西成活裕西成活裕にしなりかつひろ

渋滞学者/ 東京大学先端科学技術研究センター教授/ NPO法人国際ムダとり学会会長

西成活裕

お問い合わせ 候補に入れる

東京大学大学院博士課程修了。工学博士。車、人、インターネットなどの流れに生じる「渋滞学」やビジネスマンから家庭の主婦の生活にある無駄を改善する「無駄学」を専門とし、学術的なフィジカルレビューレターズ(世界最高権威の米物理学専門誌)などに論文掲載を多数行っている。その中でも、著書の『渋滞学』は講談社科学出版賞と日経BPビズテック図書賞を受賞し、話題となる。
現在は、「ストレスや渋滞そして無駄のない社会づくりに貢献したい」という思いのもと執筆活動だけではなく、日本テレビ「世界一受けたい授業」をはじめ、メディアへの出演や講演活動を行い、一般の人にも分かりやすく伝えている。

出身・ゆかり

専門分野

渋滞学(車・人・生物などのあらゆる流れにおける渋滞)/無駄学(生産やサプライチェーンから、家庭社会での渋滞とムダとり)/数理物理学(非線形動力学・ソリトン理論・セルオートマトン理論)

好評発売中!『東大人気教授が教える 思考体力を鍛える』 (あさ出版)

『東大人気教授が教える 思考体力を鍛える』 (あさ出版)

西成先生の専門「渋滞学」「無駄学」、そして今回の書籍のタイトルである「思考体力」。どの言葉もあまり聞きなれない言葉であるがゆえに興味をそそられる先生の言葉。実際に読み進めていくと、私たちの日常に深く関わる学問・能力であり、 明日何が起こるか分からない現代において、今こそ、私たちが身につけなくてはならない能力であると感じました。
思考体力とは何か、どのように身につけていけばいいのか、そして、どのように思考体力を日常に活かしていけばいいのか、6つの力に分け、詳しく分析・解析をしています。「脳」を鍛え、本当の意味で頭がよくなる方法は、簡単に今すぐできるものばかり。 ビジネスマンから学生、主婦の方まで幅広く読んで頂きたいオススメの一冊です!

関連特集

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1990年
東京大学工学部航空学科卒業 
1992年
東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
学術振興会特別研究員(~1995年) 
1995年
東京大学大学院博士課程修了、工学博士 
1997年
山形大学工学部機械システム工学科 助教授 
1999年
龍谷大学理工学部数理情報学科 助教授 
2002年
ケルン大学理論物理学研究所(ドイツ)にて客員教授(~2003年) 
2005年
東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻 
2009年
7月 東京大学先端科学技術研究センター教授就任 
 
<現職>
・NPO法人日本国際ムダどり学会 会長・理事長
・独立行政法人科学技術振興機構 さきがけ研究員
・内閣府 イノベーション国際共同研究 座長
・日本学術振興会 日米先端科学シンポジウム委員 など 

主な講演テーマ

あなたの渋滞解消します ―その流れ、変えてみませんか?

ジャンル
渋滞学
聴講対象者
一般

西成活裕の講演テーマ画像1 一般的に「渋滞」と言うと「車の渋滞」をイメージしますが、私たちの日々の生活において、「渋滞」はあらゆる場所で発生しています。人の混雑や携帯がつながりにくくなる現象も渋滞です。我々の体内にも渋滞があり、それが病気と関係しています。こうした渋滞現象を広く考える学問が渋滞学です。日々溢れるこれらの「渋滞」から逃れ、より良い生活を送るためには何が必要か? 渋滞学の基本から様々な事例をもとに日々の生活に役立つお話をします。

思考体力を鍛える

ジャンル
思考体力
聴講対象者
ビジネス

思考体力とは、「考え続ける力」のことを言います。長年、研究を続けていく中で出会った「成功する人」には共通してこの思考体力があります。経済不況、超高齢社会、環境問題…と日々私たちにのしかかる様々な困難(問題)を乗り越えていくために、この思考体力は今後より必要となります。そして、思考体力は運動の体力のようにトレーニングによって鍛えることができます。思考体力の身につけ方、伸ばし方を中心にビジネスに活かせるヒントをお伝えします。

仕事の渋滞、解消の法則

ジャンル
渋滞学
聴講対象者
ビジネス

西成活裕の講演テーマ画像3 業務の効率化やスピードが日々求められる中で「忙しい、時間がない、目の前の仕事をただこなすのに精一杯…」と、仕事の渋滞を抱えている人はまだまだ多くいるのではないでしょうか。そんな仕事の渋滞は、企業の成長、社員のモチベーションを低下する要因となります。実際に企業の作業効率改善に携わっている経験から、どうしたら渋滞を解消し、企業として成果を生み出すことができるか、様々な企業の実例を取り上げながら、明日から実践できる術を伝授いたします。

