高橋美幸高橋美幸たかはしみゆき

医療機関・看護・介護・福祉事業所の職員向 人財育成コンサルタント/ 病院・調剤薬局・看護・介護・福祉事業所の接遇・クレーム予防・ハラスメント防止・働きやすい組織作り・離職防止 講師/ 日本医療看護介護接遇教育会 代表/ ユニバーサルサービス接遇 講師/ ビジネスマナー 講師/ 京都発 おもてなし接遇・和の作法 講師/ 日本おもてなし接遇教育会 代表/ オフィスタカハシ 代表/ キャリア開発総合研究所 代表

高橋美幸

お問い合わせ 候補に入れる

≪医療・看護・介護・福祉従事者の方へ、患者利用者家族側から職員の人財(人材⇒人財)育成講演会・研修を提供しています≫
実際に多くの病院や医療介護現場に家族側として入ってきた12年の経験(外部者目線からの医療介護現場:患者利用者家族経験)と、自らの患者経験、そして、ヘルパー他各取得資格に基づく知識・技術、見守り等の地域ボランティア、地元での介護者家族同志での交流などから、医療・看護・介護・福祉に特化した内容を提供し、患者利用者家族側から『地域から選ばれる病院・クリニック・医療機関・介護事業所作り』や『信頼される職員の育成方法』などについて情報を伝えています。

≪家族の介護経験と自身の患者経験≫
20代から家族の看病介護に12年(計3人)携わりました。1人目は余命三ヶ月で病院に泊まり込み看病、2人目は祖母の介護(在宅から入院へ:3~6カ月ごとに病院を探して転院。仕事が休みの日に食事の世話に10年通う。)3人目は在宅、そして次には私が倒れて救急車で運ばれ寝たきりの日々を送ったこともありました。

≪医療・介護サービスと成果を上げる組織作り≫
現在は、医療介護サービス業としての認識を高めるご要望も多く、実際に講師は、サービス業での実務経験も15年あります。その時の成績は、国内で個人売上1位やチーム売上1位と、チーム皆で成果を上げてきた経験から「チームワーク力強化」「成果を上げる組織作り」「ストレス回避法」「モチベーションアップ」「自己啓発スキルアップ法」、経営者管理者向きには、患者家族地域側から「選ばれる事業所作り」「接遇強化のための育成法」「働きやすい職場作り」「ハラスメント防止」「離職防止方法」など成功するための組織風土作りも伝えています。
<患者利用者家族側から医療介護特化>+<サービス業の経験>=医療介護サービス業として両者を融合。【個々のスキルアップ】と【組織構築】の両面から医療介護に特化したスキル習得・情報が得られます。

≪講演会の進め方・特徴・期待できる効果≫
受け身でない全員参加型の講演研修で、「頭」「心」「身体」を使って体感し、 常に「考える」「書く」「話し合いをする」「動く」「体感する」などの全員参加型ワーク・実技トレーニング・ロープレ等を徹底して重ねています。現場ですぐに活かせ、成果がわかりやすいことが特徴です。

出身・ゆかり

専門分野

医療看護介護接遇・クレーム予防/患者様・利用者様・入居者様・ご家族対応力UP・満足度UP/医療介護に特化したハラスメント防止・勤務満足度UP/離職防止・勤務継続率UP・ストレス回避・モチベーションUP/選ばれる病院・介護事業所/ユニバーサルサービス(ご高齢・お体の不自由な方への)接遇・実技演習/成果を上げるチーム組織作り・マネジメント/働きやすい職場作り/日本のおもてなし/地域ボランティア、見守り育成・介護者家族応援

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

 
京都市出身。大丸百貨店勤務後、講師の道へ進む。現在、講師歴27年。 
 
私生活では、20代のころより両親と祖母の看病・介護を通算 12年経験。
次に自分が倒れて病気になる。

【看病介護歴】
・1人目:余命宣告3ヶ月~亡くなるまで(病院に泊り込み看病)
・2人目:祖母:初期認知症~要介護5 亡くなるまで(本人に麻痺があったため、医療介護現場に、20代から食事の世話に10年通う)
・3人目:1人での在宅介護。家族の通院(車椅子)付き添い。

【患者経験】
講師自身が病気になる。救急車に運ばれ入院、麻痺、寝たきり、車椅子生活を経験。

【地域活動】
家族・自分も元気になってから、地域ボランティア活動にも力を注ぐ。
・医療(消防署委嘱:救命講習指導員)
・介護(市:見守り、包括支援センターとの連携)他 
 
仕事では、講師業従事時も、兼務で様々な商品の販売を続け(販売歴 通算15年)
大規模小売店舗 売上上位 約220店舗中 国内販売トップセールスになる。(当時TVCM中の商品)

【サービス業の現場経験:15年超】
・大手メーカー MDチーム所属 ブランド別 チーム 売上 国内1位(当時、TVCM中商品)
・同メーカー 高橋 個人 販売実績 売上 国内1位(大規模小売店 売上 上位約220店舗中)  
 
【講師期間中 接遇の他 約7年 簿記の指導にも携わった経験有】
・イング大阪経理学院勤務時(簿記講座販売と指導)客単価 高橋 簿記売上 全社1位(22社中)
・生徒授業満足度アンケート 日商簿記 2級指導 全社1位 数回受賞
・緊急職業訓練校担任時 日商簿記3級合格率実績 90~100%(京都・滋賀ハローワーク) 
 
医療介護に特化した家族の看病介護経験、自身の患者経験、サービス業の現場経験、介護仲間との連携家族会・地域活動の経験などで培った様々なスキルと、各資格を取得した上での基礎力+実践力を兼ねた研修・講演会は、多くの事業所で「即、現場で役立つ!」と好評を得ている。  

主な講演テーマ

「ありがとう!あなたがいてくれてよかった!」と笑顔が返ってくる
~患者・利用者・家族の目線にたった思いやりのある医療・看護・介護接遇とは~

ジャンル
医療接遇・介護接遇・福祉接遇・顧客満足(CS)・コミュニケーション・モチベーション・チームワーク・人材・経験・体験談・選ばれる医療機関・介護事業所・組織力アップ
聴講対象者
病院(急性期、回復期、療養型他)、看護、介護(特養、老健他)、福祉(障がい・児童他)、歯科、眼科、クリニック、薬局など各事業所に勤務する職員・各種協会など

高橋美幸の講演テーマ画像1 「患者家族・介護経験があり、外部者として医療介護に特化した講師を探していた!」「介護・患者経験談(困ったこと、辛かったこと、嬉しかったことなど)をたくさん職員に伝えてほしい!」「患者様ご家族から信頼される職員の特徴が知りたい!」「病院や事業所・職員の第一印象アップの秘訣が知りたい!」「『選ばれる医療機関・介護事業所の特徴』を教えてほしい!」「接遇の重要性を患者家族から伝えてほしい!」「接遇委員会などの運営方法や患者利用者家族から信頼される職員の育成方法や成長する組織・しくみ作りを教えてほしい!」などのご要望にピッタリの講演です。

【アンケートより・受講生様の声】
「分野の専門家という担当立場だけではなく、家族という立場からの思いや意見が聞けた。」
「利用者として、利用者家族の視点からの接遇がやはり基本に忠実であると思い、信念を持って対応していこうと思いました。」
「家族側から現場の例などを出して説明してもらえたのでわかりやすかったです。患者さんが安心して来て頂けるように自分から行動していきたいと思いました。 」
「実体験のお話が胸にじんときました。これからの仕事に活かしていきたいと思います。」
「高橋先生の『接遇は自分(職員)の身を守ります!』が本物であり心に響いた。本当に家族さんとして経験されているからこその言葉だと思った!」
「高橋氏の講和を一度聴いてみたかったので、ありがたかったです。」
「大変参考になりました。今後もこのようなセミナーを実施してください。」
「実体験に基づくお話で、うなずくことが沢山あり、また、反省することも沢山あった。これからも自分も改善したい。」
「講師の先生の経験を聞くことでどうすることが相手に伝わるのかよくわかりました。」
「私はいつも面会に来られた家族の方々にどういった言葉がけがいいのかと考えていました。今回の研修でそのようなお話もあり、声かけをして安心して任すことのできる病棟にしたいと思います。 」
「笑いのある楽しい時間で心地よく思いました。」
「ふだんあまり気にせず行っていた「あいさつ」や振る舞いが、他者に対してどのような影響を与えているかを再確認できました。日々の仕事におわれて業務にながされがちですが、つねに自分自身の言動・行動を振り返る時間をもてるようにしたいと考えています。思いやりのある そして信頼される○○になれるよう知識・技術・態度をみがいていきたいと考えます。」
「今回の研修をうけて、初心にもどれたと思います。」
「事例とかも取り入れわかりやすく内容の深い研修でした。事業所に帰り伝えていき、利用者に当事業所を選んでよかったと思って頂けるよう頑張りたいと思います。」


***
豊富な実話は、職員さんの「心に気付き」を、そして「考える」視野を広げ、思いやりや感性をさらに磨き、必要な接遇スキルの実技演習で行動に結びつけ、即、現場で活かすことができるでしょう。 

・・・・・・・・・・
≪内容例≫
・患者利用者家族から信頼される職員と不安になる職員は、何がどう違うのか(患者家族としての経験実話紹介)
・患者家族から直接実話が聴ける!『職員さんと病院・介護事業所の第一印象アップの秘訣!』
・医療介護現場の「あいさつ」「みだしなみ」「言葉遣い」「お話のしかた」「電話応対」とは
 ~各意味を理解しながら、視覚、聴覚も活用し、職員さんから安全・安心のメッセージを送ろう~
・患者家族側からヒントが聴ける接遇力アップとクレーム予防・対応法
 ~患者様利用者様ご家族からの信頼アップ・満足度アップに向けて~
・患者家族地域側から『選ばれる病院・介護事業所は、ここが違う!』
 患者家族が事実を伝えるその秘訣!!
 ~選ばれる医療機関、介護事業所になるためには、事業所は
   何をどのように進めていけばよいのか~
・感謝の言葉や笑顔がいきかう医療機関・介護事業所を作るためのしかけ作りと教育法
・患者様・利用者様・ご家族対応のヒント
 ~『職員さん、あなたがいてくれてよかった!あなたに出会えて、よかった!ありがとう!』~
・患者家族から医療看護介護職員の方への感謝と応援メッセージ♪
 ~『辛いとき、あなたがいてくれたから、乗り越えられた!』~
 患者家族から感謝される応対や心遣い・言動とは
・・・・・・・・・・

「接遇指導者・管理監督者向き:接遇強化に向けての効果的な教育法と組織作り」

ジャンル
医療看護介護福祉接遇・コーチング・コミュニケーション・顧客満足(CS)・組織力・リーダーシップ・モチベーション・チームワーク・経営・人材育成・接遇指導
聴講対象者
医療・病院・看護・介護・福祉事業所の教育係・管理者・CS委員・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の講演テーマ画像2 講演・研修後は、各事業所で、日々、接遇強化の継続した取り組みをしっかり行いましょう!
接遇委員会は、立ち上げていらっしゃいますか?
必要に応じて、立ち上げの方法や運営のしかたもお伝えしています。

