ページトップ
講演会・講師の講演依頼.com 特集一覧 イクメン・カジメン

特集 イクメン・カジメン

育児に積極的な男性(MEN)=「イクメン」を世に広めるため、
厚生労働省は「イクメンプロジェクト」を始動。
また、男性の育児休暇を取得しやすくするため、育児・介護休業法も改正されました。
イクメン・カジメンの普及は家族のあり方を変え、社会全体を豊かにすると、今注目を集めています。
本ページでは、男性の積極的な育児、家事を応援する講師の方々をご紹介致します。

■イクメン・カジメン特集の講師紹介■

※各講師への講演会のお問い合わせは、講師詳細プロフィールにある「お問い合わせ候補に入れる」ボタンをクリック後、入力フォームに連絡先等をご記入ください。追って担当者がご連絡いたします。また、お電話でのご連絡もお待ちしております。

この人に注目!安藤哲也氏(特定非営利活動法人ファザーリング・ジャパン副代表)
イクメン・カジメン 講師 安藤哲也
会社員を勤める一方、父親の子育て支援・自立支援事業を展開するNPO法人を立ち上げる。プライベートでは、娘、息子2人の子育ても積極的に行っており、子供の通う公立小学校のPTA会長も務める。2003年から、「パパ's 絵本プロジェクト」のメンバーとして、全国の書店、図書館、保育園、自治体等で<パパの出張絵本おはなし会>を開催している。「Fathering=父親であることを楽しもう」という思いのもとにした、男性の育児スタイルや働き方についての講演会が好評である。厚生労働省主管の「イクメンプロジェクト推進チーム」のメンバーでもある。

イクメン・カジメン講演会講師紹介

イクメンを推進する専門家ならこの人!

イクメン・カジメン 講師 駒崎弘樹

保育問題を解決!

駒崎弘樹

NPO法人フローレンス
代表理事

●講演テーマ

「日本を変えるワーク・ライフバランス」

学生ITベンチャーを立ち上げ、経営者として活躍。一方で、母親の知人が「子どもの発熱」のため仕事を休み、それが理由で会社から解雇されてしまったという、病時保育の現実を知る。「地域の力によって病児保育問題を解決し、育児と仕事を両立するのが当然の社会をつくれまいか」と考え、ITベンチャーを退社。2004年にNPO法人フローレンスを立ち上げる。「イクメンプロジェクト推進チーム」のメンバー。

イクメン・カジメン 講師 小室淑恵

男性の育児休業

小室淑恵

株式会社
ワークライフバランス
代表取締役社長

●講演テーマ

「あなたが輝く働きかた
~秘訣はワーク・ライフバランス~」

600社以上のコンサルティング経験を持ち、日本企業の風土にあった、ワーク・ライフバランス施策導入提案が好評を得ている。2004年日経ウーマン・オブ・ザ・イヤーを受賞。内閣府男女共同参画会議の委員も務める。充実したワーク&ライフを過ごす活動的な女性として多くの人から支持を得ている。「イクメンプロジェクト推進チーム」のメンバー。

イクメン・カジメン 講師 蟹瀬誠一

男女共同参画社会

蟹瀬誠一

国際ジャーナリスト

●講演テーマ

「<共育て>で男女共同参画をはじめよう」

米AP通信社記者、仏AFP通信社記者、米『TIME』誌特派員を経て、TBS『報道特集』キャスターとして日本のテレビ報道界に転身。多くのキャスター・レギュラーコメンテーターを務める傍ら、カンボジアに小学校を建設するボランティア活動や環境NPO理事としても活躍。講演では、経済だけでなく、1男1女の父として取り組んできた子育て、周りの環境の影響等、国際ジャーナリストならではの視点でお話する。

子育て・育児 講師 清水克彦

父親力!!

清水克彦

文化放送プロデューサー

●講演テーマ

「父親力で子どもは伸びる!」」

文化放送の名物プロデューサーにして大学の講師を務める教育ジャーナリスト。独自の取材と論点で豊富な実例とユーモアを交えながら、「ゆとり教育」導入以降の家庭教育のあり方を熱く語る。子育てから政治、自分を生まれ変わらせる方法まで、聴講者を納得させる講話が特長。著書『頭のいい子が育つパパの習慣』がベストセラーに。教育機関や自治体主催の教育講演での実績も豊富。

イクメン・カジメン 講師 新田龍

妻のキャリアを応援

新田龍

キャリア教育プロデューサー/作家/大学講師

●講演テーマ

「イクメン・カジダンのススメ」

数多くの「就職ミスマッチ」に悩むビジネスパーソンと向き合ったことをきっかけに、キャリア教育に使命を見出す。「妻のキャリアを応援して、育児もしたい!」という思いから独立。現在は、教育機関向けのキャリア教育や企業向けに採用コンサルティングを行う。厚生労働省のイクメンプロジェクトで「イクメンの星」として紹介される。実際の育児・家事の経験からその素晴らしさを伝える。

イクメン・カジメン 講師 おおたとしまさ

子育てスイッチオン!

吉田大樹

元・労働調査会発行
「労働基準広報」記者

●講演テーマ

「パパの子育てスイッチオン!~パパが子育てを楽しむコツ」

大学卒業後、労働調査会発行誌の記者として、 ワーク・ライフ・バランスや産業保健の問題を取材し、働き方や生き方の変革を訴えてきた。働きながら、3児のシングルパパとして子育てに奮闘中。 講演では働き方や生き方の変革を訴える政策提言を得意分野とするほか、 自身の経験をもとに子育ての楽しさや難しさ、ワークライフバランスについて語る。


イクメン・カジメン講演会講師紹介

子育てを楽しむイクメン!