子ども時代から大学時代までに身につけさせたい思考体力

ジャンル
思考体力
聴講対象者
教育

「飽きっぽい子どもたち」「授業に集中できない子どもたち」が近年増えてきていると言われています。しかし、この子どもの時期こそ、考え続け、物事を深く広く考える「思考体力」が芽吹く絶好のチャンスなのです。親や周囲の大人たちがいかに子どもたちが自発的に能力を伸ばせるように導くことができるか、大人ができる子どもの思考体力を育てる戦略をお教えします。

主な実績

講演実績

各企業/行政/団体/教育機関/その他多数

テレビ

NHK 爆笑問題のニッポンの教養 サイエンZERO 視点・論点 おはよう日本
NTV 世界一受けたい授業 所さんの目がテン!
TBS ニュース23 ピンポン! イブニング5
フジテレビ 宇宙一頭の良いワイドショー めざましテレビ
テレビ東京 頭が良くなるヘンな地図

受賞歴

  講談社科学出版賞 『渋滞学』
  日経BPビズテック図書賞 『渋滞学』ダブル受賞

CD

  • {"1":{"1":"\u30e0\u30c0\u3068\u308a\u306e\u6b4c\uff08\u4f5c\u66f2\uff1a\u5c0f\u690b\u4f73\uff09","2":"B001JQHAZM"}}

その他

・警察庁と共同で高速道路、試験コースでの渋滞実験を実施。
・国土交通省の成田空港、羽田空港渋滞緩和チームに参加。
・趣味にてオペラ声楽を学ぶ。

本

講演拝聴レポート

生産性を上げる「科学的ゆとり」のススメ

  • 講演日時:2017-11-16
  • 主催:建築関係業界団体
  • 講演テーマ:渋滞学で会社を変えろ!!企業・組織の生産性を上げる極意

車の渋滞に端を発した「渋滞学」の研究から、100社以上の企業の生産性向上に携わり、ある企業では2億円もの追加利益を生み出した実績もある西成先生。生産性向上には、一見無駄にも見える「科学的ゆとり」が重要と言います。

そもそも渋滞とはどういう状態でしょうか?西成先生が全国の道路データから、交通量と、密度(1kmあたりに車が何台いるか)を検証した結果、車が25台/1kmを超えると渋滞することが分かりました。つまり1km25台=1台40m。車間距離が40mあれば渋滞しないのです。40mと言うと感覚的には割とゆとりがあるように思えます。しかしこれ以上車間を詰めた場合、もしどこかで隣の車線からの割り込みがあって1台が急ブレーキを踏むと、人間の反応には1秒程度かかるため、後ろにいくに従い急ブレーキの時間はどんどん長くなり、大渋滞になってしまうのです。

とはいえ割り込みや追越し、坂道での減速などはイレギュラーな現象。こうしたブレが一切無ければ、1kmあたり25台超でも現実に車は流れます。しかしこのギリギリの状態は一見安定して見えますが実は不安定。これを「メタ安定」状態と言います。実社会では予測できないイレギュラー=ブレはつきもので、ブレが生じたそのとき、メタ安定はあっけなく崩壊します。その上で西成先生は、全体最適ための「科学的ゆとり」の重要性を説くのです。

仕事も同様、ちょっと余裕ができると、さらに仕事を入れよう!となりますが、実はこれでメタ安定状態に。そしてどこかのプロセスでブレが生じると、あっという間に混乱…最終的な成果物は減ってしまいます。皆さんも思い当たる節はあるのではないでしょうか?

では仕事における「科学的ゆとり」はいかに設定すれば良いのでしょうか?残念ながら会社も仕事も十人十色。一概には言えません。しかし西成先生の研究は1つのヒントを提供しています。仕事でも道路と同様に、交通量(ある期間に完了した仕事量)と、密度(1時間当たりの仕事量)が存在します。そしてある密度を超えると、仕事や業績を渋滞させる「メタ安定」に突入してしまうのです。その境界線が御社・あなたの「科学的ゆとり」です。

生産性向上が注目される今日。まずは日々の仕事の棚卸をし、「車間距離40m」を探してみるのはいかがでしょうか?

(講演依頼.com 中村 潤一

ご相談は
無料です。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
(30万以上~60万円未満の範囲です)

お客様の声

仕事の渋滞解消の法則

専門的な内容を、わかりやすくまとめて講演していただきました。また内容に対しても、渋滞という興味深く、身近な内容で楽しく講演をしていただきました。西成先生にお礼を申し上げます。 90
参加した方々から大変勉強になった、面白かったと感想をいただきました。 外部から講師を招いての講演会は初めてだったので、段取り等々、大変心配しておりましたが、先生のお人柄で、すべてカバーいただきました。ありがとうございました。 100

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

都合により掲載していない講師の方々も多数おります。「探している講師が見つからない」、「著名なあの人に講演をお願いしたいが掲載されていない」といった場合もお気軽にご連絡ください。ご相談は無料です。

現在の
登録講師数
7456
2018.04.26
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7456人
該当致しました

TOPに 戻る