ご相談は無料です。

TEL
MAIL

03-5422-9188 電話受付時間 月〜金 9:30〜18:00

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【講演拝聴レポート】
篭池哲哉さん リーダーシップ研修「リーダーの役割は『メンバーのやる気を高めること』」

 2007年12月13日、某大手メーカー系システム会社の課長職を対象とした研修が実施されました。テーマは、「課長(管理職)としてのリーダーシップ」。同社は多くのSEを抱えており、プロジェクトによっては、クライアントとその関連企業が共同で仕事を行います。ほとんどがチームで仕事をまわすので、「課長(管理職)としてのリーダーシップ」、または、「それをどう発揮していくことが、全体パフォーマンス向上へとつながるのか」を学び、よりよいチームのあり方やチームパフォーマンスを高めたいという要望でした。

 講演の冒頭、講師の篭池哲哉さんが口にした言葉は「この研修に参加した目的は何ですか?」というものでした。実は、これは、篭池さんの全ての研修・講演で聞かれる質問です。というのも、何かを始める時には、必ず目的を持って始めることが重要で、それを見失うと、進歩することも実現することも一向に出来なくなってしまいます。ですから、まず受講者に目的を持つことを各自に意識させ、おのずと研修への参加意欲を高める狙いがあるのです。

 さて、この研修の中で特徴的だったのが、講師オリジナルの2つのワークシートでした。

(1)自らが目指すリーダーシップ像の確認
(2)リーダーシップを効果的に発揮する相互支援ワーク

(1)ではまず、自分が理想とするリーダー像(歴史上の人物、スポーツ選手や実際の上司等)の中から共通項を見つけます。次に、自らの潜在意識にある「自身に欠けているもの(※)」を顕在化し、理想のリーダー像の項目と照らし合わせ、今後の方向性を認識します。 (※「自身に欠けているもの」=篭池さんオリジナル「魔法のシート」へ記入していくと、自然とそれが分かってくるから不思議です)

 また、(2)ではグループやペアに分かれて、「相互支援」の練習をします。これは、相手の困っていることや悩んでいることに対して、アドバイスを与えたり、その人のために自分が支援してあげられることを表明します。その時のポイントは、「相手をやる気にさせる」ことです。リーダーとして重要なのは、叱咤激励して、チームパフォーマンスを上げて、チーム全体を引っ張っていくことよりも、メンバーのためにリーダーの自分が何をしてあげられるかを伝えて、メンバーの「支援される安心感」と「仕事への意欲」、つまりは「やる気」を高めることなのです。チームのメンバーのやる気が高まれば、もちろん支援する側(リーダー)も「この人のために手伝ってあげたい」と感じ、お互いに良いサイクルが出来上がります。

 根性論や精神論でチームを引っ張るリーダーの時代は終わったと篭池さんは言います。リーダーとメンバーが互いに補完、支援し合う関係が、新しいリーダーシップであり、新しいチームのあり方なのだと感じました。

(2012年12月27日 / 発信:「講演依頼.com」 研修チーム)

>>実績レポート一覧に戻る

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。