ご相談は無料です。

TEL
MAIL

03-5422-9188 電話受付時間 月〜金 9:30〜18:00

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【研修トレンド通信029】
人材の「付加価値」を高め、他社との差別化を!

 さまざまな原料の高騰が続く中、各業界は「原料の値段は上がるのに、販売価格は上げられない」という状況に苦しんでいます。そんな中で救世主のごとく浮上したキーワード。それは、「付加価値」です。原料が上がったため、販売価格も上げましたでは物は売れない世の中です。これまでと同じように、また更に売っていくためには、商品の“付加価値”を今まで以上に高めてお客様に納得していただかなければなりません。

 これは商品にだけいえることではありません。企業の社員にも同じことが言えると思うのです。社員もその企業の立派な商品。社員の付加価値が上がれば、自ずと商品も売れていきます。

 では、社員の付加価値とはなんでしょうか?それは「限定」ということではないかと思います。「あなただから」、「この会社だから」ということで他との差別化を図り、自分を選んでもらう。お客様に、「ここでしか買えない」、「あなたからしか買わない」と思わせること。それが限定であり、付加価値です。付加価値はそれぞれ違いますし、もちろん違ってよいのです。他とは違う付加価値をつけられるからこそ、限定感を煽り商品が売れるのです。

 値段を上げることが決して良いことだとはいえません。しかしその一方で、値段を据え置きしてぎりぎりの商売をするのも得策だとはいえません。値上げをしなくても良いような工夫をすることも「付加価値」ですし、上がった値段の分だけサービスし、お客様に今まで以上の満足をして納得をして買っていただくのも「付加価値」ではないでしょうか。どちらの方法を選んだとしても、売れない時代にものを売るには「付加価値」をどこにつけていくかという戦略が重要だということは、紛れもない真実でしょう。

 「講演依頼.com」では、商品を販売する”人“に付加価値をつけるための研修をさまざまな角度からご紹介しております。記録的な販売数を誇った『カリスマ販売員』が指導する<売るための自分磨きトレーニング>も人気です。御社の付加価値を上げるために、弊社の人材研修がお手伝いをさせて頂きます。

(2008年8月 / 発信:「講演依頼.com」 研修チーム)

講演依頼.comおすすめの研修講師

圧倒的な営業力で日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた営業ウーマン
和田裕美(元世界No.2セールス・営業コンサルタント)
<おすすめテーマ>「ファンをつくり、与えて成功する営業の秘密」

>>コラム一覧に戻る

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。