委員の選別には、接遇への意識が高く、職員間でもお手本になるような応対ができている方や、皆さんから信頼されている方、指導したり、人とのコミュニケーションをとるのが好きな方などがよいでしょう。
委員会の実施回数や頻度、活動内容なども大まかに決めておき、年間スケジュールの他、3~5年ほど先のビジョンを作っておくのもよいでしょう。次に、事業所の理念と患者様・利用者様・ご家族のニーズを確認し、行動目標を設定しましょう。そして、職員の接遇への意識アンケートと、患者様利用者様のアンケートの双方を分析し、接遇改善方法や目標を設定します。

そして、内部の勉強会や研修を実施し、目標にふさわしい(上からの一方通行ではなく、現場の声を吸い上げるボトムアップの組織作りで)職場風土を構築しながら、各職員が自ら主体的に考え、進めるとともに、新たに必要な知識・技術を習得し、実践演習ロープレを重ねてスキルアップしていきます。次に、振り返りの調査(職員間、患者様アンケート・部署間でのラウンド調査など)を定期的に行い、再度、問題点や改善策を考えて実行⇒再度調査を繰り返していきます。

院内では、接遇の指導者の養成や、院内のロープレ大会や勉強会を開催するのもよいでしょう。マンネリを防いで、皆が主体的に興味を持って行動でき、スキルアップできるようなしくみを作り、目に見える成果につなげ、継続させていくことがポイントです。接遇の指導方法は「動機づけ」を行いながら「当病院・施設を選んで来てくださった」という感謝の気持ちを持ちつつ続けて行っていきましょう。こうしているうちに、接遇力がアップしてきます。向上心をつねに持ち続けていくことを忘れずに進めていきましょう。
では、講演では、さらに具体的な教育法をお伝えしましょう。

患者家族から直接学べるクレーム予防と対応
『クレームが感動・満足・安心に変わるとき』
~患者様・利用者様・ご家族との信頼関係の築き方~

ジャンル
患者様・利用者様・ご家族応対力向上・説明力向上・クレーム予防・コミュニケーション・チームワーク・組織力・顧客満足(CS)・コンプライアンス・メンタルヘルス・問題解決力向上
聴講対象者
病院・医療・看護・介護・福祉事業所の経営者・教育係・管理者・CS委員・リーダー・協会など

高橋美幸の講演テーマ画像3 各事業所の悩みごとやクレーム事例を中心に進めます。ワークを入れ、全員参加形式で考えていただき、講師からも対応のコツや予防方法など情報提供をし、全員参加でコミュニケーションスキルの実技演習等をして進めます。

過去、団体様や事業所様からいただいた事例は、当方が医療介護現場で実際に職員さんのご様子でみてきたことや類似していることが多かったため、講師にクレームのお話や事例が通じやすいことが特徴です。

また、+αで、12年医療介護現場に家族として通ったり、泊まったり、自分が入院したりで、講師の立場だけでなく、実際の医療介護現場を患者家族として深く見てきたことから、患者家族側から職員向けにクレームになる前の潜在的な声を伝えています。そのため、職員の方には『クレームが起こる前に、どのように患者様利用者様ご家族と信頼関係を築けばよいか』『クレームをどのような言動でどのように
予防していけばよいか』などの具体的な方法がわかるため、クレーム予防・対応・感謝される対応⇒信頼される職員の育成につなげることができます。

【アンケートより・受講生様の声】
「わかっているのに『忙しい』を理由におそろかにしているところがあった。もう一度、勉強し直そさなくてはと思った。」
「利用者に寄り添い、明日からの仕事に活かしていきたいと思った。ありがとうございました。」
「日々の業務の中で、直面する様々なケースについて、家族の方の気持ちやそれぞれの状況に応じた対応策を考え、聞くことで、考え方や対応策が広がりました。今後、是非、今回のような機会に参加し、自分自身の気付きを増やし、よりよい対応ができるよう努力していきたいと思いました。」
「具体的な対応を事例を交えながらお話頂いたことに深く感謝いたします。とても分かり易くためになりました。また、機会があれば、高橋先生のお話をお聞きしたいです。」
「様々なケースがあったので、もし、○○ならどのような対応をしていただろうか、上手に対応できていたのかなど色々と不安に思うので、対応・予防策をきけて、こんな風に対応したら、相手も理解、納得してもらええるのかと上手な方法を学べました。」
「今後施設に戻ったら、各部署に配り、各自確認してもらえるようにしたい。今後、仕事の上で、役に立つことが多かったように思う。とても参考になった。(管理経営者)」
「あらためてコミュニケーションの大切さを学ぶことができました。また、職員一人一人が病院の顔であり、明るく笑顔を絶やさす対応することや、やさしい気持ちであいさつすることで患者様と家族の方に安心感を持っていただけるのではないかと思いました。」
「先生に言われたことを肝にめいじ、これからも患者様と接していきたいと思います。」
「あらためて利用者様との接し方を考えさせられました。ありがとうございました。」

・・・・・・・・・・
≪内容例≫
・各団体様・事業所様のお悩み事例によるワーク、アドバイス、
クレーム対応力スキルアップ
~患者利用者家族が伝えるクレームを満足・安心へとつなげる方法~
・患者利用者家族側から職員向けクレーム対応・予防・説明力向上・予防のヒントと対応を感動へ導くコミュニケーションスキルアップ術
~声に上がっていない段階で、クレームを起こさないための応対のヒントと、
 患者利用者家族が感動する対応術~
・患者様・利用者様・ご家族と信頼関係を構築する方法とシステム作り
・ストレス回避方法と自己分析、自分とのラクな付き合い方・他者とのつきあい方
・モチベーションアップ・維持法
・クレームを予防するための医療機関・介護事業所のしかけ作りと教育法
・患者様・利用者様・ご家族対応のヒント
 ~『職員さん、あなたがいてくれてよかった!あなたに出会えて、よかった!ありがとう!』~
・患者家族から医療看護介護職員の方への感謝と応援メッセージ
 ~患者家族から感謝される応対や心遣い・言動とは
・・・・・・・・・・

「医療・看護・介護・福祉従事者のための職業倫理」

ジャンル
人権・人間力・心・コンプラインス・経験・体験談
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の経営者・人権委員・教育係・管理者・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の講演テーマ画像4 職員さんの「上から目線の言葉・態度」は、根本的に、どのようなところからくると思いますか?それらの実話による患者・利用者・家族の心の痛みを、たくさん伝えます。「平等」「人権尊重」とは、具体的にどのようなことでしょう?ある時は、医療・介護の業界のみに偏らず、視野を広げて「平等」「人権尊重」についても考えてみましょう。

【アンケートより・受講生様の声】
「忘れていた基本的なことから、利用者さんやその他の方が感じられる印象が変わることを学びました。」
「支援に必要な知識・技術を学ぶ以前に人として必要なことを学び、実践していくことが、これから支援していく上で大切なことだと思いました。とても良い講演ありがとうございました。」
「仕事に対する自己覚知になった。相互の対応が具体的で共感しやすかった。」
「今後自分がどのような職員であるべきかを(自身が求めるもの、他者から求められるもの)を考えられることができるお話でした。」
「未知の事柄があり、勉強になった。」
「新たな気付きを得ることができた。」
「心身ともに鍛え、磨き、真心のある人間になろうとする努力が大切だと思います。おのずと信用・信頼・安心できる人になれると思います。」
「利用者の気持ちを考えられる○○になりたいと思った。」
「日々の業務に追われ、利用者さんに対して乱暴になっていなかったかと再度考えさせられました。自分を振り返り、また頑張っていきたいです。」  

成果を上げるための組織作り
 ~チームビルティング:チームワーク力向上~
皆がイキイキやりがいを持って働ける職場を作ろう!

ジャンル
職場環境改善・ES・人材・組織力・社内活性化・人材
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の経営者・管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の講演テーマ画像5 「帰属意識を高めて、チーム全体で連携して、成果を上げていきたい!」「なぜ、自分はこの病院・介護施設を勤務先に選んだのか?」「自分は、何のために、この病院・介護事業所で働くのか?」「この病院・介護事業所で、あなたと一緒に働きたい!」「スムーズに仕事を進めたい!」様々な思いがあることでしょう。

チームの職員が個々の能力を発揮しながら、一丸となって目的を達成するチームを作っていきましょう。安心・安全を提供する職場で、様々な思いを共有し、スムーズな連携のもと、快適に仕事をし、成果を上げていきましょう。

【アンケートより・受講生様の声】
「仕事というのは一人では出来ないということ、互いに協力し合っているからこそ、うまくいくんだということを学び、・・・・でこんなにも自分のモチベーションが上がるものなのだとも思いました。」
「学んだ内容を共有することで自分も助けてもらっているぶん、少しでもスタッフに返すことができたら良いなと思いました。今回の研修で学んだことを、今後生かしていけるようにしたいです。相手の方に気持ち良く感じてもらえる行動をしていけるようにしたいと思いました」
「話の中で特に心に残っているのは「目標」についてと「働きやすい組織作りとリ-ダーシップ」についてだった。目標を持って生活をする事は仕事だけに関わらず、毎日の生活を充実するため、自分を成長させるためには大切なことだと知っていた。しかし、実際きちんとした目標を持っている事もなく生活をしているのが現状だ。小さな目標、毎日、一か月の目標を立て、それについての評価を行う事で、なにげなく過ごしている毎日でも一歩一歩成長していくことができると思った。」
「日々どのように新人と関わり、教えていったらよいか頭を抱えていた。そんな中でいかに成長して貰うか、その事を考えると頭が痛くなるのが現状だ。たくさんの人の意見を聞く事で、色々な方向から考え、アプローチできるように感じる。私一人で育てているわけではなく、一年後は新人も独り立ちする。いつか他の人のことも考え働ける人になってほしいと思う。今回の研修は今までの研修で一番よい研修だと思った。自分の見直し。そして相手を思いやる気持ちとは何か?新人の頃に感じていた気持ちと今感じる気持ちを比べるいい機会に出来た。少し立ち止まり考える時間を私にくれた研修となった。」

・・・・・・・・・・
≪内容例≫
・理念の共有、部署の目標目的等の確認
・モチベーションアップ・保ち方
・コミュニケーションの活性法
・リーダーシップ
・部下、後輩の育成法
・他部署との連携方法
・目標を達成するチーム作り
・問題解決力向上
・成果を上げるチーム作りのポイント
*新人、リーダ‐、中堅、管理者等、階級に合わせて内容が変わります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

「離職防止 ~事業所の就業率がアップした成功のエッセンス~」

ジャンル
離職防止・組織力・組織論・人財育成・成果を上げる組織作り・働きやすい職場作り・生産性向上
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の経営者・管理者・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の講演テーマ画像6 「事業所として取り組むべき内容」(組織構築)や「職員ひとりひとりが、どのようなことを進めていけばよいか」(個々の課題)など、就業率アップのための成功エッセンスをお届けしています。

すぐにできることとしては、職員の帰属意識を高めていくことがあります。「なぜ、この仕事を選び、この病院・介護事業所を就職先に選んだのか。」「この病院・介護事業所で働きたい!」という意識を思い出していただき、職員の方のモチベーションを上げていきましょう。

