ご相談は無料です。

TEL
MAIL

03-5422-9188 電話受付時間 月〜金 9:30〜18:00

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【研修トレンド通信009】
営業が足りない?!無理なく即戦力社員を集める方法

 先週は、春一番が吹いたかと思えば、翌日には冷たい強風が吹き、季節があっという間に冬に後戻りをしてしまいましたね。
しかし、就職戦線は依然、熱くヒートアップしているようです。

 新卒採用が売り手市場の様相にある中、一つの傾向が見えてきたようです。それは、「営業が足りない」。
もちろん、新卒は採っているわけですから、これから育てるべき人材はいるわけです。しかし、優秀な人材を採用したといっても、つい昨日までは学生ですから、すぐに現場に出せるわけではありません。大量採用をしなければならないほど業務が拡大しているにも関わらず、即戦力になる営業がいない。これではせっかくのビジネスチャンスを逃してしまいます。それなら、中途採用を行えばいいのか。しかし、中途採用の応募をしても企業が欲しい層の人材は圧倒的に人数が少なく、他企業と取り合いになってしまい、やはり希望の人数が確保できない、と悩みは尽きません。

 そこである人材派遣会社は、フリーターを自社のノウハウで徹底的に研修し、即戦力でも対応できるレベルまで高めた上で企業へ紹介するという「即戦力営業」を作り出すことをひとつのビジネスとして確立しました。

 一時期より減ったとはいえ、まだ「フリーター」という肩書きを名乗る人たちはたくさんいます。そうした人たちの意識も、現在の就職市場の現状を目の当たりにして変わってきています。好きなことを好きなときに、というよりは、就職できるものならば正社員として就職したい、というように、確実に変化をしてきているようです(きっと、年金問題や格差社会などシビアな現実に直面し、世の中の流れが、フリーターを続けるには明らかに不利な状況になってきているということを、彼ら自身も肌で感じているのではないでしょうか)。

 企業側としても、フリーターという人材には注目をしていたものの、社会人経験がないから、というところで採用に二の足を踏んでいる状況も多くあったはずです。それが、採用した時点で既に教育がされており、あとは自社の事情を飲み込んでもらうだけということであれば、こんなに安心で効率的なことはありません。

 今後も需要は伸びていくでしょう。 しかし、そうした人材にばかり期待をしてはいけません。現社員もしっかり研修をして、バリバリ働いてもらわなければなりませんよね!「講演依頼.com」では、あらゆる状況や職種に対応した研修講師をご紹介可能です。「内からも外からも」営業を強化していただきたいと思います。

(2008年2月26日 / 発信:「講演依頼.com」 研修チーム)

>>コラム一覧に戻る

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。