週間お問い合わせランキング

2018年10月08日~2018年10月14日調べ

週間お問い合わせ人気講師ランキング

週間お問い合わせランキング

お問い合わせの多い人気講師をタイムリーにご紹介!!講演依頼.comでは毎週、最新のお問い合わせランキングを掲載しています。人気のある講師はスケジュールが早く埋まってしまいますので、講演をお考えのご担当者様はお早めにお問い合わせ下さい!

1

岸博幸

ジャンル
政治・経済・経済, 政治・経済・政治, 政治・経済・金融, 政治・経済・国際情勢, ビジネス・経営論 
現職
慶應義塾大学大学院教授, エイベックス株式会社顧問 
主な講演テーマ
  • ・日本経済のゆくえ~世の中の流れ~ どうなる日本!?
  • ・地域活性化の鍵~自身で考え創造・行動せよ~
  • ・これからのビジネスを取り巻く経済動向とIT戦略
  • ・どうなる!?今後の日本と就職活動
  •  

1962年9月1日生まれ。東京都出身。一橋大学経済学部卒業後、通商産業省(現・経済産業省)入省。通産省在籍時にコロンビア大学経営大学院に留学し、MBA取得。資源エネルギー庁長官官房国際資源課等を経て、2001年、第1次小泉純一郎内閣の経済財政政策担当大臣だった竹中平蔵氏の大臣補佐官に就任。その後、江田憲司衆院議員や元財務官僚の高橋洋一氏らと共に「官僚国家日本を変える元官僚の会(脱藩官僚の会)」を設立。以降、「脱藩官僚」としてテレビや雑誌でも活躍。講演では地域再生をはじめ、政治経済についての話をわかりやすく語る。おもしろく誰にでも理解できるような解説が好評である。

2

百田尚樹

ジャンル
芸能・作家・漫画家, 芸能・映画, 人生・夢, モチベーション・情熱, モチベーション・挑戦 
現職
小説作家, 放送作家, ミリオンヒット作『永遠の0』の著者 
主な講演テーマ
  • ・50歳からの小説家デビュー ~いくつになっても楽しく~
  •  

大学時代は恋愛バラエティ「ラブアタック」(朝日放送)に出演。同大学中退後は放送作家となり、「探偵ナイトスクープ」(朝日放送)などの番組構成を担当した。また、放送作家となった後もテレビ出演は継続。「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)では「怒れるオッサン大賞」を受賞している。 近年では小説家としての成功も掴んでおり、ミリオンヒットとなった『永遠の0』や映画化された『ボックス!』など、ヒット作を連発している。講演では「50歳からの小説家デビュー~いくつになっても楽しく~」をテーマとし、人生の折り返し地点を過ぎた層に向けてポジティブなメッセージを送っている。

3

上念司

ジャンル
政治・経済・経済, 政治・経済・金融, 政治・経済・政治 
現職
経済評論家 
主な講演テーマ
  • ・どうなる日本!!~上念司が見るニュースのうそ本当~
  •  

1969年東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業(在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属)。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年より、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任。現在は代表取締役。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。リフレ派の論客として経済政策、外交防衛政策など著書多数。テレビ、ラジオなどでも活躍中。

4

千原せいじ

ジャンル
芸能・お笑い・ものまね, 人生・夢, 人生・経験・体験談, モチベーション・挑戦, モチベーション・行動力 
現職
お笑い芸人 
主な講演テーマ
  • ・コミュニケーションは取ったもん勝ち!
  • ・世界から見た日本~幸せに生きることが保証されている日本人~
  •  

1970年1月25日生まれ。 趣味は釣り、ゲーム、旅行など多岐にわたる。 「千原せいじのKid's World」「世界の村で発見!こんなところに日本人」などのレギュラー番組を抱えている。毎月千原兄弟でのトークライブ「チハラトーク」を草月ホールにて開催中。