そして、仕事を遂行するにあたって、ハラスメント防止等を含めて、安心・安全に仕事ができる環境を作り、職員間も尊重されたよい関係を築くことで、働きやすさにつながり、仕事の生産性にも成果が見えててきます。
職員の方の育成には、ご本人がお考えのことを、言葉され、心に落とし込み、行動へつなげていくようにサポートを行いましょう。主体的に、自ら気づき、考え、行動する自律型の人財育成です。従業員の勤務満足度が高まってくると、自然に、職員間でも「ありがとう!」「あなたがいてくれてよかった!」「あなたと一緒に働きたい!」と職場内も活性化してきます。そして、このような働きやすい職場を作ることにより、患者様利用者様ご家族への対応にもつながってきます。

これらの全体像により、事業所側も職員の採用時間や育成時間も短縮でき、不要な経費も削減でき、提供できるサービスの質も向上し、全体的相乗効果がみられるようになってくることでしょう。
こちらの講演会では、上記の詳細や進め方の手順、具体的な方法をお伝えしつつ、他にも転職フェアーに参加される事業所の場合、過去、継続担当事業所に具体的な取り組み方などのご提案を続けてきました。継続で研修を担当してきた経験も長く、成功事例もございますので、離職防止への活きた成功エッセンスなどもお届けしています。 

【アンケートより・受講生様の声】
「(主催者様より)アンケートの結果を見ますと、ほとんどの方にご満足いただけているようで大変うれしく思っております。福祉・介護分野は、大変な人手不足の状態が続いておりますが、利用者や働いている方々の両者にとって、少しでもよりよい環境となっていけるように、私どもも微力ながら取り組んでまいりたいと考えております。」
「今回学べたことを含めて目標をあげ、目標に向かって行っていけるために具体的にどうして行ったら良いかを考えその都度達成できているかを考えながら今後努力していきたいと思います。これからは誰もが良い気持ちになってもらえることを意識していきます。」

「求職者向:患者利用者家族からみた医療・看護・介護・福祉の仕事の魅力とは」

ジャンル
求職者支援・進路・キャリア・青年教育・経験・体験談
聴講対象者
医療機関・看護・介護事業所への就職・転職をお考えの求職者・学生

高橋美幸の講演テーマ画像7 患者・利用者・家族側から、医療・介護現場で経験した様々な実話や、福祉のボランティア経験などから、あるときは外部者目線で、あるときは外部の現場経験者として、医療・看護・介護・福祉の仕事の魅力を伝えています。皆様の新しい人生のスタートを応援しています。 

【受講生様の声】
「これから介護の仕事にと思っているので、大変参考になりました。今日、話を聞いたことを復習し、よい介護職員になりたいです。」
「私はこれから福祉の仕事に入ろうと思っていたので、福祉・介護の大切さや行動のしかたなどを貴重なお話が聴けてよかったです。」
「今からはじめて介護の仕事をするので不安が多いのですが、今日お仕事を聞かせて頂いて頑張ろうと思いました。」
「将来のことをまだ決めていない中で、この講演を聞いて改めて福祉の仕事は良いものだと感じた。」
「これから就職するので、どう行動すれば良いか明確に知れてよかったです。」
「仕事面はもとより、普段の生活にも役立てられる内容で良かったです。これから福祉のお仕事に就かれようとしている方にも背中を押す内容のように思いました。」

★家族の看病介護歴12年の講師が伝える★
~「こちらの病院・介護事業所でお世話になりたい!」
  医療機関・介護事業所の第一印象アップの秘訣とは!~

ジャンル
経営力・組織力
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の経営者・管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の講演テーマ画像8 1人目の看病は、3か月病院に泊まり込み、次の祖母の10年の介護では、3~6カ月ごとに病院を転院。その都度、病院を探していました。そして、新しい病院に行くたびに、玄関に入ったとたん、3~5秒くらいで医療機関や介護事業所の第一印象やカラーを感じていました。

「なんだか暗い病院だなぁ。」「職員さんが目を見て挨拶もしないけど、疲れているのかな。大丈夫かなぁ…。」病棟に入ったときは、気付いたら横に職員さんが…。「いつ入ってこられたのかな…?」

逆に「この病院は安心!」「職員さんの対応がいい!」「次もこちらの病院でお世話になりたい!」と、繰り返し入院をお願いしてきた病院とは、患者・家族からみて、どこが違うのでしょう?
そして、第一印象で「仕事ができそう!この職員さんなら大丈夫!」と思った方と、入院中、ずっと不安を感じていた方の違いなども実話を多く取り入れて、病院や介護事業所、職員さんの第一印象アップの秘訣をお伝えしています。

それらに気付き、「心」で感じ、感性を磨いた後は、自ら考え、実際に行動できるよう実技ロープレで習得していきましょう。
「患者利用者家族側からの真の声を聴いて、事業所の第一印象アップにつなげたい!」「選ばれる医療機関・介護事業所を作りたい!」「患者様・利用者様・ご家族から信頼される職員を育成したい!」これらのご希望のある医療機関・介護事業所に合う内容です。

【アンケートより・受講生様の声】
「事例とかも取り入れわかりやすく内容の深い研修でした。事業所に帰り伝えていき、利用者に当事業所を選んでよかったと思って頂けるよう頑張りたいと思います。」
「利用者さんのご家族の気持ち、受け止め方などを高橋先生より学びました。 介護職への指導で教えていただいた事は、お客様に与える印象が少しでもプラスになればと思い実践していこうと思います。 」
「講義の中で先生が言葉に出して言われた事で、自分に対して前向きになれました。これから職場に戻って伝えていきたいと思いました。」
「訪問介護の仕事に従事しています。接遇は永遠のテーマです。素敵な講演をありがとうございました。今日、勉強したことを事務所に持ち返るヘルパーたちに伝えたいと思います。」
「普段は、業務が主で接遇の勉強をするチャンスがあまり持てないなかったのですが、基本的な接遇を学ぶこごができ、また、同時に先生の実体験から家族の思い等も知る事ができて、とても良い講演会だったと思います。ありがとうございました。」
「接遇について、振り返ることができた。現場でももう一度やり直したい。」
「家族・利用者との接し方について悩んでいたので、学べたことがよかった。話がわかりやすかった。」
「先生の京都弁がよかった。」
「実体験を交えたポイントが参考になった。」
「現在、接遇について取組んでる最中なので、高橋先生の講話、大変参考になり、学ぶことが多くありました。」「高橋美幸先生の講演で、家族の立場、思いを知ることができた。 」
「利用者の家族としての立場からの講演であり、身の引きしまる思いがした。」
「事例とかも取り入れわかりやすく内容の深い研修でした。事業所に帰り伝えていき、利用者に当事業所を選んでよかったと思って頂けるよう頑張りたいと思います。」
「病院に勤務していると、患者様が「お客様」や「目上の方」という感覚がなくなってしまっていると感じました。ケアする側であっても、その気持ちを忘れてはならないと再認識する機会になったと思います。」
「病院で働く一職員として自分の職種・立場などをふり返りながら接遇を学ぶことが出来、接遇だけではなく自分のこれからの目標の様なものも考えることが出来良かったです。ありがとうございました。」
「あたり前のことがあたり前にできていな自分に気付きました。先生に感謝いたします。ありがとうございました。」
「よく医療従事者は対人マナーが悪いということを耳にします。今回の研修では、患者様に対する自分の言動や行動を振り返るよい機会となりました。患者様・御家族の立場になって対応していけるように努めたいです。」
「人との良い関係を築く為にも接遇マナー研修を受けさせて頂き、大変良かったと思っています。心使いは誠実に接することが基本姿勢と思っています。それにともなう礼儀は(接遇マナーができれば)もっと人に対して心使いの充分さが伝わり、よい印象が伝わることを教えて頂きました。心理学的な要素があるように思い、とても興味深く、家族にも話し、コミュニケーションできました。クレームの対処方法、利用者さんと心穏やかに過ごせるヒントを確信いたしました。」



・・・・・・・・・・
≪内容例≫
・患者利用者家族から直接実話が聴ける!
『選ばれる医療機関・介護事業所のポイントとは』
・新しい病院・介護事業所に入ったとき、患者や家族は、何を見て何を聴き、何を感じているのか
 ~患者家族が伝える医療機関・介護事業所と職員の第一印象アップの秘訣!!~
 安全・安心の伝達法や信頼される事業所作り!
・患者利用者家族から信頼され、感謝される職員の育成法とは
~スキルアップ方法、組織構築、成果を上げるための接遇委員会の運営の仕方、働きやすい職場とは、目標管理方法等を含~
・職員の勤務満足度を高める方法
・職員の離職防止方法
・患者様・利用者様・ご家族対応のヒントとは
~信頼され、感謝される職員の育成法!~
・医療・看護・介護の接遇指導者に:成果が上がる職員の育成方法
・医療・看護・介護職員のモチベーションアップ術
・患者利用者家族から職員の方への応援メッセージ♪
 ~「あなたに出会えてよかった!あなたがいてくれてよかった!ありがとう!」
・地域貢献について
・・・・・・・・・・

「医療・看護・介護・福祉版 生粋の京女が語るおもてなしの極意」

ジャンル
おもてなし・ホスピタリティー・顧客満足(CS)
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の職員・経営者・管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の講演テーマ画像9 講師は、京都市内で生まれ育ち、現在も在住している「生粋の京女」です。おもてなしに厳しい京都で自ら修行を積み修得したエッセンスを、医療看護介護福祉版にアレンジしてお伝えします。雅やかで洗練されたおもてなし力を身につけ、現場で活かしましょう。  

「業態別、職種別 オーダーメイド講演会」

ジャンル
医療看護介護福祉接遇・クレーム予防・顧客満足(CS)・コミュニケーション・モチベーション・チームワーク・経営・組織力・おもてなし
聴講対象者
病院(急性期、回復期、療養型他)、看護、介護(特養、老健他)、福祉(障がい・児童他)、歯科、眼科、クリニック、薬局等 各事業所に勤務する職員・各種協会など

高橋美幸の講演テーマ画像10 業態別:社会福祉協議会、医師会、眼科医師会、保険医協会、看護協会、介護福祉士会、社会福祉士会、ヘルパー協議会、生活相談員、行政 介護保険、保険所(食品、獣医師)、福祉、組合など。

職種別:看護師、薬剤師、医師、歯科医師、眼科医師、検査技師、療法士、介護士、栄養士、受付、会計、事務職、生活支援相談員、ケアマネなど

各団体様の業態、業種に特化した内容で提供しています。

内容は、患者様・利用者様・ご家族対応の接遇、クレーム予防、患者利用者家族から信頼される職員の育成法、選ばれる医療機関・介護事業所のポイント、事業所・職員の第一印象UPの秘訣、チームワーク力強化、ハラスメント防止等 毎回ご要望に応じて組み立てています。

【アンケートより・受講生様の声】
「利用者、家族と接する際の声かけ、トーン等で印象が変わること等…その重要性を強く認識したところです。」
「高橋先生の体験談から思い当たるところがあり、大変勉強になりました。施設に持ち帰って全体会議で復命しまして、職員の質の向上につなげていきたいと思います。」
「実際に基づいたことについての内容だったので、興味を持って参加することができました。我々職員からみれば「何でこんな当たり前のことでクレームを言われなければいけないんだろう?」ということでも、クレーム(要望)を言う利用者や家族には、いろいろな思いがあるんだということを知ることができました。ありがとうございました。」
「大変楽しい講習でした。ユーモアがあり、飽きなかったです。受講者に答える機会があり、緊張が保てたのでよかったです。上司・ひらの分けへだてなく指導を受けおもしろかったです。」
「長時間の研修、ありがとうございました。接遇・マナーがとりだたされている中、日々、実践する事で自分のものになるのだと言い聞かせていきます。この研修で印象に残ったものは、もちろん、接遇でありますが、先生のポジティブフィードバックが、私には大変ここちよく感じられました。肯定的に評価される事は、安心感ややる気につながっていくものですね。」
「ありがとうございました。病院での事例をたくさん出していただいたので、とてもわかりやすく"明日より気をつけなければ"という気持ちになりました。1時間半で長いと思っていましたが、短かったです。楽しくまなべました。」

