ページトップ

古賀稔彦さんの講演の感想

主催:横川中学校

講演テーマ:「人生の教科書」

・やる前からあきらめてはいけないということを学びました。
陰で支えてくれている人たちの大切さも改めて実感することができました。
これからは今日習ったことをいかして自分のことは自分でできる人間になり、
自分に嘘をつかないようにしていきたいと思います。

・古賀さんの話を聴いて、僕たちがやっていることは間違っていないんだなと思いました。
古賀さんはいろいろな努力をしてここまでたどり着いたので、
僕はやはり、努力は嘘はつかないんだなと改めて思いました。
これからも、今日の古賀さんの話をこれからの勉強やスポーツ、生活に役立てていきたいと思います。

・自分を信じることの大切さ。自分のことを自分でやるということ。全ての言葉が心に響いた。
戦うときは一人だけれど他にも支えてくれる仲間がいる。自分のために、誰かのために。
負けて学ぶこともある。

・この講演でたくさんのことを学びました。古賀選手に教えてもらったことをいかしていきたいです。
儀式、心構えなどを大会でやってみたいです。

・古賀さんの話を聴いて、一番思ったことは「剣道も柔道も気持ちは同じ」ということ。
技術よりも強い心が大切だということを理解した。
古賀さんは強い人でありやさしく面白い人だった。
強い人は心が磨かれているんだなと実感した。