5

田村潤

ジャンル
ビジネス・経営論, ビジネス・マネージメント, ビジネス・ リーダーシップ, ビジネス・営業, ビジネス・社内活性化 
現職
元キリンビール株式会社 代表取締役副社長, 100年プランニング代表 
主な講演テーマ
  • ・キリンビール高知支店の奇跡
  • ・理念とビジョンによる行動変革~キリンビール高知支店V字回復に学ぶ勝つための法則~
  •  

1950年東京生まれ。キリンビール入社後、岡山工場労務課に配属。その後、本社人事、労務部門を経て、1995年、高知支店長に就任。 当時、同社内でも最下位ランクの業績だった高知支店において、企業理念の浸透、それに基づいた行動スタイルの改革を行い、支店長就任6年後、県内トップシェアを奪回、V字回復させた。その後、四国、東海地区の営業本部長としてそれぞれの地域のシェアを反転させ、本社代表取締役副社長、営業本部長に就任。高知、四国、東海で学んだ「勝ち方」を全国で展開し、2009年、ついに全国でのキリンビールシェア首位奪回を果たした。 現在は、100年プランニング代表として、企業等での講演活動を積極的に行っている。講演では、キリンビールV字回復の経験から、主体的に動ける組織をつくるために求められる、勝つための考え方、心の置き場、営業マンに求められる実行する力等について伝える。

6

金子稚子

ジャンル
人生・家族, 人生・老後, 人生・命, ライフスタイル・健康・医学, ライフスタイル・終活・相続 
現職
終活ジャーナリスト, ライフ・ターミナルネットワーク代表 
主な講演テーマ
  • ・『い(生・逝)きかた』は、自分で決める〜私たちが行うACP〜
  • ・家で死ぬ、ということ〜家での看取りは怖くない〜
  • ・アクティブ・エンディング〜大人の『終活』新作法〜
  • ・40代から始めるアクティブ・エンディング〜40代からの実践的『終活』とは〜
  • ・死ぬことと、生きることは同じ
  • ・死って、悲しいだけなの?〜悲しみを力に変える〜
  • ・人は死別が辛いだけではありません。〜死に関わる専門家に伝えたいこと〜
  • ・自分の最期、どうしたい?~カードゲームで楽しみながら考えよう!~
  •  

雑誌・書籍の編集者や広告制作ディレクターとしての経験を生かし、誰もが必ずいつかは迎える「その時」のために、情報提供と心のサポートを行うほか、医療から墓、供養、さらには遺族ケアに至るまで、死の前後に関わるさまざまな事象や取り組み、産業などを精力的に取材。多死社会を目前に控える今、起こるであろう問題について警鐘を鳴らし、情報発信や提言を行っている。また、死別経験者として、当事者の話でありながら、単なる体験談にとどまらない人生の最終段階から臨終、さらに死後・死別後のことまでも分析的に捉えた冷静な語り口は、医療関係者、宗教関係者からも高い評価を得て、各学会や研修会にも講師として登壇。さらに、生命保険等の金融関係、葬儀関係、医療・福祉関係、医薬品などの各種団体・企業に向けてだけでなく、行政、一般向けにも研修や講演活動を行う。人々の死の捉え直しに力を入れ、真の“終活”、すなわちアクティブ・エンディングを提唱。多岐に渡るさまざまな情報提供とともに、私たち自身が自分で「いきかた」を決める必要性を訴えている。 夫は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄。 一般社団法人日本医療コーディネーター協会顧問 医療法人社団ユメイン野崎クリニック顧問 厚生労働省「人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会」構成員

7

モーリーロバートソン

ジャンル
政治・経済・国際情勢, 文化・教養・世界文化, 文化・教養・社会・若者, 教育・多様性(LGBT・発達障がい等), 教育・学力向上・受験 
現職
国際ジャーナリスト, ミュージシャン, コメンテーター 
主な講演テーマ
  • ・今、世界で日本で何がおきているのか? 〜メディアでは伝えきれない本当のこと〜
  •  