階層別 講演会

ジャンル
医療看護介護福祉接遇・クレーム予防・顧客満足(CS)・コミュニケーション・モチベーション・チームワーク・経営・組織力・おもてなし
聴講対象者
病院(急性期、回復期、療養型他)、看護、介護(特養、老健他)、福祉(障がい・児童他)、歯科、眼科、クリニック、薬局等 各事業所に勤務する職員・各種協会など

高橋美幸の講演テーマ画像11 全職員対象の他、内定者・新入職員、リーダー、主任、管理者、経営者、これから医療看護介護の仕事に就きたい方など、対象者別に講演会を行っています。
毎回、ご要望をお尋ねしてオリジナルで組み立てています。

【アンケートより・受講生様の声】
「この仕事をしていく上で、とても役に立つお話でした。家族との関わりを多くしていこうと思いました。」
「とてもわかりやすくてよかったです。」
「実体験を踏まえてのお話参考になりました。利用者様の立場になり、接していけるように頑張ります。ありがとうございました。」
「色々な体験をされた方のお話を聞くと、とても元気が出ました。」
「身だしなみ等、普段軽視していた点を認識できてよかった。」
「家族としての思いが聞けた。」
「高橋先生の生き生きとした姿を見て、こちら側がエネルギーをもらえることが出来た。また、人との関わり合いの中で大切な事ことを確認・共有することが出来てよかった。」
「実例もあり、よいセミナーでした。」
「この講演を聴いてると、少しづつではあるが、自分自身が癒されていく感じがした。」
「一つ一つの事例を細かく説明をして下さるので、聞きやすかったです。自分の体験を基にして話をして下さるので気持ちが伝わってきた。」
「今、行っているケアを見直し、振り返ることが出来た。」

・・・・・・・・・・
≪内容例≫
・全職員対象…接遇、クレーム予防など
・経営者、管理者…選ばれる医療機関・介護事業所、離職防止、部下育成、成果を上げる組織作り、ハラスメント防止など
・内定者、新人…接遇研修基礎
・リーダー、主任…リーダーシップ、成果を上げるチーム作りなど
・これから医療看護介護の仕事に就く方…患者利用者家族から職員さんへの感謝や仕事の素晴らしさの実話
・・・・・・・・・・

地域活動向 講演会

ジャンル
ボランティア・安全・地域活動
聴講対象者
地域の方すべて、見守りのボランティア、見守りサポーター、ご高齢者の方向のマンションのオーナー・住民の方、公共交通機関・タクシー会社等の勤務者、小売店・サービス業勤務者、学生、介護に携わっていらっしゃる方など

高橋美幸の講演テーマ画像12 見守りサポーター育成、ボランティア育成、認知症の方の早期発見と保護・見守り、認知症カフェ・サロンのスタッフ向、ご家族の余命と闘っていらっしゃる介護者の方への気持ちのサポート、家族の介護が始まるまえに知っておいた方がよいこと、ご家族の介護に携わっていらっしゃる介護者の方・ご家族を亡くされた方の心のサポートなどを介護家族経験者として行います。

【アンケートより・受講生の声】
「人間性の大切さをいろいろ教えていただきました。これからは自分自身をみがく努力をしていきたいと思います。」
「○○として大変必要であるお話を聞かせて頂き今後 活動の中で充分いかして行きたいと思います。ありがとうございました。」
「経験の深い方がお話してくださり、知っていると思っていてもとても驚いた部分でもありました。今日のお話はとても細かいところまで聞けて大変良かったです。言葉のやりとりが本当にむつかしい事だと感じました。気くばりの良い○○になれる様頑張ります。」
「自分が健康である間に自分にできることができたらいいなと参加させていただきました。一つ一つ心に感じる講座でした。わかりやすくて良かったです。現在「○○委員」として活動させていただいています。ありがとうございました。」

・・・・・・・・・・
≪内容例≫
・見守りサポーター育成・ボランティア育成…ボランティアの心得、応対マナーなど
・認知症の方の早期発見と保護・見守り…認知症について知る・気づく・応対方法・地域包括や
警察等の連携のしかたなど
・認知症カフェ・サロン…認知症について知る・ご高齢の方の特徴を知る・ご高齢野方にとって
安全・安心なお店作りと応対方法
・ご家族の余命と闘っていらっしゃる方、介護者の方、ご家族を亡くされた方のサポート…同じ経験をしている者として心理的なサポート行います
・家族の介護が始まる前に知っておいた方がよいこと…介護保険制度のことや、施設のこと、他心の持ち方や仕事との両立法、心理的なサポートを行います。
・・・・・・・・・・

「サービス業従事者向き:ご高齢のお客様への接客法とご高齢の方にやさしい店作り」

ジャンル
接客・販売・営業・ユニバ―サルサービス
聴講対象者
サービス業に従事時されている方・JC・商工会など

高橋美幸の講演テーマ画像13 ご高齢のお客様への理解を深め、皆様の現場で応対ができるようにトレーニングを行います。

*ご希望により高齢者疑似体験も可能です。
高齢者疑似体験とは、高齢者疑似体験セットを用いて、身体(身体・手足)に重りをつけたり、見辛いゴーグルなど着用して高齢者体験を行うことです。疑似体験セットは、開催される皆様の事業所区域の社会福祉協議会や、地域の行政(区役所・福祉相談室・健康福祉プラザ等)などでレンタルできる場合が多ございます。車いすは、 会場に設置されている場合が多いです。

【アンケートより・受講生様の声】
「高齢者や認知症のある方の来店・対応は今後増加する一方かと思えば、いかに全員が思いやり・温かい心を持って相手の気持ちを理解できるように浸透させるかを考え、行動に活かしていきたい。」
「お店での高齢者への対応のあり方のヒントを多くいただきました。」
「ご高齢の方にはゆっくり丁寧に声かけをする。認知症ぎみの方にはプライドを傷つけないようにゆっくりと安心されるように話を聞く。」
「今後増えるであろう高齢者や認知症の方への対応・マナーを考え、大変勉強になりました。今後に活かしていきたいと思います。」
「思いやり、温かい心を持って、相手の気持ちを理解して対応する。」
「何に不自由されているかしっかり見きわめて、自分から考え、声をかけ、介助できる事を考える。」

・・・・・・・・・・
≪内容例≫
・上記のお客様を想定して、各症状への理解を深め、応対方法・介助サービスの方法
(ご来店~お帰りまで、各業種、職種に合わせた一連の動作)を実技演習しながら習得
・・・・・・・・・・

「サービス業従事者向き:お身体の不自由なお客様への接客応対とすべての方にやさしい店作り」

ジャンル
接客・販売・営業・ユニバーサルサービス
聴講対象者
サービス業に従事時されている方・JC・商工会など

高橋美幸の講演テーマ画像14 お身体の不自由なお客様への理解を深め、皆様の現場で応対ができるようにトレーニングを行います。
例:目の不自由なお客様、白杖をお使いのお客様、耳の不自由なお客様、補聴器をお使いのお客様、 ご高齢のお客様、杖をお使いのお客様、車椅子をご利用のお客様、認知症の症状をお持ちのお客様、 内部に障がいをお持ちのお客様、 知的な障がいをお持ちのお客様、精神的な障がいをお持ちのお客様、赤ちゃんをおつれのお客様、妊婦の方など。

【アンケートより・受講生様の声】
「まずは○○の○○を見やすくしてみたいと思います。ご年配の方、目や耳、手足の不自由な方、お子様ずれの方、それそれに合った○○を自分なりに整理し、いざそのような方が来られた時にすぐに動けるようにしておきたいと思います。」
「○○へご案内し、ゆっくり話ができる様に対応する。目線を合わせてお客様の話をきく。驚かせない。慌てさせない。お子様から目を離さない。相手の気持ちを理解し、安心させるような対応をする。○○の安全性をチェックする。衛生面等にも気をつける。」
「お客様を観察して、何をしてほしいのかを読んで対応します。」
「相手のペースに合わせて『何かお手伝いができることはありませんか』と声かけをして相手の意思を尊重した対応を心がけます。」
「体の不自由な方、認知症の方、心の病気の方、それぞれに適切な声かけやお手伝いをすることでお客様の負担も少なくなりうることをとてもつよく感じました。また、その本人さんだけでなく、介護、介助にあたるご家族への配慮についても考えることができてとても参考になりました。」
「外見からは気づけない障害のあるお客様にも安心して気持ちよくご利用いただけるお店作りにつとめます。」

・・・・・・・・・・
≪内容例≫
・上記のお客様を想定して、各症状への理解を深め、応対方法・介助サービスの方法
(ご来店~お帰りまで、各業種、職種に合わせた一連の動作)を実技演習しながら習得
・「障害者差別解消法」について学び、合理的配慮や、応対、環境面などを学びます

・・・・・・・・・・
介護経験、サービス業の現場経験、目の不自由な方への通院手引きボランティア経験、ヘルパー、ユニバーサル接遇資格・指導経験がある(知識・技術・現場経験を兼ね備えた)上で、従事しています。 

「一般の方向け:地域のリーダーになろう」

ジャンル
地域活動・経営・組織・ボランティア
聴講対象者
青年会議所・商工会議所・サービス業に従事時されている方・地域の方など

高橋美幸の講演テーマ画像15 地域活動・ボランティアに多く従事してきた経験や、サービス業従事時のトップセールス経験などから、仕事と地域活動をともに大切に思われている皆様へ、具体的な両立方法をお伝えしています。ぜひ、皆様の力で地域を活性化し、住民の方々が安全・安心に過ごせる町を作りましょう。

【アンケートより・受講生様の声】
「参加者からは、『大変良かった。』『とても分かり易かった。』などと大好評をいただき、会員一同大変喜んでおります。今後、学んだことを実践し、企業や地域で活用してまいります。ありがとうございました。」
「この講演を聴き、また明日から頑張れると思います。きっかけやヒントが多くありました。」
「講師の前向きな気持ちがよかった。自分も話を聞いていて勉強になった!できるだけ会社で話して行こうと思います。」
「とても勉強になった。講師がとてもわかりやすかった。また、聴きたいです。」
「ヨカッタです!!」


 

「眼科接遇・クレーム予防・選ばれるクリニック作り」

ジャンル
眼科接遇・コミュニケーション・顧客満足(CS)・組織力・経営
聴講対象者
眼科医師会・眼科クリニック・眼科医師・眼科スタッフなど

高橋美幸の講演テーマ画像16 眼科専門の内容です。目の不自由な方の通院手引きボランティア経験や、ユニバーサルサービス接遇の指導にも携わっておりますので、さまざまな活きた情報をお伝えしています。講演会でも、会場にスペースがある場合、可能な限り、手引きロープレを全員参加で行っています。 

