講演会・講師の講演依頼.com「教育現場に届けたい」教育機関向け講演会実績レポート鈴木徹

 
  教育現場へ届けたい
教育現場へ届けたい
※ 講演お問合せは講師名をクリックし講師プロフィールページ内、
「候補に入れる」ボタンをクリックし、入力フォームに連絡先等をご記入後、
ご送信頂けますようお願い致します。追って担当者が連絡致します。

教育機関向け講演会実績レポート
     
 
鈴木徹
鈴木徹
(走り高跳び
プロ選手)
  講師名 鈴木徹
  講演テーマ

「片足切断からの復活」

  主催 : 三鷹市立第六中学校
  聴講対象者 : 中学生、小学6年生
  聴講人数 : 600人
  実施日 :2009年1月8日(木)
   

  背景
 

年々、子どもたちの体力や運動能力が低下傾向にあります。一つの理由として子どもの運動する機会の減少が挙げられます。昔に比べて子どもの環境が大きく変わり、子どもが外で遊んでいる姿をほとんど見かけなくなってきました。
三鷹市立第六中学校は、そのような現状のなかで生徒の心と体の健康づくりを目指して、学校体育や社会体育の充実に向けて取り組まれています。今回は、生徒が運動やスポーツに親しみ、オリンピックなどスポーツ大会の意味や素晴らしさを理解することを目的として、世界を舞台に活躍されるトップアスリートをお招きして講演会を実施されました。

   
  講演レポート

高校卒業直前、自らの交通事故で右足膝下11cmを残して切断され、
義足での生活が始まったという鈴木さん。

その時には、大きな挫折と絶望を感じたとのことですが、
リハビリの一環で始めた走り高跳びを
持ち前のポジティブ思考と周囲の励ましから、
義足の走り高跳び選手を目指されました。
そして、人並みはずれた努力によって、
わずか1年でシドニーパラリンピックに出場されました。

このような、実際に苦境を乗り越えてこられてきたご体験談から、
「1日1日を大切に生きること」、「夢を持つこと」、
「自分を好きになること」や「前向きに考えること」など、
力強いメッセージを伝えてくださいました。

鈴木徹講演会実績レポート


また、お話だけではなく、鈴木さんが普段の走り高跳びの練習前に行う
ウォーミングアップを披露して頂くなど、
生徒を飽きさせないような工夫も織り交ぜてくださり、
途中、大きな歓声が沸きあがりました。

講演終了後、生徒と児童が会場から退場する際にも、
鈴木さんが今までに獲得されたメダルや、
実際に使用されている義足に触れさせて頂ける機会を設けて頂き、
生徒は、より身近な存在として、
鈴木さんを感じることができたようです。


現在もなお、走り高跳び選手として3大会連続のパラリンピック出場を果たすなど、
目覚ましい活躍をされている鈴木さんのご講演は、大変説得力があり、
「自分の可能性を諦めないことの大切さ」を実感することのできる講演会です。


鈴木徹講演会風景写真
 
 
※この他、多数の講師にご登録いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。   ( >>講師検索で探す  >>講師提案サービス、相談サービスを利用する  )

 

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

TEL
MAIL