国際ジャーナリスト、ミュージシャン、コメンテーター、DJといった多岐な分野で活躍。日米双方の教育を受け、1981年に東京大学とハーバード大学に同時合格する。日本語で受験したアメリカ人としてはおそらく初めての合格者。東大、ハーバード大学に加え、MIT、スタンフォード大学、UCバークレー、プリンストン大学、エール大学にも同時合格。東京大学を1学期で退学し、ハーバード大学に入学。電子音楽とアニメーションを専攻。アナログ・シンセサイザーの世界的な権威に師事。1988年にハーバード大学を卒業。2001年「情熱大陸」でフィーチャー。2005年ポッドキャストのパイオニアとなり、ネットでラジオ番組「i-morley」を配信。ニフティ社から「Podcasting Award」を受賞。 現在、NHK総合「所さん大変ですよ!」日本テレビ「スッキリ」等の番組にレギュラー出演するなど、各種メディアでも活躍中。

8

小柳ルミ子

ジャンル
芸能・俳優・声優, 芸能・音楽 
現職
女優, 歌手 
主な講演テーマ
  • ・【トークショー】 小柳ルミ子のトークショー~いつまでも若々しくキレイでいること~
  •  

宝塚音楽学校を首席で卒業後、NHK連続デレビ小説「虹」で女優としてデビュー。1971年、「わたしの城下町」で歌手デビュー、160万枚の大ヒットを記録し日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞する。以降「お祭りの夜」「瀬戸の花嫁」(日本歌謡大賞受賞)など、いずれも50万枚以上のセールスを記録し、70年代を代表するアイドルとして活躍する。また、映画「白蛇抄」で演技が評価され日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。現在は女優として、歌手としてメディアで活躍する他、コンサート・ディナーショーを全国で展開している。

9

三宅諒

ジャンル
スポーツ・オリンピック, 人生・夢, 人生・経験・体験談, モチベーション・挑戦, モチベーション・情熱 
現職
ロンドンオリンピック 男子フェンシング フルーレ団体 銀メダリスト 
主な講演テーマ
  • ・1年でオリンピックは目指せる
  • ・勉強は未来の防御力
  • ・アスリートから学ぶ「役割力」と「ミーティング力」
  •  

ロンドン五輪男子フルーレ団体銀メダリスト。幼少の頃よりフェンシングを始める。小学校6年の時には全国大会で優勝。2007年、慶應義塾高等学校在学中に世界ジュニア・カデ選手権(U-17)で優勝し、日本人初の世界選手権覇者となる。2009年慶応大学に進学し、10年よりナショナルチームの一員として世界を転戦。同年世界選手権フルーレ団体で銅メダルを獲得。2012年には、団体(太田雄貴、千田健太、淡路卓、三宅諒)で準優勝し、銀メダルを獲得した。2013年には、全日本選手権、アジア選手権にて個人銀メダルを獲得。2014年アジア大会の団体戦において五連覇を狙う中国を接戦で下し金メダルを獲得した。

10

金原亭世之介

ジャンル
芸能・漫才・落語, 研修・コミュニケーション, ビジネス・営業, ライフスタイル・趣味 
現職
落語家・落語協会 真打ち 
主な講演テーマ
  • ・なんで挨拶しなきゃいけないんですか~ 言葉のパワー
  • ・企業コミュニケーションのコツ すべてに通用するコミュニケーション術 即戦力の話力を簡単に身につける
  • ・今だから必要な落語家の修行内容
  • ・小学生のための学校寄席
  •  

落語家生30年の(社)落語協会真打ち。うなぎのファストフードショップを考案。 会社を設立し、社長として成功させた経歴を持つ。 特技は、作詞、作曲、イラスト、俳句、マジック。 日本舞踊「浅茅流」名取り。本当のマルチタレントである。 本業の古典落語は、人情話と女の演出は他の噺家の群を抜いている。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

ご相談はこちら

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

TOPに 戻る