・・・・・・・・
≪内容例≫
・目の不自由な患者様から、選ばれる病院・医院・クリニックとは
・応対で気をつけること
・受付・案内・会計の方法他 一連の動作
・目の不自由な患者様へのご案内を、手引き実践演習
・医療人としての資質を高めましょう
・快適で心癒されるクリニック・医院作りに向けての接遇対策
・ハード面のチェック
・ソフト面のチェック
・みだしなみのチェック
・表情
・お話のしかた
・挨拶、お辞儀
・受付
・案内
・診察
・わかりやすい説明のしかた
・検査
・会計(お名前の呼び方・トラブルを起こさない会計のしかたなど含)
・お見送り
・電話応対など

*毎回、各事業所様とお打合せの上、各事業所様オリジナルの内容・進め方のご提案をさせていただいております。
・・・・・・・・

「介護職員のためのコミュニケーション力アップ&マネジメントスキル習得」

ジャンル
介護接遇・コミュニケーション・顧客満足(CS)・スキル・プレゼンテーション・育成・組織力・経営・マネジメント
聴講対象者
介護事業所の職員、ケアマネ、介護福祉士、社会福祉士、生活相談員、介護支援相談員、ソーシャルワーカー、栄養士、事務員など

高橋美幸の講演テーマ画像17 介護事業所の職員さん向けの内容です。介護事業所内における接遇強化・クレーム予防・教育法・成果を上げる組織構築・離職防止・ハラスメント予防・働きやすい職場作り・地域活動・見守りボランティアさんの育成研修の進め方・プレゼンテーションのしかた・事業所間で仕事を行う場合のビジネスマナーなど、ご希望の内容で、総合的に介護職員に必要なコミュニケーションスキルとマネジメント エッセンスの両方を習得することが可能です。 

【アンケートより・受講生様の声】
「高橋先生から講義とグループワークを交えた研修を受けた。当事業所に合わせた講義内容で、日々の業務等にそのまま活用できるアドバイスや気づきがあり、大変有意義な研修であった。」
「本研修は自らのスキルアップをするだけでなく、私の職場における人材の豊かさもよくわかった。」
「自分自身は、挨拶をきちんとし、明るく、冷静な判断をし、自分自身がリーダーとしてモデルになるよう見直したい。」
「2人で行う実技の際、聞き上手の方は、話すのも嫌な感じを相手に与えることなく話上手であることを感じました。自分のやる気など人に左右されるのものではなく、自分が自分の目標に対してどうなのか、自分がどうありたいのか人の責任にするのではなく、社会人としての責任をしっかりと持って仕事をする大切さを改めて感じました。」
「あらためて自分の考えをみつめなおすことができました。良い○○になれるよう頑張りたいと思います。」
「とてもわかりやすく、今後のためにとても役立ちます。楽しくてわかりやすい講義ありがとうございました。次回は是非時間をたっぷりとって講義研修をうけてみたいです。」

「障がい者施設向:人権学習・職業倫理・接遇・クレーム予防 ~あなたの笑顔は、みんなの笑顔~」

ジャンル
人権・職業倫理・福祉接遇・クレーム予防・コミュニケーション・顧客満足(CS)・組織力
聴講対象者
障がい者施設に勤務する職員

高橋美幸の講演テーマ画像18 障がい者施設に特化した内容でお伝えしています。人権・職業倫理についても、しっかりと確認しておきましょう。障がいをお持ちの方・保護者の方との交流(ボランティア)は、学生の頃から携わっています。   

「調剤薬局向き:~地域から選ばれる調剤薬局になるために~」

ジャンル
医療接遇・顧客満足(CS)・経営・おもてなし・ホスピタリティー
聴講対象者
調剤薬局の薬剤師・スタッフ

高橋美幸の講演テーマ画像19 調剤薬局では、<医療接遇>+<サービス業>の双方のエッセンスが必要になります。講師は、サービス業の現場経験も15年あり、サービス業としてのおもてなしも入れています。

調剤薬局では、患者経験(自分が通院時)・家族経験(家族の薬を調剤薬局にいただきに行く・説明を受ける等)から『選ばれる調剤薬局作り』について情報提供をしています。自分が長く通院していたときは、できるだけ多くの薬局が患者の立場から見られるように、その都度、薬局を変えて応対
方法やお店を見てきました。

また、お身体の不自由な方への応対(目の不自由な方:通院・調剤薬局への手引き経験有・サービス業でのユニバーサルサービス実技指導者)やご高齢の方への応対方法実技演習が可能なほか、
お店が地域とともに歩まれる場合は、地域活動の方法(見守り・救命指導員などのボランティア経験有)などもお伝えしています。

【アンケートより・受講生様の声】
「とても面白かったです。きちんとした接客マナーを受けた事がなかったので、本当に勉強になりました。そして、普段の接客の確認もできましたし、○○もできました。月曜日から、今日学んだ事をいかして、患者さんの立場になり「○○○○接客」ができる様、頑張りたいと思います。高橋先生のお話は、本当に楽しく、立ちふるまいがとてもキレイでした。有難うございました。」
「講師の高橋さんのお話がご自身での薬局で患者さんとしての経験がとても分かりやすく共感できました。ロールプレイングも恥ずかしかったのですが、班の人と考えを出し合い、とてもいい経験になりました。患者様○○でトラブルを回避できるし、気持ちよく薬局をご利用いただけると痛感しました。今日の経験をすぐ現場で生かしていきます。笑顔の多い薬局でもありたいと思いました。」
「具体例を出してどういう対応をしたらよいか、話し方や態度など、教えていただいたので頭に入れて実行していきたい、クレームやトラブルになる前に・・・・・ということを考え、患者さんに向き合うことが大切だと思った。」
「選んでもらう薬局にするための細かな気配りを学びました。実際店舗でどこまでできるかを振り返り、それをしていくことが大切なのだと思いました。できることからこれまでよりも積極的に取り組んでいこうと思います。」

・・・・・・・・・・
≪内容例≫
・地域から選ばれる調剤薬局のポイント
・お店のチェックポイント
・応対チェックと実技トレーニング
 (お出迎え~受付~お渡し・説明・お会計・お見送りなど実技)
・患者家族が伝える説明方法・応対方法のアドバイス
・患者・家族として困ったことや調剤薬局に望むこと
・手引きボランティア経験より 選ばれる調剤薬局とは
・目の不自由な方へ、ご高齢の方、車いすをご利用の方への
 調剤薬局での応対方法実技、配慮すべきことなど
・内部障がいをお持ちの方への応対実技、配慮すべきこと
・お身体の不自由な方への合理的配慮とは
・・・・・・・・・・・・・・・・・

「認知症カフェ・ご高齢の方のふれあいサロン喫茶のスタッフ向け接遇 ~やさしさあふれるサロン作り~」

ジャンル
地域ボランティア
聴講対象者
認知症カフェ・ご高齢の方のふれあいサロン喫茶等に勤務するスタッフの方、ボランティアさんなど

高橋美幸の講演テーマ画像20 ご高齢の方の特質を理解した上での接客応対力を実技で身に着け、安全・衛生的なサロンを作りましょう。
地域の方が笑顔で集えるサロンになりますように。   

研修内容

「医療・看護・介護現場での接遇応対実技ロープレ指導」

ジャンル
医療看護介護接遇・顧客満足(CS)・コミュニケーション・OJT
聴講対象者
病院(急性期、回復期、療養型他)、看護、介護(特養、老健他)、福祉(障がい・児童他)、歯科、眼科、クリニック、薬局など各事業所に勤務する職員

高橋美幸の研修テーマ画像1 例えば、医療機関の受付・会計では、様々な患者様ご家族応対の流れを、現場の受付カウンター・ロビーなどを実際に利用し、全員参加型で接遇応対実技ロープレのトレーニングを行っています。座学と異なり、お身体への配慮が必要な患者様利用者様への接遇応対のため、現場実践ロープレに必要な資格・知識・技術・経験を兼ね備え(ユニバーサルサービス接遇の指導経験(有資格者)・ヘルパー等の有資格者、長年の現場での患者家族経験、目の不自由な方の手引きボランティア等の現場経験他)これらを公正に公開した上で、可能範囲内において指導を行っておりますので、主催者様側もコンプライアンス面でも健全に研修を開催していただけます。 

「認知症の利用者様への対応 ~利用者様の笑顔がいっぱい~」

ジャンル
介護接遇・コミュニケーション・顧客満足(CS)
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の教育係・管理者・CS委員・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像2 認知症の利用者様へ、どのように接していらっしゃいますか?家族としての経験談も伝えます。
皆で一緒に考え、利用者様も職員の皆様も、ともに笑顔で過ごせる事業所を作りましょう。  

【アンケートより・受講生様の声】 
「コミュニケーション、声かけすることが大切。また、行ってみたい来たいという事業所になればよいと思います。」
「話し方、あいさつが大切だということがよく分かった。忙しくても少しの声かけの大切さもよく分かった。業務を終わらせるのが一番で、利用者の方々との会話がなかなかもてなかったが、少しづつでもいいから会話していきたい。」
「先生が初めから終わりまでずっと笑顔で話されていた。その優しさが誰からも信頼されることなんだなと思いました。」
「大切なことは入居者様中心に出来る人になることだと改めて感じました。ご家族様から信頼される○○になれるように努力していこうと目標を立てるようになりました。素晴らしい研修に参加させて頂き、ありがとうございました。」
「施設に持ち帰り、院内学習に役立てたい。」
「相手とのかかわり方や、モチベーションアップなど様々な情報を知るきっかけにな

「ご家族対応 ~ご家族から信頼される職員になろう~」

ジャンル
医療看護介護福祉接遇・コミュニケーション・顧客満足(CS)
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の教育係・管理者・CS委員・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像3 長年、医療介護現場に家族として入り、職員さんとは様々な応対を経験してきました。職員さんには、ご家族とよい関係が築けるようにたくさんの対応のヒントをお伝えしています。家族としての現場経験・地域の介護仲間との話・真の声…多角的に視野が広がるように多くの貴重な実例もお伝えしています。 

【アンケートより・受講生様の声】
「日々の業務の中で、直面する様々なケースについて、家族の方の気持ちやそれぞれの状況に応じた対応策を考え、聞くことで、考え方や対応策が広がりました。今後、是非、今回のような機会に参加し、自分自身の気付きを増やし、よりよい対応ができるよう努力していきたいと思いました。」
「利用者の方の○○を大切にして、一人一人の○○や○○を可能な限り情報を集め、利用者はもちろん利用者の家族の方とのコミュニケーションを大切にしていきます。」
「家族の立場から、専門職の立場からの意見を聞かせていただけて本当に有意義な時間を過ごすことができました。少しでも利用者、家族に嫌な思いを持ってもらうことなく仕事ができたら良いと思います。」
「私はまだ介護という仕事についたことがないので、漠然とした考えしかなかったのですが、研修を受けて、あんなこともしたい、こんなこともしたいと思い、仕事をするのがすごく楽しみになりました。それと同時に、本当によい施設ってどんなんだろう?と深く考えさせられましたし、自分たちのカラーを早く見つけていきたいと思いました。もっともっと家族側の要望、家族はどんな思いで施設を見ているのかなどを教えてほしいです。」
「仕事の面においても人生においても、共感できる事教えられる事がたくさんありました。人に対しても最も大切なことは思いやりややさしさだと思っています。これからもここで学んだ事を活かし仕事に頑張りたいと思います。」
「利用者の家族としての思いが聞けた。」
「自分にとってあらためて基本を学んだ。」
「接遇について振り返ることができた。現場でもう一度やり直したい。」
「実体験でとてもご苦労されており、とても明確でわかりやすかったです。」

