No.18 三浦雄一郎 / 読む講演会 クローズアップパートナーNo.18 三浦雄一郎 /“読む講演会”クローズアップパートナー

これをやりたい、という夢の力が生きる力を作るんです No.18 プロスキーヤー 三浦雄一郎

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

ご相談はこちら

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

60歳、もうそろそろ引退しようと考えた

No.18 三浦雄一郎

1966年、富士山の直滑降が終わって、エベレスト、それから北極、南極、世界の7大陸へと命懸けの挑戦を続け、気が付いたら60歳。その頃、植村直己さんがマッキンレーで行方不明になり、山田昇さんもマッキンレーで遭難。加藤保男さんはエベレストに2度行って行方不明。長谷川恒男さん、小西政継さんと、当時日本が誇る世界的な登山家・冒険家が、次から次へと命を失っていました。僕は彼らよりも10年ぐらい年上で60歳でしたが、運良く生き延びてる。それで、もうそろそろ引退しようと思ったわけです。

メタボ、狭心症、500mの山に登れないショック

僕の生活のベースは北海道の札幌。

ビールは美味しい、焼肉はおいしい、ジンギスカンも食べ放題!引退を考えてからは、若い連中を集めてはよく飲んで食べて「1回の食事でステーキを1㎏ぐらい食べる」などと変な自慢をしていました。 その結果がメタボ。さらに、狭心症の発作がおき病院に行くとひどい状況で、この調子だと余命3年もないぞと脅されました。僕自身、発作を経験していつ死んでもおかしくはないとは思いながら、このままくたばるのもどうかな、と思いました。

ふと、周りをみると、90を超えた父が99歳でモンブランを目指している。2度のオリンピックに出場した息子(豪太)が現役選手でがんばっている。間にいる僕はいったいなんなのだ・・・そう情けなく思い、「それなら70歳でエベレストを目指そう!」と決意をしたわけです。

そこで、65歳になって山を登る足腰・体力、これがどれぐらい残ってるんだろう、と自宅近所にある500mの藻岩山試してみることにしました。緩い登山道です。幼稚園の生徒がキャーキャー言いながら登る。ところが、5分も登らないうちに息は切れ、脂汗が出て、足もつりそうになる。それでも頑張って這いずりながら、登りました。 そのとき思ったんです。もう65歳、この500mの山も登れなかった。でも、エベレストを登ろうじゃないか、と。

僕はもともと何処かおかしなところがあるんです。非常に無責任な楽天主義者といいますか。この癖がついてまして、なんとかなるじゃないかと。なんとかしていけよと。

足首に重りを付け、重い荷物を背負って生活

健康法には2種類あると思いました。ひとつは、健康を守りましょうという、守りによる健康法。もうひとつ、攻める健康法です。 守りの健康的なことはやってました。朝の散歩、ちょっとしたラジオ体操、ストレッチ、バランスの良い食事。でもこれだけではエベレストには登れない。

じゃあ、攻める考え方を持った健康法をやって、まずメタボをなくそうと。同時に足腰を鍛えて目標として、富士山を登れるようにしてみよう。そこで考えたのが、足首に重りを付けて生活してみることでした。アンクルウェイトです。足首にぐるりと巻く。1年目、1㎏ずつの重りを両足首に付けました。出かけるときには、10㎏ぐらいの荷物を背中に乗せました。散歩したり、旅行したり。1日、朝から晩まででもないですが、足に重りを付けて基本的な生活をする。

これをやって1年目に1㎏ずつ、2年目から片足3㎏ずつ、3年経って片足5㎏ずつにしたんですね。背中には10㎏です。そして70歳寸前になって、片足に10㎏ずつの重りを付け、背中に30㎏を背負いました。

そうしてついに、70歳、75歳 エベレストに登るだけの体力を再び手に入れたのです。

プロフィール

三浦雄一郎/ プロスキーヤー

1932年青森市に生まれる。1964年イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加、時速172.084キロの当時の世界新記録樹立。 1966年富士山直滑降。1970年エベレスト・サウスコル8,000m世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、その記録映画 [THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST] はアカデミー賞を受賞。1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年次男(豪太)とともにエベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7ヶ月)樹立。2008年、75歳2度目、2013年80歳にて3度目のエベレスト登頂世界最高年齢登頂記録更新を果たす。アドベンチャー・スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。 記録映画、写真集、著書多数。

クローズアップパートナー一覧へ戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

TOPに 戻る