へ就任。低迷していた全日本女子チームをアテネ、北京の2つのオリンピックへ導き、 全日本女子バレー復活請負人とも呼ばれ、その手腕に注目が集まった。

古賀稔彦
決心することの大切さ
古賀稔彦
柔道家
●おすすめ講演テーマ
「人生の教科書」
92年のバルセロナ五輪では、大会直前の大ケガを背負いながらも金メダルを獲得、両手を広げ雄たけびを上げ、日本中の感動を呼んだ。その後`96年アトランタ五輪では銀メダルを獲得。00年4月に現役引退。04年のアテネ五輪では、金メダルを獲得した谷本歩実のコーチとしても脚光を浴び、愛弟子を称えた抱擁のシーンは感動を呼んだ。
松木安太郎
サッカー人生から
松木安太郎
サッカー解説者

●おすすめ講演テーマ
「夢・まっしぐら」
57年11月28日東京都中央区日本橋出身。小学4年で読売サッカークラブ入部、以降読売サッカークラブのみ所属。高校時代GKからDFにポジション変更、ユース代表に選ばれる。16才にして読売サッカークラブ・トップチーム(当時日本リーグ2部)に 最年少選手として登録され、トップレベルでのプレーを開始。

     
     

新成人へメッセージ~知っておいて欲しいこと

島田洋七
がばいばぁちゃん
島田洋七
タレント
●おすすめ講演テーマ
「コツコツの先には成功がある」
著書『佐賀のがばいばあちゃん』は、シリーズ650万部を超え、韓国版、台湾版など世界各国に広がりをみせている。自分の人生論や経験、おばあちゃんとの生活などを元に語る講演会はこれまで開催3500箇所を超える。
鳥越俊太郎
働くこととは
鳥越俊太郎
ニュースの職人
キャスター
●おすすめ講演テーマ
「組織人でも職人であれ」
毎日新聞社へ入社。社会部、外信部(テヘラン特派員)、サンデー毎日編集部勤務を経て、サンデー毎日編集長へ就任。毎日新聞社退社後、キャスターとして活躍。2005年に直腸がんを患い、手術を受ける。07年に肺への転移が見つかり、再手術を受けた。現在も、様々な活動を精力的に行っている。
アグネス・チャン
未来のために
アグネス・チャン
歌手
エッセイスト
教育学博士
●おすすめ講演テーマ
「みんな地球に生きるひと」
香港でのボランティア初体験、初来日時のカルチャーショック。そしてカナダ、アメリカでの留学体験を経て、歌手としてのスランプを乗り越え、日本ユニセフ協会大使として世界各地を駆けまわる現在。講演ではユ時にーモラスに、時には感動的に話します。
     
草野仁
ユーモアたっぷりに
草野仁
TVキャスター

●おすすめ講演テーマ
「いつもチャレンジ精神で」
東京大学を卒業後、NHKへ入社し、アナウンサーの道へ。1985年にNHK退社後は、「世界ふしぎ発見!」(TBS) の司会をはじめとし、フリーのTVキャスターとして活躍中。最近では、浅草キッドと共演している「草野☆キッド」(テレビ朝日)などのバラエティー番組にも出演し、強靭な肉体とユーモア溢れる一面を見せ、活動の場を広げている。その物腰の柔らかさ、知識の豊富さ、磨かれた話術で、人気。
家入一真
自分で道を拓く
家入一真
起業家/投資家/クリエイター

●主な講演テーマ
「自由に生きろ!新しい働き方の提案」
引きこもり、高校中退、父親の交通事故や自己破産による進学断念など壮絶な過去をもつ。やむを得ずデザイン会社に入社したのをきっかけに、ウェブサイトのデザインや開発に興味を抱き、 2001年には合資会社マダメ企画(現:株式会社paperboy&co.)を設立し、史上最年少でJASDAQに上場、一躍脚光を浴びる。講演では「自分らしく生きる」ことについて自身の体験から熱く語る。

藤原和博
今の時代の生き方
藤原和博
杉並区立和田中学校・元校長
●おすすめ講演テーマ
「ビミョーな時代をどう生きるか」
東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。2003年東京都で民間人初の公立中学校長(杉並区立和田中学校校長)となり、注目を集める。キャリア教育の本質を問う[よのなか]科が『ベネッセ賞』、新しい地域活性化手段として「和田中地域本部」が『博報賞』など注目を集めた。
池田香代子
世界が100人の村なら
池田香代子
ドイツ文学翻訳家 口承文芸研究家
●おすすめ講演テーマ
「100人の村 あなたもここに生きています」
2001年9月11日、アメリカで起こった大惨事。 それを機にアメリカがアフガニスタンに侵攻したことを受けて、 『世界がもし100人の村だったら』を出版し、人々の"平和を願う”意識を呼び起こし、ベストセラーとなる。その印税で「100人村基金」を立ち上げ、 NGOや日本国内の難民申請者の支援を行っている。
ピーター・フランクル
楽しい人生を送るため
ピーター・フランクル 数学者/大道芸人
●おすすめ講演テーマ
「人生を楽しくする方程式」
ハンガリーに生まれ。国際数学オリンピック金メダル受賞。 77年に、博士号取得し、翌年にはサーカス芸人国家試験合格。1979年、フランスへ亡命。その後、米国、英国、ドイツ、チェコなどで共同研究・講演。
1988年、日本に在住を始め、世界80カ国を渡り歩いて見えてきたことを講演。
太田哲也
挫折からの再生
太田哲也
自動車評論家
レーシング・ドライバー
●おすすめ講演テーマ
「これから未来を切り開く君へ」
「日本一のフェラーリ遣い」の異名を取った、元プロフェッショナルレーシングドライバー。1998年、全日本GT選手権で多重事故に巻き込まれ、瀕死の重傷を負う。23回の手術とリハビリを繰り返し、事故から2年半後にサーキットに復帰。「人生をもっと大切にしたい」、「もっと挑戦して生きていきたい」と思い、真剣に自分自身に向き合うきっかけとなる講演。

音楽で伝えるメッセージ

増田太郎
今の自分にできること
増田太郎
ミュージシャン
●おすすめ講演テーマ
「歩き出すのは自分次第」
20歳で直面した失明という現実を、障害や欠損として受け止めるのではなくそこから生まれる新たな可能性を見出した盲目のヴァイオリニストその生命力あふれる演奏を目にした人たちからは「ヴァイオリンのイメージが180度変わった」など、驚嘆の声がよせられている。
INSPi
ハーモニーが心に響く
INSPi
アカペラグループ
●おすすめ講演テーマ
「アカペラライブ」
1998年、大阪大学アカペラサークル内でグループ結成。2001年、フジテレビ系「力の限りゴーゴゴー!!」の「ハモネプ」コーナーへ出演。アカペラブームの代表的なグループとして、全国的に有名になる。6人の声で奏でるハーモニーは多くのリスナーの心を魅了している。 オリジナル楽曲の他、童謡、洋楽、邦楽カバー曲など、 幅広いジャンルでの演奏が可能。

 





 
        
※この他、多数の講師にご登録いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。
    >>講師検索で探す  >>講師提案サービス、相談サービスを利用する
 
 

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

TEL
MAIL