「医療・介護・福祉職員のモチベーションアップ・やりがいアップ・自己啓発」

ジャンル
モチベーションアップ・キャリアアップ・従業員勤務満足度向上
聴講対象者
医療機関・看護・介護事業所の職員・経営者・管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像4 患者・家族、そして地域の立場から長年、皆様にお世話になったからこそわかる内容で提供しています。職員さんの心を癒し、仕事への誇りや充実感などを、たくさん感じていただける内容です。皆様の疲れをとり、リフレッシュして、前向きに現場に戻られるための応援とサポートを行っています。患者、家族、地域の立場より、嬉しかった職員さんの対応・感謝している職員さんの対応・心の支えになった職員さんの対応…数々の実話を紹介しています。   

【アンケートより・受講生様の声】
「○○をすることによって、嫌なことをのりこえられたりすることに気づいた。」
「大変リラックスできました。」
「色々なことをやってみようと思いました。」
「長時間にわたり、いろいろとご指導いただきどうもありがとうございました。接遇の技術だけでなく、精神的な面についてもいろいろと教えていただき、とても勉強になりました。ただレジュメを見て覚えるだけでなく、○○など実際にやってみて、高橋先生にチェックしていただけてより覚えやすかったです。」
「利用者さんのご家族の気持ち、受け止め方などを高橋先生より学びました。介護職への指導で教えていただいた事は、お客様に与える印象が少しでもプラスになればと思い実践していこうと思います。 講義の中で先生が言葉に出して言われた事で、自分に対して前向きになれました。これから職場に戻って伝えていきたいと思いました。」
「リラグゼーションできました。もちろん、学習も。」
「マイモチベーションが上がり、仕事をよやろう!と気持ちが高まりました。」
「初心に戻ってがんばろうと思った。」
「・・・これが、仕事に対する○○や充実感につながり、働き甲斐のある職場につながると思います。」
「大変楽しい講習でした。ユーモアがあり、飽きなかったです。受講者に答える機会があり、緊張が保てたのでよかったです。上司・ひらの分けへだてなく指導を受けおもしろかったです。」
「初心に戻り改めて日頃の接遇を見直す機会になった。モチベーションアップの話はとても参考になりました。○○してみようと思います。今日、元気をもらえたように。」
「長時間の研修、ありがとうございました。接遇・マナーがとりだたされている中、日々、実践する事で自分のものになるのだと言い聞かせていきます。この研修で印象に残ったものは、もちろん、接遇でありますが、先生のポジティブフィードバックが、私には大変ここちよく感じられました。肯定的に評価される事は、安心感ややる気につながっていくものですね。」

「職場のストレス回避 ~自分とのラクな付き合い方~」

ジャンル
ストレス回避・職場改善・組織力・問題解決・コミュニケーション
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の職員・経営者・管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像5 業務を振り返りながら、職場のストレスを分析し、改善方向へ進め、生産性を上げていきましょう。それとともに、自分の行動傾向を知り、自分との楽な付き合い方や、他者との付き合い方、温かい職場作りについても知っておきましょう。仕事をスムーズに進めるとともに、皆が快適に過ごせる職場を作りましょう。 

「チームワーク力強化 ~チームの成果を上げよう!~」

ジャンル
チームワーク・職場改善・組織力・コミュニケーション
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の職員・経営者・管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像6 チームワークを強化し、成果を上げるためのサポートを行っています。チームワークの効果の確認・メンバーの役割・育成・業務の振り返り・仕事の厳しさの中にも温かい人間関係の構築・職場改善など、多角的にチームワーク力について分析・改善・強化し、各チームで成果を上げていきましょう。 

【アンケートより・受講生の声】
「研修の中で特に印象に残っているのは、目標や目的をもつことの大事さです。ただ日常をすごしてしまうのではなく、理想とするものなどを具体的にイメージすることで、意欲ややりがいを作っていくことができると学びました。日常的に目標を持つことで、意欲を持って仕事ができ、それが結果的に大きな目標達成になるのだと思います。自分のできる範囲で目標設定し過ごしていけたらと思います。そして、いずれ他者に影響力のある人になりたいと思っています。」
「他のスタッフの気持ちにも配慮して仕事に励みたいと感じた。」
「実践、実技もあり楽しく研修を受講することができました。また改めて周囲への気持ちを言葉で表現する重要性を感じました。」
「毎日忙しくしていると大事なことが心の片隅に片付けられてしまってたような気がします。人と人が平和な関係を保つために必要な事を楽しく学べるよい研修だったと思います。」
「高橋先生から講義とグループワークを交えた研修を受けた。当事業所に合わせた講義内容で、日々の業務等にそのまま活用できるアドバイスや気づきがあり、大変有意義な研修であった。」
「本研修は自らのスキルアップをするだけでなく、私の職場における人材の豊かさもよくわかった。」
「自分自身は、挨拶をきちんとし、明るく、冷静な判断をし、自分自身がリーダーとしてモデルになるよう見直したい。」

医療・看護・介護事業所に特化したハラスメント防止
 ~個々の能力が発揮できる職場作り~

ジャンル
人権・ハラスメント防止・ストレス回避・職場改善・組織力・コンプライアンス
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の職員・経営者・管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像7 医療・看護・介護事業所に特化したセクハラ・パワハラ予防研修です。職員間だけでなく、患者様・利用者様・ご家族からのハラスメントも予防し、対応策を考えていきましょう。ハラスメントを起こさないというトップ自らの強い指針を出すとともに、一人一人の力でハラスメントを予防し、働きやすい職場を作りましょう。

【受講生の声】
「具体的な例をあげていただくことで、自分自身に気づくことがありました。職場はもとよりプライベートでも充分注意して対応することが必要であることを常に意識をしながら生活の中でも問題なく行うことができるように心がけてゆきたいと思います。本日は、ありがとうございました。」「具体的な内容が聞けてよかったです。常に相手の立場になったり、人を思いやることの大切さを再認識できました。」「日頃から、セクハラ・パワハラにならないような言動をとる。他人がセクハラ・パワハラを受けているのを見て見ぬふりをしない。」「相手に不快な思いをさせないよう言葉や行動に気を使い、又、周りにも目を配りながら行動していきます。」「身近な例がたくさん含まれていてすごくわかりやすく共感できました。同じ女性目線での先生のお言葉は「そういうこともあるなぁ」と現状を振り返るいいきっかけにもなりました。」などのお声をいただいております。

***

はじめて研修を行われる事業所様には、ご希望に応じて、ハラスメント防止委員会の立上げ、運営のしかたなども具体的に情報提供いたします⇒実際に運営し成果を上げてこられました。

ハラスメント防止は、安全・安心・健全な職場作りや教育法・勤務継続率アップ・離職防止・個々の能力の発揮・生産性向上・働きやすい職場作り・成果を上げる職場にもつながることでしょう。

・・・・・・・・・・
≪内容例≫
管理者と一般職は分けて講演会を行われることをお勧めいたします。

<管理者向 例>
・ハラスメントとは
・起こる原因や背景
・各事業所でお悩みの事例分析
・上司としての心構え
・対応・予防方法・相談方法
・部下のやる気を引き出す指導方法・コミュニケーション
・ハラスメントを予防するための組織作り
・働きやすい職場作り
・ハラスメント防止委員会の運営のしかた
・日々の予防方法について

<一般職向 例>
・ハラスメントとは
・起こる原因や背景
・各事業所でお悩みの事例分析
・職員としての心構え
・対応・予防方法・相談方法・コミュニケーション
・後輩の自主性を引き出す指導方法
・日々の予防方法について
・・・・・・・・・・

「部下育成法と成果を上げるシステム作り」

ジャンル
キャリア・組織力・コミュニケーション・スキル
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の職員・経営者・管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像8 自ら気づき、考え、行動できる自律型の人財育成法で、成果を上げましょう。スキル習得と組織力向上の両方から効果を上げていきましょう。

【アンケートより・受講生様の声】
「今回の研修に参加し、部下・後輩の指導のやり方を教わり実践していきたいと思いました。また、○○と○○の違いを知り、自分は○○ばかりしていたと感じ○○出来るように努力していきたいです」
「今日は、とても丁寧な接遇研修をご指導いただき、ありがとうございました。利用者の方々と接する上で、目標とする姿や現在の自分の姿をあらためて見直すことが出来たように思います。ぜひ、初心を思い出す意味でも定期的にご指導いただく機会を作っていただければ嬉しく思います。」
「あらためて接遇のあり方を考えさせられました。」
「高橋先生のお話を聞いて、ぜひ、現場にもどって研修したいと思った。」
「高橋先生のお話は大変勉強になりました。」
「高橋先生の話がすごく身近に感じました。施設で働く介護職員として、また、施設に持ち帰り参考とさせていただきます。」
「現在の業務のし方や声掛けのし方など、反省する点や見直しする点を考えさせられた。」   

「コミュニケーション力向上 ~確実・安全・安心に業務を進めよう~」

ジャンル
コミュニケーション・顧客満足(CS)
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の職員・教育係・管理者・CS委員・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像9 医療介護は、チームで行う仕事です。チーム内他、部署外との連携もできていますか?コミュニケーションがスムーズではない場合、仕事が進めにくいだけではなくクレームにもなりかねません。

緊急度、重要度を意識して報告、連絡、相談を徹底し、職員同志のコミュニケーション力をアップさせ、患者様・利用者様・ご家族・職員間、すべての方々とのコミュニケーション力を全体的にあげて、主体的に仕事をスムーズに進め、信頼されるチーム・職場を作りましょう。

「新入職員・内定者研修 ~即戦力になろう! 徹底トレーニング~」

ジャンル
新入職員・内定者教育
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の新入職員・内定者

高橋美幸の研修テーマ画像10 最初が肝心です。職業倫理・人権尊重・平等・接遇の重要性、学生と社会人の違い、報告・連絡・相談、先輩や上司との接し方、命令の受け方、患者様・利用者様・ご家族対応などの基本・応用と、講義・実践ワーク・徹底した実技トレーニングで進めています。目標をしっかり定め、日々振り返り改善し、どんどん成長していきましょう。職員間を含めて、すべての方から信頼される職員になりましょう。 