イクメン・カジメン 講師 照英

子どもと遊ぼう!

照英

タレント

●講演テーマ

「照英流・子育てパパへのエール」

学生時代、やり投げで全国区の選手として活躍。大学卒業後、その恵まれたスタイルを活かしてファッションモデルとして活躍。その後、テレビにフィールドを拡げ、タレント・俳優としてさまざまな番組に出演。高い身体能力と明るく屈託のないキャラクターで、お茶の間の人気を集める。私生活では2人の子ども(一男一女)のパパとして子育てにも奮闘中。等身大の子育て論が視聴者の共感を呼んでいる。

イクメン・カジメン 講師 高田延彦

精神と肉体の育成

高田延彦

元格闘家/高田道場代表

●講演テーマ

「父として夫として」

1980年、新日本プロレス入門、翌年デビュー。新日本プロレス、UWFインターナショナルを経て、PRIDEへ参戦。プロレス人気、PRIDE人気を牽引し、格闘技人気の裾野を広げた。現役引退後も、道場の主宰、子供向け格闘技イベントを開催するなど、格闘技を通じた子供たちの精神と肉体の育成にも力を注いでいる。力強い言葉で語られる内容は、聴講者から元気が出たと好評を得ている。

イクメン・カジメン 講師 金子貴俊

日常のささいな幸せ

金子貴俊

俳優/タレント/
画家/写心家

●講演テーマ

子育て・料理などをテーマにしたトークショー

代表作となる映画「ウォーターボーイズ」へ出演し、注目を浴びる。その後、映画、ドラマ、舞台、バラエティー番組等幅広くメディアで活躍。2005年からは、写真集や絵画個展を手がけるなど、アーティストとしても精力的に活動を行っている。2008年に長男が誕生し、1児の父となる。妊娠中の奥さんを支えてきた「タカパパ・マジック」や現在奮闘中の子育て・家事について語る。

イクメン・カジメン 講師 西野努

仕事と家庭のバランス

西野努

株式会社オプト・スポーツ・インターナショナル
代表取締役

●講演テーマ

「父親として子供への接し方」

プロの選手として浦和レッズへ加入。9シーズンプレーした後、イギリスへ留学し、MBAを取得。ヨーロッパ各国で人々のライフスタイルを知り、日本人が持つ人生の価値観について疑問をもつ。帰国後、1年間の育児期間を経て、会社を設立。現在も3人の子どもを育てながら、子育ての環境について数々の疑問や不安・危機感を持ち、スポーツを通じた幼児・子供の育成事業を興し、運営している。

イクメン・カジメン 講師 清水国明

自然の中で成長する

清水国明

タレント

●講演テーマ

「生きるチカラ養成講座」

フォークデュオ「あのねのね」としてデビュー。芸能界きってのアウトドア派として知られ、子ども達の生きる力を育むための自然体験イベント等を積極的に実施。2005年にはアウトドアパーク「森と湖の楽園」を河口湖に開園。現在も自ら運営に関わっている。自然と共に生きる自身の経験から、充実したセカンドライフの提案や子育て、地球環境を考える講演・執筆活動を精力的に行っている。

イクメン・カジメン 講師 マイク眞木

家族は総勢12名

マイク眞木

歌手/俳優

●講演テーマ

「Maki流よもやま話」

デビュー曲「バラが咲いた」が大ヒット。ギターだけでなく、バンジョー、マンドリン、チェロなど8種類以上の楽器を演奏。趣味の釣りでは、海・川を問わず最近の大物は2キロの「ヒラメ」。また、特技のスキーに関してはインストラクターの資格をもっているほど。自然を愛し、あらゆる分野においてポジティブに活動をしている。現在は、俳優・歌手としてメディアで活躍中。


イクメン・カジメン講演会講師紹介

家事にも積極的に参加!注目のカジメン!

イクメン・カジメン 講師 コウケンテツ

新米パパの奮闘中!

コウケンテツ

料理研究家

●講演テーマ

「キッチンからはじまる家族の絆」

料理研究家である母・李映林主催のeirin’s kitchenにてアシスタントを経験後、2006年に独立。韓国料理を中心に、素材の味を生かしたヘルシーなメニューに定評がある。1児のパパでもあり、料理の他、家事なども行う。現在は、雑誌や本、テレビ、ネットコンテンツ、イベントなど多方面で活躍中。講演会では、自身の経験をもとに、家庭での食のあり方、食を通してのコミュニケーションについて語る。

イクメン・カジメン 講師 杉浦太陽

家庭生活のサポートも

杉浦太陽

タレント/俳優

●講演テーマ

子育て・料理などをテーマにしたトークショー

「おそるべしっっ!!音無可憐さん」でデビュー。以後、テレビ、映画、舞台を中心に活躍。「ウルトラマンコスモス」の主演で注目を集める。2007年に現役アイドルの辻希美と結婚し、長女が誕生。等身大で育児に取り組んでいる。また、妻の芸能界復帰に伴い、家庭生活のサポートも積極的に行う。現在実践中の子育てについて語る。メディアでも見られる温かい人柄を直に感じられ、好評である。

イクメン・カジメン 講師 佐藤達夫

男性の家庭内自立

佐藤達夫

食生活ジャーナリスト

●講演テーマ

「男の家事が社会を変える」

北海道大学水産学部卒業後、女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。食生活ジャーナリストとして「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。


※この他、掲載、非掲載問わず、多数の講師のご紹介が可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。ご相談は無料です。
( >>講師検索で探す >>講師提案サービス、相談サービスを利用する )

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

TEL
MAIL