ご相談は無料です。

TEL
MAIL

03-5422-9188 電話受付時間 月〜金 9:30〜18:00

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【研修トレンド通信035】
企業の“想い”を買う -強いメッセージが顧客の心を動かす!-

 先日、銀座に鳴り物入りでオープンしたスウェーデン発のファッション・ブランド「H&M」。
安価であるけれどファッショナブルという、女性にとっては夢のようなコンセプトを売りに大繁盛しているようです。毎日、オープン前から1000人(!)も行列をするそうで、その盛況ぶりがニュースなどでも伝えられています。

 「H&M」から出てきた人に何がよかったか、というインタビューをしてみると、下記のような事を答える人が多いように思います。
(1)「とにかく安い」
(2)「バリエーションが多い」
さらに、「H&M」への来店理由を聞くと、圧倒的に、「安くておしゃれなものを提供しているというコンセプトに魅かれたから」という答えが大部分を占めていました。「H&M」は、顧客に対する企業の思いを強烈にメッセージとして発信することにより、集客、ブランドイメージの確立に成功しているのだと感じます。

 同じスウェーデン発の家具店「イケア」でも、同じことが行われています。イケアでは<イケア流ホスピタリティ>として、商品の低価格の実現を高らかに謳っています(2008年7月15日「宣伝会議」より)。イケアでは、「より多くの人々に より快適な生活を」をコンセプトに掲げ、その企業の思いを伝えるべく、家具販売でありながら商品のピックアップをセルフサービスにする、カタログでもムダを省き企業メッセージが伝わるようにするなど、チャレンジと思える戦略にも積極的に取り組みました。顧客は商品のよさはもとより、そうした企業の姿勢も購買の際のひとつの選択基準としているのです。

 今、日本の小売業は不振といわれています。このスウェーデン企業の「強いメッセージを持つ企業」に百貨店が勝ち抜いていくには、自分たちが顧客の為に何をしていきたいのかという意思表示を明確にしていくべきではないでしょうか。

(2008年9月30日 / 発信:「講演依頼.com」 研修チーム )

講演依頼.comおすすめの研修講師

低迷する小売業界に力を! ブランディング強化の研修におすすめ!
市橋 和彦(株式会社ブリッジマン 代表取締役社長)
<主なテーマ>
「勝てるブランド戦略の発想」、「勝つためのマーケティング発想」など

>>コラム一覧に戻る

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。