【アンケートより・受講生の声】
「体調をくずし不安を抱えている患者様にとって病院でのスタッフの何気ない言葉、表情のひとつで良くも悪くもその病院の印象は変わります。笑顔で接すること、話をしっかりと聴くことこの2つだけでも意識して行うことで患者様の気持ちを和ませることができるとこの講義を通して改めて感じることができ、今後の患者様との関わりの中でいかして行くことができるようにと思います。」
「私は今まで接遇マナーについて学んだことが一度もなく(学生だったので今まではあまり必要なかったので)正しいマナー、言葉使いを知らなかったので、今回、先生からたくさんのことを教えていただき、自分が今までいかに間違った使い方をしていたかを実感することができました。社会人として働くにあたり、正しいマナー、正しい言葉使いをすることは必要不可欠なことであり、今回教えていただいたことをもう一度振り返り、身につけていきたいと思います。最初は慣れないことが多く、とまどってしまうことも多く、スムーズにはいかないと思いますが、徐々に自然と正しい接遇マナーで人と接することができるようになりたいと思います。今回は大変短い時間であったのですが、今後は新採用職員だけでなく、毎年全職員がこの研修を受けられたらより良い病院をつくっていけるのではないかと思いました。ありがとうございました。」
「講義を受けた率直な感想として、先生が一人一人に質問されてそれについてのコメントを丁寧に返しておられた点がとても印象に残った。一方的な講義ではなく、全員が参加できるように配慮され、一人ずつに頂いた言葉から、先生が私達に真剣に接して伝えようとして下さっている熱意が感じられた。また、その先生の姿勢から全てに対して真摯な方であるだろうという事も感じられた。これらの先生が私達に接して下さった姿勢から私は医療従事者として、ひいては人として他者と接する時の根底になくてはならない事について学ぶことができた。それは、相手と接する時、その方を理解しようと、また、何かを伝えようとして誠実に向き合う姿勢、相手を尊重する気持ち、その人の立場に立って、自分ならどうしてほしいかと考える事等々である。これらの気持ちを常に忘れず患者様をはじめとする様々な人々と接していけるように努めていきたいと思う。ありがとうございました。」

・・・・・・・・・
≪内容例≫
・職業倫理
(人権への意識・個人情報保護含・患者様・ご家族への対応の心構え)
・仕事へ取り組む姿勢
・患者様・利用者様・ご家族との信頼関係の築き方 ・応対方法例
・信頼される職員の実例 とその逆の例(患者家族がみた職員の方への実話印象)
・職場のルールとマナー
・仕事の進め方とプロ意識
・報告、連絡、相談
・第一印象を大切に
・職員としてふさわしい身だしなみとは
 (おしゃれと身だしなみの違い)
・挨拶のしかた
・傾聴トレーニング
・説明のしかた
・敬語の遣い方
・気持ちのよいお話のしかた
(応酬話法・クッション言葉他)
・電話応対
・来客応対マナーなど
*ご希望の時間でご希望の内容を組み入れていただけます。
・・・・・・・・・


「指導者向き研修 ~新人研修が自分で開催できるようになろう~」

ジャンル
育成
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像11 新入職員研修を担当される指導者の方向けに、効果的な指導方法や進め方・プレゼンテーションのしかた・お話のしかたなどをお伝えします。実践では、実際に研修内容・進め方などを組み立て、講師役になって現場で活かせるようにトレーニングをしましょう。 

 ・・・・・・・・・
≪内容例≫
・現場で成果が出るような進め方とは
・受講生様が、自分で考え、行動できるようなサポートの方法とは
・人前でお話をするときのアドバイス トレーニング
・受講生様に質問をなげかけるときの注意点
・グループワークの様々な手段、行い方
・実技指導は、自分が実技を見せる
・受講生様に行ってもらう
・ほめ方、注意のしかた、アドバイスのしかたなど
・ロープレを行う時の注意点
・パワーポイントを使用するときの注意点
・指導とハラスメントの違い
・受講生のモチベーションアップに向けて 他
・・・・・・・・・

「外部者応対:ビジネスマナー ~すべての方から信頼される職員になるために~」

ジャンル
ビジネスマナー
聴講対象者
医療機関・看護・介護・福祉事業所の職員・経営者・管理者・教育係・リーダー・組合員・協会など

高橋美幸の研修テーマ画像12 こちらは、患者様・利用者様への医療・看護・介護接遇とは、別の地域の方や他の事業所の方とのビジネス対応としての「一般的なビジネスマナー」です。来客応対・訪問動作の実技演習やメール・電話応対などについて、学びます。   

「敬語の遣い方」と「電話応対実践と確実に伝達できる組織作り」

ジャンル
医療看護介護福祉接遇・コミュニケーション・顧客満足(CS)
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の職員・教育係・管理者・CS委員・リーダーなど

高橋美幸の研修テーマ画像13 相手を尊重する気持ちを言葉で表現しましょう。皆様の事業所での現場事例や、講師が医療介護現場で実際に経験してきた職員さんとの事例から、敬語の遣い方の基本・応用・実践・難しいケースなど、各事業所様の現場の状況に合わせて、内容を組み立てます。

電話応対の実践練習と、事業所内で電話連絡等が確実に行える組織を作るためのサポートも行っています。  
   

新規開設・リニューアルオープンされる介護施設・介護事業所・病院・医療機関のための「接遇実践トレーニング(内見会を含)」

ジャンル
医療看護介護福祉接遇・コミュニケーション・顧客満足(CS)・マナー・おもてなし
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の職員・教育係・管理者・CS委員・リーダーなど

高橋美幸の研修テーマ画像14 介護施設・介護事業所・病院・医療機関 新規開業・リニューアル時(内見会含)のお客様のおもてなしを含んだ接遇応対を少しの座学+現場での実践トレーニングで身に付けます。

「これから、何十年と地域から選ばれ、必要とされる事業所にしたい。」その思いを大切に、各事業所の理念をひとりひとりの職員が共有し、皆で同じ方向にむかって進んできましょう。これらを事前に座学で習得しながら、接遇に必要な座学も学び、メンタルサポートも行っていきます。次に、オープン当日の流れ確認していきましょう。そして、現場に入ってイメージトレーニングをし、様々なシーンに合わせてシミュレーション実技演習トレーニングを行っていきましょう。

その場合、スタッフ自らの「気付き」「考え」「アイデア」などもふんだんに組み入れて主体性をのばし、全員参加型でモチベーションを高めていき、実際に動いて実技トレーニングを積むにつれ、当日の不安が軽減されます。これらは、自信にもつながってきますので、オープン後も大きなトラブルを予防できることでしょう。これらの繰り返しにより、職員の方も様々なアイデアで対策もたてやすくなり、新しい環境設備の現場に少しでも慣れてこられます。

***

過去、担当させていただいた新規開業の介護事業所様では、職員の方の素敵な接遇応対のおかげで、祝賀会でいっしょになった他の事業所のお客様からお褒めの言葉をいただき、研修のご依頼をいただいたり、その後もグループ法人内の口コミでご紹介いただきました。職員さんたちを誇りに思い感謝しています。

【アンケートより・受講生様の声】
「人と人との関わり合いは「礼に始まり礼に終わる」ものと考えている。従って、人と直接関わるサービス業は最も「礼」が重んじられるべき業種であると思う。相手を尊重する「礼」があってこそ、尊厳が守られるものだと思うので、ご利用者・ご家族と接するときは今後も「礼」を大切にしていきたいと考えている。また、新たな業種に就くこともあり、初心に戻り、常に知識・技術を吸収しようという気持ちで積極的に取り組んでいきたい」
「利用者の方の○○を大切にして、一人一人の○○や○○を可能な限り情報を集め、利用者はもちろん利用者の家族の方とのコミュニケーションを大切にしていきます。」
「今まで受けたことがなかった接遇研修を受けることができ、とても勉強になった1日でした。新しい施設を○○で一番と言われるように残りの研修も勉強させていただきたいと思います。そして、仕事にいかしていきます。ありがとうございました。」
「誰にでもあいさつする ・笑顔を忘れない ・「『日々勉強』という気持ちで仕事に取り組む ・時代の流れを読み、一つの形にとらわれない柔軟な人間になる ・落ち込んでもひきずらない→落ち込んでこそ、自分がわかる ・『悔しい』をいつまでも感じられる自分でいる →そこから自分がどんな行動をとるかでこれからの自分が決まる ・利用者の声に耳を傾ける。」
「私はまだ介護という仕事についたことがないので、漠然とした考えしかなかったのですが、研修を受けて、あんなこともしたい、こんなこともしたいと思い、仕事をするのがすごく楽しみになりました。それと同時に、本当によい施設ってどんなんだろう?と深く考えさせられましたし、自分たちのカラーを早く見つけていきたいと思いました。もっともっと家族側の要望、家族はどんな思いで施設を見ているのかなどを教えてほしいです。」

「心地のよいお話のしかた ~お互いが気持ちよく過ごすために~」

ジャンル
医療看護介護福祉接遇・コミュニケーション・顧客満足(CS)
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の職員・教育係・管理者・CS委員・リーダーなど

高橋美幸の研修テーマ画像15 職員として、患者様・ご家族にご協力をお願いするときの方法(単なるお話のしかたや、コミュニケ―ションスキル・テクニックの習得を超えて、患者・利用者・家族・地域の方への理解を深めること<豊富な経験談含>)や、注意をしなければいけないシーン、お断りをしなければいけないシーンなど、現場でお話のしかたが難しいシーンなど、相手とよい関係を築きながら、お話ができるコツがつかめるようにサポートを行っています。 

「効果的なプレゼンテーション術 ~指導時に活用しよう~」

ジャンル
プレゼンテーション・スキル
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の職員・教育係・管理者・CS委員・リーダーなど

高橋美幸の研修テーマ画像16 新しくリーダーになる方は、今後、チームの職員さんに指導説明をされるシーンが増えることでしょう。プレゼンテーションのコツを習得し、指導に活かしましょう。実践ロープレ中心で進めます。   

「確実な目標管理 ~スムーズに成果を上げよう~」

ジャンル
目標管理
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の教育係・管理者・CS委員・リーダーなど

高橋美幸の研修テーマ画像17 目標管理についての進め方や各職員との面談方法、フォローアップ、毎日の取り組みなど、目標管理全般について習得し、成果を上げていきましょう。自己啓発の重要性についてもお伝えしています。    

「問題解決力向上! ~あなたがチームの底力!~」

ジャンル
問題解決力向上
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の職員

高橋美幸の研修テーマ画像18 自分達で現場の問題をみつけ、自発的に取り組めるようにトレーニングをしましょう。   

「リーダーシップ向上 ~成功するチーム作り~」

ジャンル
リーダーシップ
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所のリーダー・新しくリーダーになる方

高橋美幸の研修テーマ画像19 チームを成功に導く「今の時代のリーダーシップ」について、様々な角度からエッセンスを習得し、現場で活かしましょう。    

「個人情報保護に向けて」

ジャンル
個人情報保護・人権・コンプライアンス
聴講対象者
医療・看護・介護・福祉事業所の職員

高橋美幸の研修テーマ画像20 医療・看護・介護・福祉事業所の職員として、個人情報保護について遵守すべきこと、行うべきこと、行ってはいけないこと、気をつけるべきことを確認し、職員としてふさわしい言動をとりましょう。   

【アンケートより・受講生様の声】
「プリントに記載されていた事例を読んでいると、個人情報の漏洩がどれほど周りに不利益をもたらすかが分かりました。○○や○○に注意し、○○など見えないようにする配慮や意識の強化に努めます。」
「どんな職場でも、個人情報が漏れることは、漏れた人にも損害があるし、事業所にも損害がでるのでしっかりと個人情報を守っていきたいと思いました。今回の研修は、私にとって初めてのことばかりを学ぶことができて、とても良かったです。」

パフォーマンス

講演・研修の特徴

ジャンル
すべて
聴講対象者
受講生

高橋美幸のパフォーマンス画像1 【開催前:内容の組み立て】
各業種業態に特化したコンサルティング型の講演・研修内容を提供しています。主催者様のお悩み・ご要望・現状・目指す方向などをしっかりとお伺いし、毎回、オーダーメイドで、各事業所・団体の「現在の状態」にピッタリと合ったオリジナルの講演・研修を組み立てご提案しています。

