講演会・講師の講演依頼.com武田双雲×井上萬二×八芳園 希望展レポート「想いをつなぐ」準備編

武田双雲×井上萬二×八芳園「希望展」

イベントレポート「想いをつなぐ」

想いのベクトルをつなぎあわせる

希望展写真

希望展写真

希望展写真

希望展写真

希望展写真

希望展写真

希望展写真

希望展写真

希望展写真

井上萬二窯とのご縁と想い

井上萬二さんのお孫様であり、陶芸家を志した祐希さんとは、同じ佐賀・有田に生まれ、小学校・中学校・高校と同じ学校に通った二つ下の後輩に当たります。2014年3月、某百貨店で「人間国宝・井上萬二氏、康徳氏、祐希氏の三代展」を拝見させて頂いた際、白磁の素晴らしさ、萬二さん、康徳さん、祐希さんの親子三代で一つのものを継承していく素晴らしさに感動しました。そして若くして祐希さんが将来の有田を担う陶芸家を志したことを単純にカッコイイと思い、彼の作品も好きになりました。それから有田焼が2016年に創業400年を迎えることになり、私だからこそできる地元への恩返しはこのコラボレーションだと確信し、勇気を振り絞って有田焼の代表格である井上萬二さんに祐希さんを通して話を持ち掛けました。

武田双雲氏とのご縁と想い

2014年3月頃は、武田双雲さんとの講演のお仕事をしている時期でした。武田さんとは2013年に偶然、お仕事を通してお会いさせて頂き、「自分に正直に、楽しく生きる」「感性・感謝・感動」を活動基盤に置き、日本文化の発信する」という彼の考え・活動にリスペクトしたことと、書作品を拝見して、鳥肌が立ったことを覚えています。書道教室にも通わせて頂けるようになり、書道だけでなく人生の師匠という存在になりました。そして武田双雲さんとともに、カッコイイ日本文化を世の中に広めていきたいと思いました。

八芳園とのご縁と想い

2014年1月には八芳園で結婚式をさせて頂きました。有田という伝統と歴史のある町で生まれ育った私は、八芳園のような和の魅力溢れる場所に一目ぼれをしてしまいました。そして何よりスタッフさんのおもてなし溢れる対応に感激し、お仕事も一緒にできればと願っていた中、何度か講演のお仕事をさせていただいた経緯があります。また、ビジョンとして「日本人にはこころのふるさとを。海外の方には日本の文化を。」を掲げられていて、それに基づいたハイクオリティーなイベントを繰り広げられていることに感動し、今回のコラボイベントの主催者になっていただけないかという相談をさせていただきました。

この三者とのエピソードから生まれるそれぞれに対する想いのベクトルが、タイミング良く結ばれていき、自然発生的に物事が進みました。

2015年2月には有田で作品の制作に取り掛かりました。最初は萬二さんのみのコラボ予定でしたが、子の康徳さん、孫の祐希さんにもご協力いただき、三代の作品に書が入りました。

因みに、書いた文字は予め決めていたものでなく、制作当日に双雲さんが即興で書いた文字です。試し書きもなく一発勝負で、独特な緊張感の中で書が入りました。

株式会社ペルソン 土橋昇平

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

TEL
MAIL