ご相談

講演依頼.com 新聞

中高生へのMSG ~壁を乗り越えた先に初めての景色が広がってる~

小林さやか(ビリギャル)

映画『ビリギャル』主人公

悩み多き青春時代を送る中高生に向けて、先輩たちからのメッセージを伝える本コンテンツ。

第7回は、坪田信貴著『学年ビリのギャルが一年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』の主人公のモデルになったビリギャルこと、小林さやかさんからのメッセージです。

学生時代の小林さんの夢とは

中学生・高校生時代にどのような職業に就くことを夢見ていましたか?
講演依頼.com
講演依頼.com
小林
小林
そんなのぜんっぜん考えてなかった。とにかくキラキラした世界にいきたい。それだけだった。もちろんこの頃からすでに夢や目標があったらそれは素晴らしいことだけど、ないことが悪いことじゃない。本当にワクワクできることにまだ出会えていないだけ。それに出会いに行くために、とにかく自分の世界を広げるために、慶應に行きたいと思ったし、名古屋を出たいと思った。それだけ!それでいい!!
それを実現するために取り組んでいたことはありますか?
講演依頼.com
講演依頼.com
小林
小林
必死で勉強した!!

今に活きている学生時代の経験とは

学生時代の経験で、今の仕事に活きていることがあれば教えてください。
講演依頼.com
講演依頼.com
小林
小林
すべて。

ギャルだった時代も、1日15時間勉強していた1年半も、慶応大学時代の4年間も、全て今につながってる。無意味なことなんてなにもない。そう思えない人は、考え方をちょっと変えるだけで人生またちょっと面白くなると思うよ。

学生時代に乗り越えた壁とは

学生時代に壁にぶつかったことはありますか?また、その際にどのように乗り越えましたか?
講演依頼.com
講演依頼.com
小林
小林
壁だらけ。
恋愛だって就活だって社会人としての生活のなかにも、壁だらけ。

でも私にとっては、壁がなにもないつまんない毎日のほうが地獄。壁があるからこそ、乗り越えた先にまた初めて見える景色が広がってる。それをもっと見たくて、今も挑戦し続けてるし、おばあちゃんになってもそうやって生きていたい。

学生時代に感銘や影響を受けた本

学生時代に読んで感銘や影響を受けた本があれば教えてください。
講演依頼.com
講演依頼.com
小林
小林
『14歳からの哲学』(池田晶子著)

恩師坪田信貴先生に受験中おすすめされて読んだ本。この本を読んだのはもう15年くらい前だけど、今でも鮮明に覚えている感覚があって「考えても考えても答えがわからない!」っていうもどかしさと、「でも、それでいいんだ」っていうなんだかスッキリした感じ。不思議だった。そう、それが哲学っていうんだよ、って著者の池田さんが優しく諭してくれている感じ。でも、その「考える」っていうことが、大切なんだよ、って。

『14歳からの哲学』(トランスビュー)

学生へのメッセージ

これから社会に出る学生に向けてメッセージを一言お願いします。
講演依頼.com
講演依頼.com
小林
小林
学校出たら勉強しなくていい、って勘違いしてる学生が多い。(私もそうだった)でも、残念ながらそれは間違い。学校出てからのほうが勉強しなくちゃいけない。

とくにあなたたちが社会人として生きていかなきゃいけない社会は、かつてないスピードで変化しアップデートされていく時代。お父さんやお母さんが新入社員だった頃と違って、教わったことをただそのまま真似てやってればお給料がもらえる、っていうお仕事は減ってきている。だから、大人こそアップデートし続けなきゃいけない。そのためには、勉強し続ける。

ただ、学生の時と違うのは、「暗記ではない」ということと「目的がより明確である」ということ。「部下に慕ってもらえるようになりたい」から、本屋さんに行って啓蒙書を買って読み漁る。これも勉強だし、いつか転職したい!起業したい!と思えば、必然とそこには「新しいことを学ぶ」という意味での勉強は不可欠。

私もいま32歳だけど、海外の大学院に進学して、教育を学びたいと思ってるの。だから毎日勉強してる。大人になってからの勉強って、楽しいよ。お互い楽しんで生きていこうね。

小林さやか(ビリギャル)

小林さやか(ビリギャル)

小林さやか(ビリギャル)こばやしさやか

映画『ビリギャル』主人公

1988年生まれ 愛知県出身 坪田信貴著『学年ビリのギャルが一年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』の主人公。高校2年の夏、母のすすめで行った塾の面談で恩師坪田信貴先生と出会い、慶応義塾大…

  • facebook

講演・セミナーの
ご相談は無料です。

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた
講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。
趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や
講師のイメージなど、
お決まりの範囲で構いませんので、
お気軽にご連絡ください。