【講演・研修の特徴】
現在講師歴は27年。受け身でない全員参加型の講演研修で「頭」「心」「身体」を使って体感し、常に、「考える」「書く」「話し合いをする」「動く」「体感する」などの全員参加型ワーク・実技トレーニング・ロープレ等をアクティブに、スピード感あふれる中、徹底して重ねています。活きた情報提供とともに、職員全員で『気づき』『考え』『作り上げていく』→自発的に成長を促す講演・研修を開催しています。現場の成果アップを目指した単発の講演会から、シリーズでの継続研修など、主催者様のご希望に応じて臨機応変に対応しております。
毎回、五感を使ってトレーニングをしていきますので、成果が目にみえてわかりやすいことが特徴です。 

生粋の京女が語るおもてなしの極意

ジャンル
おもてなし・ホスピタリティー・顧客満足(CS)
聴講対象者
サービス業の方すべて

高橋美幸のパフォーマンス画像2 おもてなしに厳しい京都(市内)の観光地の近くで生まれ育ちました。学生のころより和文化を学び、習い、そして修行を積んだ経験と、サービス業の現場経験15年(トップセールスの経験)などから、「京都の究極のおもてなし」が「皆様のお仕事で、どのように『お客様満足度アップ』『売り上げアップ』に活かすことができるか」をお伝えしています。

講師紹介:身内も代々京都人で、華道家督、茶道教授がおり、高校生のころから、和の文化に親しむ。
作法も学生の頃から学び、その後、助手として、6年間無償修行を積み、作法講師になる。同時に、投扇興の点数をとることも習得。投扇興では、東京新宿伊勢丹、大丸京都店、九州 井筒屋百貨店、京都のれん会、京都竜安寺、京都国際交流会館、京都有名老舗料亭他、数多くのイベントに出演。写真は、作法紹介と投扇興のショーの様子です。   

京都の作法講師からおもてなしの立居振舞を学ぼう

ジャンル
おもてなし・ホスピタリティー・顧客満足(CS)
聴講対象者
サービス業・一般

高橋美幸のパフォーマンス画像3 おもてなしの立居振舞や雅やかな和の作法などを実践形式で習得しましょう。
写真は、作法と投扇興の紹介で「めざましテレビ」の本番前です。   
  
華道、茶道等の各御家元も多く、おもてなしに厳しい京都。
京の深い歴史、文化の中で、はぐくんだ華道、茶道、作法…。そして、おもてなし・接遇。

家族の長年の看病介護経験での医療・看護・介護・福祉に特化した接遇の他、
講演会・研修では、ほんまもんの京女の京都弁を聴きながら、京の雅・作法も実技演習で体感していただくことができます。

気品ある洗練された立居振舞も身に付け、京都のきびしいおもてなしなどについても学び、
ワンランク上の接遇技術を習得し、素敵な事業所を作っていきましょう。
(講師は、作法・礼法指導資格の他、サービス接遇検定系の資格は、すべて1級レベルを知識・実技とも各ストレートで取得している上で、指導にあたっております。)

主な実績

講演実績

【講演・研修等】
和歌山県立医科大学付属病院(全職員対象研修、研修医団体研修、看護師団体研修) 和歌山県立救命救急センター、和歌山県立五稜病院、山口大学医学部付属病院(全職員対象研修) 大阪市立病院、他市立病院、大阪労災病院、県保険医協会、国立大学病院、市総合病院、県看護協会、県生活相談員研究会、市医師会、休日診療所、県社会福祉協議会、県社会福祉士会、県介護福祉士会、市社会福祉協議会、医療センター(国)、医療センター(法人)、国立病院、県デイサービス協議会、医療関係組合、介護関係組合、生活支援センター、精神障害者地域生活支援センター、生活援護寮、 精神障害者社会復帰訓練施設、グループホーム、訪問看護ステーション、精神ヘルパーステーション、 県老人福祉施設協議会、休日診療所、市立総合病院、医療法人病院、財団法人病院、社会福祉法人、 介護老人保健施設(多数)、特別養護老人ホーム(多数)、小規模多機能、県ヘルパー協議会、スポーツ医科学センター、在宅介護支援センター、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、 訪問介護ステーション、訪問介護事業所、訪問入浴介護事業所、短期入所生活介護事業所、市保健福祉部、 小規模多機能型居宅介護事業所、地域包括支援センター、高齢福祉課、介護ユニオン、デイサービスセンター、有料老人ホーム、通所介護事業所、軽費老人ホーム、ケアハウス、ホームペルパーステーション、診療所、医療生協協同組合、眼科クリニック、歯科クリニック、医療生協、スポーツ医科学センター、保育園(多数)、児童養護施設、児童障害者施設、児童館、児童館デイサービス、救護施設、医療・福祉センター、障害児者支援センター、作業所、電気エンジニア会社、軌道エンジニア会社、住宅会社、電力会社、電話会社、建設会社、土木工事会社、道路高速会社、行政、組合、観光協会、旅行会社、宿泊施設、大規模小売店、青年会議所、商工会、サービス業(多数)、他多数略

テレビ

長崎テレビ  おもてなし
KBS京都TV  研修
関西テレビ  めざましTV(於竜安寺・投扇興披露) 

新聞

京都新聞 研修 読売新聞 研修 京都新聞 介護・看病記 京都市 広報課発行「市民新聞」 京都市 総務部発行「市民会議」コラム

雑誌

日経メディカル(医師向け雑誌)異次元訴訟

WEB

京都市 ホームページ取材コラム

受賞歴

  財団法人 実務技能検定協会(秘書検定主催団体)実施 ビジネス電話実務検定 実践(最上)級 優秀賞 受賞

その他

*指導の根拠*

【医療介護に特化:医療介護現場での12年に及ぶ患者利用者家族<看病介護側>経験と、以降、講師の患者経験】
患者利用者家族の深層心理:さまざまなお身体の状態への配慮、病気と闘う辛いお気持ちなど特別な配慮
看病・介護の内訳:
★1人目:家族の余命宣告を受ける:末期疾患~亡くなるまで
(病院に泊り込み看病・夜中は家族と交代で病院外来の長椅子にて仮眠)
★2人目:(高齢者)初期認知症~要介護5・亡くなるまで
すべての経過の介護経験有
     <本人に麻痺があったため、医療介護現場に 20代から食事の世話に10年通う>
★3人目:ひとりでの在宅介護を経験。家族の通院<車椅子>つきそいも経験
   介護者として:ひとりでの在宅介護の苦悩と、介護者が病気になるまでの過程も経験
★講師自身の患者経験:救急車で運ばれ入院、麻痺、寝たきり(自分で意思疎通ができない)状態、 車椅子経験他。元気になってからは、救命指導員や見守り等地域ボランティアに力を注ぐ。

*****

【取得資格:医療介護系】
他のサービスと異なる医療・看護・介護接遇:必要とされるさまざまなお身体の状態への配慮
・ホームヘルパー2級(医療法人主催) 
・ベビーシッター(民間)
・サービスケアアテンダント(社団法人主催:高齢者・お身体の不自由な方への応対:指導)
・京都市消防局 上級救命救急技能
・京都市消防局 応急手当普及(指導)員
・日本赤十字 家庭看護
・  〃   災害時高齢者生活支援
・  〃 救急法救急員
・  〃 幼児安全法支援員
・  〃  健康(高齢者)生活支援員
・京都市 認知症アドバンスサポーター
・京都市 高齢者すこやか(介護予防)体操指導者
・京都府 障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らしやすい社会づくり条例
心のバリアフリーサポーター
・メンタルヘルス 
・心理カウンセラー(協会主催) (すべて証明書有)

*****

【取得資格:サービス業・ビジネス系】
サービス業・ビジネス・マネジメント・組織構築
<医療・介護サービス=医療・介護+サービス業>
・文部科学省後援 ビジネス電話検定 実践級(最上級) 優秀賞 受賞
・文部科学省後援 サービス接遇 1級
・文部科学省後援 ビジネス実務マナー 1級
・文部科学省後援 秘書検定 1級
・文部科学省後援 ビジネス文書検定 1級
・文部科学省 経済産業省認可 社団法人 全日本きものコンサルタント協会認定校
 装道礼法学院認定 礼法講師
・装道きもの学院認定着物着付指導資格
・全日本作法会 師範
・華道 未生流 教授
・茶道 裏千家 許状
・文部科学大臣許可法人 財団法人全日本情報学習振興協会
  個人情報保護法 スペシャリスト 認定
・厚生労働省 後援 ワークルール
・ビジネス著作権検定 
・日商 ビジネスマネージャー
・簿記1級 
・日商 販売士
・国内旅程管理者(観光庁 長官 登録研修機関 主催)
・公安委員会 不当請求防止責任者(すべて証明書有)

*****

【課程修了】
・職業アドバイザー(NPO主催)
・ハラスメント防止講師(民間主催)

*****

資格証明書類は、講演・研修で、ご希望によりパワーポイント使用時、
講師紹介のときに、縮小したものを映写し、毎回、受講生の皆様へご提示しております。
パワーポイントのデータは、事前に主催ご担当者様へ送信しております。

*****
【サービス業の現場経験:通算15年を超える】
・大手メーカー MDチーム所属 ブランド別 チーム 売上 国内1位
・同メーカー 高橋 個人 販売実績 売上 国内1位(大規模小売店 売上 上位約220店舗中)
・観光サービス業
・他サービス業
・イング大阪経理学院勤務時(簿記講座販売と指導)客単価 高橋 簿記売上 全社1位(22社中)
・生徒授業満足度アンケート 日商簿記 2級指導 全社1位 数回受賞
・緊急職業訓練校担任時 日商簿記3級合格率実績 90~100%(京都・滋賀ハローワーク)

*****

【地域ボランティア経験】
・京都市 保健福祉局 長寿社会部 長寿福祉課 一人暮らしお年寄り見守りサポーター
・京都市 消防局 高齢者緊急通報システム(一人暮らしの高齢者宅)近隣協力員
・京都府 くらしの安全推進員(府:消費生活安全センター)
・京都市 消防局 普通救命講習指導員(市消防局委嘱:H22~23)
・京都市 文化市民局 市民生活部 市民消費生活センター(市委嘱:H18~22)
・京都市 産業観光局 商工部 商業振興課 優良店舗選択委員(市委嘱:H21~22)
・京都府 交通対策課、北警察署(府委嘱:H20~22)
・京都市 総務局 総務部 行政改革課 第三価評価、調査協力者(市委嘱:H14)
・社会福祉法人 ライトハウス視覚障害者手引き(生活支援部、通院ガイド)
・京都市 総務部 「市民会議」 取材班
・京都市 文化市民局市民総合相談課 くらしのみはりたい(高齢者向悪徳商法のみはり)
・京都北ふれあいグループ(障害を持つ小学生~高校生)他
・京都市内の駅において、実際に認知症の方の保護を経験

講演料金目安

100,000円(消費税、交通費別)
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

顧客満足度「5年連続90%以上」獲得!お客様より高評価を頂きました。2018年は学校様、企業様、自治体様など様々な団体様より、6,500件を超える講演のご相談を頂戴しております。講演依頼.comをお選びいただいたお客様に心より感謝申し上げます。

現在の
登録講師数
7811
2018.12.16
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7811人
該当致しました

TOPに 戻る