ご相談

米田建三

米田建三米田建三よねだけんぞう

帝京平成大学教授(現代ライフ学部)

米田建三

お問い合わせ 候補に入れる

1947年、長野県生まれ。
横浜市立大学商学部経済学科卒業後、徳間書店で週刊誌記者を務める。
1987年、横浜市会議員に当選し、1993年に衆議院議員に初当選。以降、3期連続当選。
北海道開発総括政務次官、防衛庁政務官などを歴任し、小泉内閣では、内閣府副大臣を務めた。また、拉致問題にも精力的に取り組む。
現在は、帝京平成大学教授。若者の教育に力を注いでいる。
講演では、これまでの経験を活かし、国際政治、安全保障また大学の現場に居る立場から、若者の教育について語る。

出身・ゆかり

専門分野

日本の安全保障/国際政治情報/メディア批評

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 10:30~17:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界20年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1966年
松本深志高等学校卒業 
1972年
横浜市立大学商学部経済学科卒業 
1973年
総合出版社徳間書店勤務 
1987年
横浜市会議員当選 
1993年
第40回衆議院議員旧神奈川4区初当選
以後3期連続当選 
2004年
帝京平成大学教授就任 
 
<職歴>
・自民党国防部会長代理
・衆議院外務委員会理事
・防衛庁長官政務官
・内閣府副大臣 

もっとみる

主な講演テーマ

日本の安全保障政策

日本の安全保障政策

「専守防衛」「米国が矛、日本は楯」という、他国に対する抑止力(=打撃力)を米国に依存する戦後日本の安保体制。それが北朝鮮の核保有や拉致事件に主体的に対処できない原因だ。日本の国益を守る安保政策はどうあるべきか、衆議院議員、防衛政務官の経験を踏まえ具体的に語る。

国際政治情報

国際政治情報

グローバル化した国際社会。地球の裏側の出来事が、ただちに政治経済の状況にインパクトを与える。国際政治情報の分析は大学での講座のひとつ。ナマの政治情報を基に、ビジネスや個人の生活に、国際政治がどう影響を与えるか語る。

教育革命が日本再生のカギ

教育革命が日本再生のカギ

若い世代の一般教養、基礎知識の低下が目に余る。くわえて、日本の戦後教育は、手に職を持たせるという、生きるための当然の真理も軽視してきた。戦前の日本や欧米諸国の多様な教育コースにスポットをあて、日本の教育の革命的転換の必要性を語る。

主な実績

テレビ

テレビ朝日 ビートたけしのTVタックル
読売テレビ ミヤネ屋
日本テレビ 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中

ラジオ

ラジオニッポン ヨネケンのズバリジャーナル

新聞

産経新聞 神奈川新聞

雑誌

週刊新潮 月刊 正論 別冊 宝島 SAPIO SPA!

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界20年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9049
2020.10.28
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9049人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる